ブログトップ

♪日々、コレ、ちえぞう♪

djchie.exblog.jp

「ぼくらが旅に出る理由」を2回歌った日にオザケンのライブに行けた。2012年。旅をしたい、もっと。 ↓ ローテンブルグで出会ったにゃんこ☆ ↓

まったく。タイトルだけ見ると一体なんなんだか。笑

岩手に「喜久盛酒造」という酒蔵があります。
まぁオモロい酒蔵さんでして。日本酒という業界への概念をことごとく崩してますよねー。でも、それだから、こそ。新しい日本酒ファンを獲得してるのも間違いないし、かつ。守るべき伝統はちゃーんと、しっかりと、守っているので、地元では。このお酒しか飲まない、なんてオジさまたちもいっぱいいる。

そんな。蔵元の藤村さん(ちえぞうの中では「ミスター蘇民祭」←詳細は省略。しっかしふんどしが似合う!!)が。映画に出演し、それが上映される会がある、っつうんで。行ってきたわけよ♪

e0033384_16374914.jpg


新宿のとあるバー。しっかし歌舞伎町とは違うアヤシい(面白そう、って意味で)ニオイがただよう街でしたなー♪

その映画のタイトルこそが「エッチエッチワールド」。
(ヤラしい映像などは出てこないのでご安心ください。実際、映画の本編上もそういうシーンはないです。また、この予告編でも、藤村さんのふんどし(赤!)姿が拝めます。笑)
いきなり冒頭から、「水中、それは苦しい」ボーカル・ジョニー大蔵大臣が出てきたのにはウケた。なんか繋がってるなぁー狭いなぁー!
ネタバレしない程度に1つ書いておくと、最後にパリでのシーン(マジ!)が出てきます。そして、これだけを、この一瞬だけを、撮影するためにパリに渡ったというお話を聞いて、ほぇ〜!でした。こういう、ある意味ムダに(笑)本気さ加減、好き!!
さらに、おん歳90を数えるラッパー・坂上さん(←更新されてませんがお元気です!)の演技もお見事。つうことで個人的にはヒジョーに、見所満載!な映画でございましたっとさんっ♪

e0033384_16375072.jpg


映画の上映後。岩手のユニット「おしゃれハンターXX」のライブも♪
しっかし自由だー。まーさーにーフリーダム!やりたいことはやったほうがいいよ、やりたいように!
2人のライブは、そんなことを暗にさらけ出してる感じがする。仮に、たとえそれで一緒にライブ(対バン)できるようなミュージシャン友達がまるで出来なくっても、どこかで必ず、誰かが。誰かとは。繋がれる。実際、こうして。喜久盛の藤村さんがすっごくファンで、東京でもこうしてライブできたりしてるわけだし。ねっ!
同じ、同士の中で全ての繋がりを探す必要なんか、ない。自分の居場所は、自分で探せばいい。どんな社会でもいっしょ。

いやぁこうして振り返ると「哲学」みたいなもんがあった夜でしたなぁ。この日のイベント。笑♪
[PR]
# by takahashichie | 2012-07-18 17:02 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
13日の金曜日はホンっトに。ホンっトに!
素晴らしき夜だったんだぁ☆

e0033384_2211445.jpg


セカイイチ、盟友・ランクヘッドとのlive♪
セカイイチはなんだかんだで2時間超えるライブだったかな。これ完全ワンマン並みでしょ。笑!

3月に出たアルバムがとっても、とっても、良い。今の、セカイイチが。存分に詰まってる。バンドとして、セカイイチ、として。音を鳴らしていく決意が十分、アルバムから伝わる。

そしてこの日のライブで。それを、しっかりと。演奏を通して。見せて、聞かせてもらった。
セカイイチというバンドを通しての音にものすごく自信があって、これで受け容れてもらえないならもうそれでも構わない、オレたちは、この音楽を、続ける。という、そこまでの気持ちが。
ワタシには、見える。見えた。

バンドとしての音も息もぴったりだった。これまでは、たまにぐだっとして、時にがっかりしてしまうMC(過去にはあったんだ、って書いてもいいよね)も。ベースのケンちゃんがまぁ、うけとめるねぇ!噛むのは治らない(←これ全部本人たちに言ってるからちゃんと、笑)けど、そこがまた良し、で。で、ホントに。ケンちゃんがボーカルの岩崎くんとイイ感じでやりとりできてる!

