「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

♪日々、コレ、ちえぞう♪

djchie.exblog.jp

「ぼくらが旅に出る理由」を2回歌った日にオザケンのライブに行けた。2012年。旅をしたい、もっと。 ↓ ローテンブルグで出会ったにゃんこ☆ ↓

<   2012年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

今日しか行くチャンスがない!と思って行ってきたー!

e0033384_0331375.jpg


11:20〜の回を見に行ったのだが、まぁ満員じゃないか?平日の午前中よ!?
映画館がこんなにパンっパンな回を見に行くこともそう、ないなぁ?

80年代から、今年に入ってからのコンサート映像まで。
選りすぐりの珠玉のメロディたちで時間が瞬く間に過ぎる。

最後の、ライジングサンに出演した時の映像がまーた、ねぇ。いいんだ、これが!
フェスで見る達郎さんなんて、そうそうないからねー!

小さな光。日本の1億2000万人全員に射すなんてできないけれど、この会場にいらっしゃる方、に。小さな光を差し込むことができたら。
達郎さんの、殊勝気味なMC…正確な話の内容、そして、話の流れ、は。
是非、映画館で。ご覧ください。

ちえぞうはこれまで3回、達郎さんのライブに行っていて。今年は念願だった、自分のバースデイに、しかも達郎さんと言えば!の、中野サンプラザ、で。ライブを見られたこと。もう、なんとも言葉に出来ない誕生日でした。自慢です☆
そんな3回見ていても気づかないような…というのではなく、よっぽど前列でないと見えないわけですが、笑。
達郎さんのギターの、ビミョーな擦れ具合が、映像だと見えるのが。なんか、とっても良かったです。達郎さんの楽器がちゃーんと見えるので、おもちゃのタンバリンとかも含めて(笑)。意外にフツーにおもちゃ屋さんで売ってるようなヤツなんですね、あれ!
そーゆう意味でも見どころもアリ!なライブが映画館で楽しめました。これ、もう一回見に行きたいっ!

Never glow old!!
[PR]
by takahashichie | 2012-08-31 01:06 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
なんだかんだでもう先週の話ですが。苦。
岩手・盛岡では、あんな顔こんな顔にも会ってきました♪

e0033384_014617.jpg


最近、週に何日か。
朝から(8時〜って言ってたかな?)営業をはじめた、という。「carta」さんへ。

まさに朝メニューの、ちょっと甘めのコーヒー牛乳&塩ケーキをパクパク。

福島の、プレイタイムカフェ。
よしえさん、ありがとう。情けないです、ちえぞう。なんにも出来やしない。手紙を受け取ったまま、返事すら書けていない。
よしえさん、ここに記していいですか。よしえさんがくれた、文章。よしえさんが福島で紡いだ言葉。

つぎから つぎえと 不条理なことがおき 人の命 いや 生きとし生ける命が おきざりにされていきます。
くやしいです。

よしえさんと初めてお目にかかったのは、cartaさんが主催してくれた、盛岡での吉田慶子さんのボサノバライブでしたね。
福島・プレイタイムカフェ/鎌倉・vivement dimanche/そして、盛岡・carta。
3つのカフェマスターが大集合。

ディモンシュはワタシが最も好きなカフェです。ずーっと、ずぅうーっと。
まさか、堀内マスターが盛岡に来てくれるなんて、ね。
世の中分からない。こんなことがあるなんて。

この日。cartaでお茶を飲めて、思い出話と他愛もない話ができたことに、こんなにカンシャしたことはありませんでした。
cartaにて。よしえさん宛てのお返事を書く、素敵なレターセットを仕入れてきました♪

e0033384_014710.jpg


チューボーですよっつうテレビ番組でカツ丼見たばっかだったから。ガマンできず、東屋さんでは。カツ丼行っちゃった〜ん♪
しっかし東屋さんは何頼んでも間違いがない。お蕎麦屋さんですが。

頼れるアニキ分・馬場さんに今後の相談もできた。ありがとうございます☆
先に書いた、ニューヨークのテロの話を引き合いに出して、震災後のちえぞうを励ましてくれた方はまぎれもなくこの方です(馬場さんはずーっとニューヨークにいた方なのだ)。

e0033384_014848.jpg


ディスクノート盛岡のおばらセンパイ。リアルに中学の先輩。笑
しっかしセンパイのビビリはいつになったら治るんだろう。いや、もう治る見込みないな。この日も脅かしたらビビって口を利いてくれないセンパイであった。ぷぷぷ。

e0033384_01491.jpg


ちえぞうの概念を変えてくれた、アニメイト盛岡店。
年末のアニメスペシャルの放送でのアクセスを見て、あぁ、と。とにかく、とにかく。得るものが多かったのを忘れないし、許容範囲が広がったような気がする、自分自身の。

「月末なんで、入荷が多くて〜!」と忙しそうにしてる田中さんをパチ☆

e0033384_014949.jpg


さわや書店・フェザン店の田口さん。
必ず、必ずや。飲みましょうね。一度は。いつもいつも、そう言って別れてる。笑

田口さんとのことは…また、書くことにしようかな。この写真も、改めて、にしよう。
もう十分、長くなっちゃったし(笑)!

e0033384_015038.jpg


次に盛岡行くのは、来月!
ここで会いましょう!!
いしがきミュージックフェスティバル」で(^^)♪
[PR]
by takahashichie | 2012-08-30 01:11 | ほぼ毎日更新From ケータイ
大船渡からバスに乗って一関まで出ることにしたのですが。
ちょうど、千厩を通るので、途中下車してみることにした♪

e0033384_17217.jpg


こんな感じだったのかなぁ…もっと栄えていた印象があるけど、かれこれ20年以上とか行ってないわけだし、そもそも、印象もぼんやりしてて当然だし。
2年間、千厩のお隣・藤沢町に住んでいたので、買い物とかで週末はこの千厩町に来てたのが懐かしい。
でも、覚えてること、が。限りなく、ない自分に驚く。

次に大船渡に行った帰り(もしくは、行く前とか)、藤沢まで足を伸ばす、という楽しみができたよ。
あとは有名なコチラのお店のあんかけかつ丼を食べるという、ね☆



奥州市の実家へと帰る前。ふらり♪

e0033384_17222.jpg


立ち寄った「萬福食堂」に、この方がいた、とゆーね。笑!

みちのくプロレス/気仙沼二郎、改め、ケセン・沼ジローラモ氏!

ウケる〜♪
期せずして沼さんと飲みスタート!
となれば、この方もハイ、モチのロンでいらっしゃいました!

e0033384_172276.jpg


通称・ハタさん!
畠山美由紀さんのイトコ!

ハタさんと沼さんと、美由紀さんは。気仙沼で小学校からずーっと同級生なのは有名。

この日はそれだけじゃなかった!

e0033384_172379.jpg


JAZZRIZEチームもやって来た!笑!

こんなに男子が集まるとトーゼン。プロレス技とかかけてもらいたくなっちゃうもんなんだよねっ?笑!

e0033384_172412.jpg


沼さんによりますー、プロレスターイム!
(隣のテーブルのお客さんもとっても寛容でありがたかった!)

なんか、終始、笑ってた気がする。ちょっとだけ、沼さんとはマジ話もしたけど、でも、とにかく、笑ってたような気がする。
別に約束したわけでもないのに、こうして集まれることの幸せ。なんでもないことなんだけど、とてつもなく、ありがたい。ありがたい、というよりかは、幸せだなぁ、と、心から思えた、と言うか。
頑張ろう、って気持ちももらえる。こういう、何でもないこと、なんだけど。また、こうして、笑って会いたいじゃん。そのために、頑張ろう、って!あ、でも、なんか、虎舞竜の歌詞みたいなところあるな〜コレ。苦。

e0033384_17257.jpg


最終的に。沼さんと、こちらのお店ご自慢・どぶろく突入!
そしてまた、ボトルごと置いて行ってしまった店主。笑

沼さん&萬福マスターはこの後、朝まで飲んで。萬福マスターが撃沈したそうです…そりゃそーもなるわー。沼さんに酒量ぐらいは勝てるか、なんてもし挑んでも結局、失敗するだけです…という機会を何度か、ワタシも目の当たりにしてますんで…(^^;)

e0033384_172570.jpg


お酒が飲めない、とうにょ君(ケセンロックのボランティアスタッフとしても会ったねー!)が車で送ってくれる、というのに遠慮なく甘えて、この日は飲みすぎました。ひゃー、顔赤いってばみんなー!