「ニューカマー」って曲が。新しいアルバムに入ってるんだけど。ゲンキもらえる人、いっぱいいると思うなぁ。
曲調的に盛り上がる曲かもしれないけど、涙流してる人もいたよ。分かる、わかる。
だってちえぞうが、そうだったもん!笑!

セカイイチのメッセージを、今。受け止めてほしい。ライブハウスで。生の音を、通して!
そのほうが伝わる、っていう、あ、それこそ。そんな、セカイイチのライブを、見せてもらったのは初めて、かも?

「世界を変えるのは俺たちだと もう一度叫ぼう」

この歌詞に偽りなしだ、と。ワタシは。この日のライブを見て、確信しました(^^)

e0033384_2211684.jpg


そういえば。世間的に三連休だったわけで。
その、三連休の中日に、ASIAN KUNG-FU GENERATION主催
「NANO-MUGEN FES」に行ってまいりましたん♪

e0033384_2211599.jpg


宇都宮の音楽バカたちは「宇都宮餃子」で出店!
お店でたまに「エロカルタ(←…つうか、どーしてこういう小道具持って来てんの、ヤストモー!笑!)」を、お酒を買ってくれたりしたお客さんに読んで(いや、読ま‘されて’)いたのはワタシです。バカバカしいでしょ。あっははー♪
はい目ぇーつぶってー!と、目をつぶってもらって、アニメ的声で…あ、っと。ここに書くのは自主規制。店主の許可が下りれば今後もどこかのフェス会場でやるんで。笑。

2daysあるうちの1日目にお邪魔したのだが。改めて、こうして。ネクストブレイク系から、海外のアーティストも入って、1つのステージで完結させて。というフェスができているアジカンは大したもの(って言い方は上からっぽくて失礼しますが)ですなぁ。
しかも暑い暑い中でも、室内のフェスってのも◎。ゆっくりしたくなったら椅子席に座ってのんびり、寝ててもいいし、さっ。
この形を決して、規模をさほど大きくもせず、毎年。続けてきてるのは。本当にすごいな〜、と。思ったわけです☆

たまたま、んもう。いろーんな人たちに会いすぎて。あんましステージ見てない(苦)んですが。まぁ生音が聞こえる場所でいろんな人と話してとことん飲んで酔っぱらえる、なんてこと、も。考えようによっては、シアワセなことではないか☆

たとえば。
たまたまこの、餃子屋さんの前を。live終わりのストレイテナー・ホリエアツシ氏が通ったので。
「あ、ホリエさん!」と言ったら。ギョーザを走って差し入れるスタッフ!いやぁこういうヤル気って大したものです。
きょとんとしてるホリエさん。笑。「来週、ケセン…」と言いかけたら「うぉー!」って。カンパイしてくれたよ☆

e0033384_2211524.jpg


こちらのスタッフは。宮城で開催「ARABAKI ROCK FES」にも出店してるのじゃfrom宮城♪
(ちょっと暗いので。ちえぞうは写真の左から2番目)
フェスでこれだけの、コシのあるおそばが、しかも500円で食べられたらすっごくトクした気分!
また、来年。是非、アラバキで会いましょうー(^^)!!

e0033384_2211656.jpg


東北ライブハウス大作戦」、大船渡のライブハウスに出店する、岡山・RACCOS BURGERのラッコさんにも営業妨害して(笑)、ゆっくりお話しできました☆
見て見て!このTシャツ!カワユスすぎる〜♡♡♡
新しく発売したフェス用の帽子はこの会場では瞬く間にソールドアウトしてしまい(泣)、あ、もう今週だ!?「KESEN ROCK FES」でゲットしまーっす!たのしみ☆

難しいことも多々ある毎日ですが、なんだかんだで楽しいことのほうがちょっと多いかもしれない。難しいことが増えてきた分、これまでになかった、楽しいことも増えてるかも?なんて。こんな認識、はじめて持つかも?なんて思いながら慌ただしく日々が過ぎておりまするん♪
[PR]
# by takahashichie | 2012-07-17 22:42 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
ひょんなことから。
いや、出会いなんて、そもそも、そんな感じで「ひょんなこと」からかも、しれないよね。

うん!