萬福食堂。ちょうど、震災があるちょっと前くらいに初めてお邪魔した。震災が起こってから、マスターは定休日には大船渡方面に炊き出しに行って。
ワタシにとっては、そんな話を、聞ける。現地の話を聞ける、場所になった。

しかし…あの、最初の頃よ、戻って来て欲しい。笑。「あぁ〜、あのラジオの方ぁ〜…」みたいな感じで、よそよそしく少年のようだったマスターの姿は今や昔。
なんて失礼で、なんて口が悪い店なんだ(って、きのうもツイッターでつぶやいた。笑)!

でも、それが。居心地良くって。帰省するたび、行っちゃうわけだよね♪
実家のそばに、こういうお店があるのは。今のちえぞうの実家は、ワタシがオトナになってから両親が移り住んだのでワタシはほぼ何もゆかりもないし、同級生とかも近くにいるわけじゃないので。
寄れる場所、遠慮なく何か言える場所がある、とゆーのは。この上なく、嬉しきことなんです(^^)

みなさまもごひいきに☆
口は確かに悪いマスターだが、料理はウんマーい&ボリューミーで太鼓判なんで!!
[PR]
by takahashichie | 2012-08-29 17:36 | ほぼ毎日更新From ケータイ
e0033384_1851773.jpg


お盆すぎれば涼しくなるのになー、岩手は。
ひまわりがすうーっと。伸びて咲いてる。
大船渡もまんず、暑っづがったー、この日も!

e0033384_1851850.jpg


大船渡プラザホテルのほど近く。遠くからもお祝いの花輪が目立った!

e0033384_1851963.jpg


大船渡のライブハウス・FREAKS
中に入ると…

e0033384_1851918.jpg


こんな感じで!
(逆光がまぶしくてよく分からないかもしれないけど、分からないくらいがいいよね!ゼヒいつか、直接現地へ!)

今回。
ちえぞうはミッションがあって向かったのだよ♪

話はことし3月11日・FMヨコハマの放送にさかのぼります。

e0033384_185207.jpg


震災から一年のこの日。
ワタシは、鎌倉の番組に加えて。ケント・フリックさんの番組で「東北ライブハウス大作戦」のお話をさせてもらいました☆

ケントさん自身がミュージシャンなのもあるんだろうけど、ケントさんは親身にワタシの話を聞いてくださった。生放送中にケントさんは、涙をこらえていらっしゃったのも、ここだけの話、として書いておく。

で。

木札作戦」と題して展開されている、放送の時のケントさんの絶叫・連呼(笑)の言葉を借りるならまさに、「木札の寄付だぁ〜!!!」。
(詳細は上のリンクを読んでくだされ♪)

放送の時はこの、木札作戦のプロジェクトがこれからスタートする、って時で。ワタシはたまたま、サンプルの木札を1つ持っていたのもあり、スタジオに持っていったほうが分かりやすいだろうなぁ、と思ったので。

で。放送後。
「その木に字を書くので、ボクの木札を寄付してきてくれないかな〜」と、ケントさん。

同じ大きさの紙に何回も字を書いて練習してるケントさんがかわいかったです。笑

その、ケントさんのお気持ちを。
ようやく持っていくことができました♪

が。が?

e0033384_1852134.jpg


サイズがちがう…笑!!!
大きさがおおよそ2倍になってる!!!

あれ???

聞けばあくまで、ちえぞうが持ってたのはサンプルなんで、あの後サイズ変更があって、この大きさになったとのこと。
ありゃ★
でも、みんなの意見としては、「ケントさんのは小っちゃくてむしろカワイイ」!
(しかもデッドのスペースにすっぽり収まったのも面白い。ケントさんの木札を待っていたかのよう。笑!)

いろんな方の名前(知ってる方も知らない方も)や会社の名前が書かれた木札がずらり、と並ぶライブハウスの壁を見て。
胸が熱くなりました。
そして、そんな皆さんの(しかも、これからまだまだ増えて行くであろう)思いを背負って、ライブハウスを続けて行く、ということも。どれだけ大変なことか。

また、遊びに行きます。そんなことしかできない、ちえぞうには。応援してる、ってのを示すのは、単に‘行く’ってことしか、できないけど。

こうして宮古と大船渡のライブハウスはオープンしたので、この2店舗では、実際。店頭でお金を払って(たぶん)自分で木札に名前を書いて、ってこともできるみたいです☆
次回。ワタシも自分で書いて、壁に(^^)♪
そんな楽しみを持って、ワタシも日々。がんばりまーっす!
[PR]
by takahashichie | 2012-08-28 19:27 | 3月11日
(ふつう、本編があってからー、の、番外編だろー、というツッコミはナシで。明日書くぅー!)