脳天を打たれた感じが今でも続いています。まぁチョー簡単に記すならば、「体育会系」な出会いがあった、ってこと、でしょうか。笑。
至極、全うなお話に。「あぁ、そうなんですけど…」しか言えない。でも、「そうなんです‘けど’、って言えるなら、分かってるなら。なんで出来ないの!?」って。暗に、言われてるような会話が続く…。

人生。いくつになっても。
センパイに学び、センパイを追い越す、べく!

若輩者は、生きているの、かも。

こんな風に「体育会系」なんて書いてますが、一対一でこうしてマジメなお話(も)をするとは考えていなかった方に、ワタクシ、出会ったわけです。
そういう意味では、人生、どうやって人との出会いがあるか、なんて。分からない。それこそ、‘ひょん’な、出会い、が!

今後のちえぞうに、乞う、ご期待(←自分でハードル上げとる…)♪

e0033384_2341960.jpg


ちょうど。

ワタシのフラメンコの師匠、でもあり(笑)、そもそも、中学の同級生。
中田佳代子」が。
東京・渋谷の素敵なホール、さくらホールで。単独公演を行った。

やりたいことを。ことごとく。やっておる。ヤツ。
彼女も、「できない」という単語を、知らない人間だね。うん、笑!
できない、っていうのは。いろいろやって、トライしてみて。初めて発することができる言葉、なんだよね。
彼女の公演を見て、そう思わされたよ。

フラメンコの本場・現地から呼んだアーティストに交じって。パーカッションを叩いていたのは、大儀見さん!!
オルケスタデラルスも去ることながら、ちえぞう大好き♡な、菊地なるー先生率いるDate Course Pentagon Royal Gardenにも在籍しておりまする。
中田は、自分でアプローチしてんだよね。そんな面々にも!

「髪がちんちくりんで、なで肩の、ちびっこ」と。
中学3年で、転校した時。違うクラスだったけど、中田は、ワタシのことをそう思ってたって言う。おかしなもので、ちえぞうも。中田のことは覚えてて、「あんなジャージばっか着てるヤンキーみたいな人には近づかないようにしよ」って、思ってた。

一緒に飲むと(たとえばこんな)、必ず。その話をして、笑う。あっはっはー♪

それが…ねえ。
中田は、スペイン国内のフラメンコダンサーでは。間違いなく、海外の人間としてはトップクラスに君臨する。
外国人には踊るのが難しいタブラオ(何て説明したらいいかな?フラメンコとお食事が楽しめる小屋?←ちえぞうもこれを理解したいからスペイン行きたいのぉー!)、で。中田は踊る。すごいコンクールで外国人があり得ない2位とかになっちゃったのもヤツだから、ね(つうことで自慢の同級生よ!)!

そんな、彼女のスタジオで。フラメンコ習ったり、することがある、なんて、ね。笑っちゃう!
あー、東京でも始めたいからさー、早くいいスタジオ、教えて!

e0033384_2341914.jpg


今でもアタマの中が。なんだかどうにもどう進んでいいか分からず。どうしたらいいかなーと。近くのお店に飲みに行ったら。
久々に覗いたせいで、、、隣のオジさまにゴチになる。笑。おつまみは、マスターがサービスしてくれる。

リアルにホントのハナシ☆

ひょんな、出会い。って、書いたけど。どんな出会いも。どんな人とも。その時、その時、を。大切に☆
一期一会ってことだね。忘れちゃいけないな、うん(^^)!

(チョットイマ ヨッパラッテマース イツモイジョウ マトマリナクテ オユルシヲ)
[PR]
# by takahashichie | 2012-07-13 03:07 | ほぼ毎日更新From ケータイ
きのう。
大学時代のゼミナールの先生と、久しぶりにお目にかかりました。

e0033384_9343139.jpg


連れて行って頂いた、飲み屋さんの割り箸。「奥様公認酒蔵」って。笑!

法学部だったワタシは。刑法を学びたいという意思はあったものの、不出来な学生なもんで、刑法ゼミには入れず、なぜか全く関係ない「労使関係論」という…ワタシの時代はまだ、就職活動でも労働法関連は嫌われる時代だったのもあるし、なんでかなぁ、って。正直、ヤル気も何もなかった。

しかし、しかし。先生のゼミは、とっても自由。言うならば、リベラルアーツを実践?していたような。労働法を学んだ記憶より、先生には。ゼミ生全員で下町に連れてってもらって散策したり、根津の昔ながらのお寿司をごちそうになったり、「このあたりが所謂、遊郭だった」なんて話を聞いたりしながら。
先生には、「江戸の‘粋’」を教えてもらった記憶しか、ない。

「あまり(↑上のようなこと)を言うんじゃないよ〜私が勉強のようなものを何も教えてないみたいじゃないか」って言われますが。
そんなゼミで2年間。先生のゼミ生で良かった、と。卒業して今に至るまでそう思っています。

世の中、自分の思い通りに行くことのほうが、少ない。きっと。先生が、このゼミを担当された当初のお話や、先生が大学に教えに来るまでのお話も、きのうはいろいろと伺うことができた。

先生の世の中からの離脱(笑)っぷりレベルが、ハンパない。面白かった。そういう生き方だからこそ、先生のゼミは自由だったんだな〜、ってのが。
ほんのちょっと。分かった気がする☆

e0033384_9343144.jpg


ビール飲んで、日本酒飲んで。からーの。シメで「カレー」って。笑!
普通の人間ならこのコースはしないよね。
しかーし、シメのカレー、ちょっとおススメ。しかも辛いやつ!汗かいてアルコールの酔いが完全に、カレーで飛んだ(マジで)!

さらに。
三遊亭圓歌さんに遭遇、先生がお知り合いとのことだったのでご挨拶させていただいたら、手が。なんとも、なんとも。柔らかい。女性以上のやわらかさ。異性だから、というのとは違う意味でドキドキしてしまうほどでした。

下町で飲むと、下町の飲み屋ならではの文化や、それこそ‘粋’を、学べる、と。
きのうは改めて、思った夜☆

e0033384_9343143.jpg


先生とご一緒する前には、先生のゼミにお邪魔して学生さんと話して、で、さらに、この大きい教室で喋らせてもらったのはちょいキンチョーだったなぁ(汗)。
期せずして震災の話をしてしまったのだけれど、皆さん静かに、真剣に。聞いてくれた。みんなの目で分かるよ。話が伝わったと信じる。

お話し終わりで必ず学生さんが来てくれて、こんな拙い喋り手に感謝だったり、質問だったり。嬉しいもんですな。
後期もお邪魔することになったので(笑)、またヨロシクお願いしますね☆

一般的な生き方から逸脱?した、先生のゼミナールは。ワタシはそうやって、希望が通らず振り分けられて入ったゼミだったのに。
今や人気ゼミの1つである。就職難と言われてる昨今でも、先生のゼミの今年の4年生で、就職を希望する学生は全員内定をもらい、さらに、何社ももらってる子が圧倒的に多い。

e0033384_9343170.jpg


おとといの月曜も。ある意味、社会から逸脱(笑)した60代&40代、ちえぞうで会合。

60代の方は、定年を迎えて悠々自適。だけど、毎月。岩手・遠野へ向かうボランティアバスツアーに参加して、岩手および気仙沼でのボランティアを続けている。
40代の方は、会社をあっさりと辞め、普通そういう道に行かないよね?という道を選んで歩みはじめた。

(月曜はこの飲み会だけで終わんなかったのもオモロイ。キナっち(もう最近飲むことがめちゃくちゃ多いご近所さん)がレコード会社の人間と飲んでるっつうところに寄り道して、そっからディープな話。笑)

いろんな人の生き方に、触れた今週の前半。
こうして人の生き方考え方に育ててもらっているなぁ、と、つくづく。思うわけです♪
[PR]
# by takahashichie | 2012-07-11 10:12 | ほぼ毎日更新From ケータイ
七夕ってお天気に恵まれないような気がするのは気のせいでしょうか。

織姫と彦星が(たぶん)無事に会えた一夜を越えた今日。の夜から、時系列で振り返る。

SHIBUYA-AXでの「BKTS TOUR」を見に行く♪
良き4バンドの競演にもかかわらず2っつのみ、the band apartとASPARAGUS、しかとタンノウ。

アスパラは、ワタシの中ではビークルとスプリットした印象が圧倒的で。ですが、実はライブ、見たことなかったの。
新しいアルバム「PARAGRAPH」が思いの外ツボにはまって、その中でも一曲「I'm off now」って曲がすーっごく好きで。今のワタシにもある意味あてはまってんのかな(笑)?なんてね、思ったりもしながら、メロディも美しいし。好きで、ヨーロッパの移動中は半分以上、おおはた雄一さんの音を聞いていたけど、合間に聞いてたのはアスパラがメインだったくらい。

ツボ、と言えば。ギターボーカルのしのっぴさんはあんなキャラなんだ。笑!そんなしのっぴさんはじめ、バンド全体としてのキャラクターも個人的にハマりそう!
しのっぴさんっておいくつぐらいなんだろう?ワタシと同じくらいなんじゃないかなー(って、すっごく年下だったら失礼ですが)?
そんな、バンドとしてのキャラ部分も(大いに)サイコー。なんで今まで見てなかったんだろうなぁー…

バンアパはさすが!だった(うんやっぱりライブであそこまでのメロディを奏でられると敵わんねぇ。KESEN ROCKでまた楽しもう)、が。久々にLOSTAGEが見たかったところ…間に合わなかったのが悔しい。二兎を追うものは一兎をも得ず、ですな。ふむ。

二兎、っつうのも。

e0033384_23562386.jpg


週末の2デイズ開催の、このイベント。に、行ってきたの♪

「NO NUKES」とうたっている通り…原発に異を唱えるアーティストが参加しているイベント、と言っていいでしょう。
それぞれ、短いMCの中で。思いを伝えていたのがとても印象的だった。
ACIDMANのオオキさんが言っているのはまさにその通りだと、思う。「経済が大切なのは良く分かる、でも、でも。この、『土』がなくなったら。」
Kenバンドで横山健さんは、SLANGのKOさんの手紙を読んだ。KOさんの痛みが伝わった気がする。でも、KOさんは自分がどーのあーの言われることなんかより、もっと痛みを負っている人たちのことを、いっぱい知っている。福島の人たちのことを。だから、ひるまない。

KOさんを心から尊敬する。そして、そんなKOさんのことを、「友達で、今日のこのステージに上がってほしかった」と、堂々と言っていた、健さんのことが。もっと好きになった。

そんな風に、決して言葉で多くは語らなかったけれど、も。
七尾旅人+大友良英+坂本龍一+ユザーンのセッションは。音に、怒りとか悲しみとか、情けなさ、とか。すーっごく、渦巻いてた。その渦が、どんどん、どんどん。竜巻みたいになって、周りをのみ込んでいった。音で伝わるものがありすぎて、自然と涙がこぼれた。
七尾旅人はすごい、やっぱり。孤高すぎる存在。でも、その孤高の人、は。誰もが感じる痛みや苦しみを人一倍感じられる人でもある、から、こそ。あんな音が生み出せるのだ、と。

*写真。だいぶ閑散として見える休憩スペース、ですが。
それもそのはず、スペシャルセッションのお時間で、トータス松本さんをボーカルにCHABOさんやら大御所がステージ上がってる時間なわけで(ちえぞうは渋谷に向かうべく泣く泣く会場を後にした一枚)。
そんな中、左はじに団子のように人が群れてますね?これ、「The Future Times東北ライブハウス大作戦」コラボブースに、BRAHMANのTOSHI-LOWさんが来てた時なのじゃ!!

e0033384_23562383.jpg


音楽から話題を変えると。きのう。
東京で、「肉のふがね」・府金さんにバッタリ!

嬉しかったなー(^^)
きのうまで、いわて銀河プラザに出店されてて。
ちょっとおみやげ買いに行ったら、府金さんが!?ってなわけですよ。笑!

ちえぞうが持ってるパンは、肉のふがね、がある。岩手町にある「GOURMAND(グールマン)」のパン!
明日の朝ゴハンはこれ食べるよー!岩手町特産のブルーベリーを練り込んだ食パンをゲトして参りましたん♪

府金さんは面白いんだー。話してて、話題が尽きない!次、次、という視点を持っているからなんだろうなぁ、と、思う。
そんな府金さんだから、まわりには、人が集まる。ちえぞう的に思うのは、府金さんは、自分が面白いことをやるために、人のことを勉強したり、人の意見を聞いたりすることが、できる方だからじゃないかな、と。思う♪

e0033384_23562380.jpg


わんこきょうだいのシールも買って帰ったぜ♪

ちえぞう、1つだけ書きます。

日本人は「ディベートが下手」と言われて久しいですが。それが、今の。何も相容れない環境を生み出しているような気がしてなりません。
ちょうどNO NUKESのイベントに行ったのもあるし、たとえば原発の話でもいいですが。賛成も反対も、中立も。迷い、も。分からない、も。
いろんな意見があって当然です。全員がいっしょな考えなわけはない。

原発の再稼働は、「国民の生活が第一」と民主党がマニフェストに言っておきながら、意見を聞いたりしてるのでしょうか。
動物の中でも人間が他の動物と違うところが「言語が操れて」、「他の人の考えを理解できる」というところだとするなら。
他の動物は言語という共通のものがなければ、食うか食われるか、になるでしょう。だと、するならば。

これは政府に限ったことではありません、ツイッターや、ネット上のやりとりみたいなものをみていても。
失望を覚える時が多々あります。ツイッターからは離れようかと思いました。最近。他の意見を受け容れずただ叩くだけの人、を、見る。だったら、それはそれで、いい。けど、匿名はやめな。実名もしくは自分が特定できる方法でやりなよ、堂々と。そんなに強い意見があるなら、自分をちゃんと曝して意見して、叩きなよ。もちろん、原発の話だけじゃない。全ての話題において、だよ。
匿名が、せめて、できるのは。自分の意見が持てず、曖昧だから、いろんな意見を「聞くため」に、許されてるんじゃないかい?

いろんな意見を、もっと。闊達に。福島の皆さんのことを第一、に考えて。
やりとりしなくては、いけないのではないか。
ディベートできる場が、もっとあっても、いいんではないかい?つーか、できるようにならなきゃいかんのじゃないかい?
お互いが、顔と目を、見合わせて。さぁ??

これ以上はやーめるー。ちえぞう、ネットでやりとりできるぐらい、今、ヒマではないので。これはあくまでワタシ個人の一ブログなので、ここまでは書いておきます。書きたくなりました。
[PR]
# by takahashichie | 2012-07-09 01:36 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
ヨーロッパっつうのはあんまり時差ボケ生じないんでしょうか。疲労もなく、帰ってから即ライブツアー(笑)復帰。ぷ。

e0033384_1112226.jpg


スカパラのツアーファイナル2days@代々木第二体育館!
ファイナル1日目に行ってきましーたん♪

エゴラッピンの中納よっちゃんがゲストだったんだけど(アンコールで森さんも出てきた)、まぁー、それはそれは。
スカパラの伊達男の面々に囲まれてもいっちばんカッコ良かったのは、よっちゃんだったような気がする。
堂々としてる女性ってカッコいい。つくづく、それを思わされる。スカパラ+エゴラッピンの2人で「くちばしにチェリー」をやってくれたのは鳥肌だったわー♪♪♪

きっと、スカパラのメンバーだって、いろーんな迷いとかを通り抜けて来てるんだと思う。でも、スカパラ、として。音を鳴らして行くことがやっぱり、一番だ、って。思うメンバーが残って今のこの、素晴らしいライブを見せてくれた夜だったように思う。
うっかり、ちえぞう、前から2列目とか(テれる、笑)で、ライブの時のメンバーの顔、しっかり見える位置だったの。で、初めて、思った。確かにカッコいいのは間違いないんだけれど…顔に刻まれた皺のやさしさとか、口角上がった時のラインとか。ただ単に、歳を重ねてきたカッコよさだけではない、人間としての、生きザマみたいなのがステージ上の「顔」にも出てるなぁ、ってのが。初めて分かった。
そこがますます、カッコ良かった☆

チョーピンポイントに個人的に。今後のツボになる新たな部分としては、サックスのGAMOさんがマウスピースに口を当てる時の眉間の感じ、ね。渋くってカッコいいんだわぁー♪

e0033384_1112259.jpg


ライブ後。某焼き鳥屋さんを覗く。
1回お邪魔したっきりなのに「おぉー久しぶりー!ライブ帰りだろぉ?」だって。笑。
こうして東京でも寄り道できるお店が増えてくのはホントありがたい。

元バンドマンがやってるお店にはこんな。前掛けがあったよ♪分かる??
これいいよねー、欲しい!!!

e0033384_1112345.jpg


そんで今日。
TRIPLANEのライブに行ってきたよーん♪

何度か、これまでに見たトライプレインliveの中で。群を抜いて、最っ高に、良かった!!!

たぶん、本人たちに、全っ然そのつもりはないんだろうけども。これまでって、何か自分たちを飾ってるところがあるような、そんなライブをしてたように見える部分が、確かに全体通してではないんだけれども、どうしても。感じられたのね、ワタシは。
でもね、今日は、一人ひとりの「そのまんまの自分」が全体通して、ずーっと。見えてた♪

毒も吐く、けどどう思われようがお構いなしのようなボーカル・ひょーえ氏。自分のことを「不器用」と言い切ってた川村さん。自分の立ち位置を分かってて、たぶん楽屋でもこんな存在だよね?ってのを見せてたタケダさん。ドラムのあと一人はあのまんまだからまぁいっか(←って、つい誰もが言ってしまうような、そんな愛されキャラ。笑)。

いいじゃない。何年経とうとも。いいじゃない、遅くとも。いいじゃない、自分たちのペースで。

今日のライブを見て、心から。そう思った。

これから、が。トライプレインには、確実に、あるから。書いてもいいよね。
トライプレインは、ライブ後の打ち上げの席で、たぶん初めて、ケンカになったアーティストさんです。笑。
某ライブハウスの面々、と。トライプレイン、と。ワタシ、と。「オマエら、本気見せろ!本気!」「アンタらこそ、本気って何だよ?本気でやってんのかよ?」なんつって…懐っつかしいなぁ。

ワタシね。思ったの。
確かにお酒は入ってる場かもしれないけど、こうして。リアルに思ってることを言える、ということ。
それで関係が崩れるなら、所詮、そこまでの関係だったんだなぁ、って。割り切れるようになったのは、こんな飲みの場を通してなんだよね、やはし。
だってさぁ。その時言ったこととか、してしまった失態、とか、そんなのは。元に戻らないんだもん。

トライプレインとは、ね。そうはならなかった。トライプレインは、それぞれ。トライプレインなりに、歩ってた。今日ね、ライブ通して、見せつけられた。

いいじゃん。自分らしく、で!

自分らしく、TRIPLANEらしく!これからも、進んでほしい。
それ、間違ってんじゃねーの?違うんじゃねーの?って。トライプレインには。この先も。
何かあったら、ツッコんで行くからさっ♪
[PR]
# by takahashichie | 2012-07-07 02:31 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
ワタシはニューヨークが大好きで、海外はニューヨークに行ければそれでいい、って。
ずーっとそう思ってました。

初めてのヨーロッパ。また、アタマの中をくしゃくしゃにされた。

やっぱりいろんなところを。もし見られるのなら。行けるのなら。
行った方がいい。見た方がいい。感じた方がいい!

e0033384_1021148.jpg


ドイツを離れる時に、涙が止まらなくなった。ドイツに留まれる方法ってないんだろうか。
また行けばいい、と思うより、もう少し、もう少しでいいから。いたかった。ドイツ。

画家の東山魁夷はローテンブルグの街の城壁に書かれている、タイトルにしたラテン語を。
このように訳しています。

「歩み入る人にやすらぎを。去りゆく人に幸せを。」

ローテンブルグの街で巡り会った、にゃんこ。情けないかな涙が止まんないワタシの傍らにずーっといてくれました。
そしてこの言葉を。にゃんは伝えたくて、そばにいてくれたのかな、ずーっと。
そんな気がします。

そんな東山魁夷は。確か、船で3ヶ月かけてヨーロッパに渡ったそうです。
今は、時間的には、飛行機で12時間くらい。半日もあれば、ヨーロッパに着いてしまう時代。

世界は、広い。けど、世界は、近い。

今の世の中、行こうと思えば。どこにだって行ける。飛び出せば、いろんなことが待ってる。つうことは、いろんなことができる!



限られた時間を、大切に☆
[PR]
# by takahashichie | 2012-07-05 10:40 | ♪♪たび♪♪