8月20日。
大船渡に押し掛けた!!

e0033384_23573263.jpg


じゃぁああ〜ん!

わかる?

「マンボウ」のお刺身(右)&大腸!!!
刺身はともかく、大腸は初めてだったな〜しかもこの大腸がメチャクチャ、う・マ・い!!!
この珍味はクセになる〜もう飲まずにはいられん!って感じのお味!

お刺身のほうは、地元人間曰く「サッと湯がいてもらったほうがうめぇぞ」とのことで、ワガママ言ってお店の方に湯通ししてもらったら…

正解!!!

e0033384_23573237.jpg


大船渡のバンド・TILITILIのギターボーカルで、KESEN ROCKの実行委員でもあって、かつ、大船渡のライブハウス・FREAKSにも関わる、ヤスくん(右)&トモダーさん。
(トモダーさんの飲み物はコーラのように見えますがワインです。笑)

この先も、ね。大船渡だったりケセンロックチームとは。絶対、ゼッタイ会ったり飲む機会はある、けども。きっと、打ち上げとかライブ後とかになるし、そういう感じでなく、ね。ヤスくんたちとは、一度。ちゃんと話をしてみたかったの。

どんなことを思い、どんなことを考え、どんなふうに生きてくんだろう。

…なーんて書くとマジメっぽいけど、全然そんな感じじゃなく、全然フラット、に。シンプル、に。
単に一回、素面から飲んでみたかっただけ、ってことです。笑!

ワタシ自身が大船渡の方々とは交流がずーっとなかったし、ケセンロックに関しても認識が薄かったし正直あんまり興味も持ってなかったし、だったから。
聞いてみたいこと、そして、ちえぞうが話しておきたいこと(これまでのケセンロックへの認識に対して謝りたいこと、かな、笑)など。
素直に話せた、いい機会だった。

そんなマジトーク炸裂のなか。

e0033384_23573360.jpg


寝るオキナワさん(笑)。
(⇧大船渡FREAKS・店長)

大船渡の店舗はホントに手作りだからなぁ…徹夜してまで作業してた日も何日も、あったし。宮古ライブの前日に行われたKen Yokoyamaのツアーまでには、あれも何とかしなきゃ、これも何とか…と。
いろんなこと考えて身体動かして。で、正直、あまり気が休まらなかったんじゃないかなぁ、というのは、じゅうぶん。察しがつく。
オツカレ☆

で。
話してたら、あっという間にお店の閉店時間になった。

e0033384_23573325.jpg


ちえぞうは、ウワサに聞くBRAHMANのTOSHI-LOWさんよろしく、飲めるか分からないアルコールを数杯頼む(なんかの番組?で、TOSHI-LOWさんが言ってたけど、あの方もラストオーダーの時、レモンサワー5杯、とか言っちゃう方なんでしょ?笑)のに対して。

「チョコバナナクレープ」をオーダー&ほおばる男子全員(笑)!
カワイすぎるっしょ。ふふふ☆

e0033384_23573451.jpg


カワイイ声で「ちえちゃぁあ〜ん」と言ってくれる、やっぱしケセンスタッフの女子がこちらのお店にはいるのだよ♪
会えてヨカッた、ケセンの時もいろいろとありがとうねー!

大船渡も含む、‘気仙’の人は、ヤスくんが言う通り、やっぱり、宮古はじめ、他の沿岸の人とはまた、違う。
静かに熱い人たちが多い土地が気仙地区なのかもしれない、と。見せない負けん気が強い人たちが多いかも、と。

ヤスくんは、仮設に住みながら。日々の活動を続ける。ファミリーとも初めてお目にかかれた。次回は、ヤスくん家で飲む(^^)
[PR]
by takahashichie | 2012-08-27 01:06 | 3月11日
タワーレコード盛岡店のイベントを終えて。
クラブチェンジに寄ってカラーボトル&鶴に「かもめの玉子」を差し入れして。
からーの♪

向かうは!
宮古!!

e0033384_12143164.jpg


東北ライブハウス大作戦」のプロジェクトでオープンした、宮古のライブハウス。
クラブカウンターアクション宮古・こけら落としライブへお邪魔です!

素敵じゃん!
この入り口の看板といい、建物、といい!!

で!
クロークは日本初!?

e0033384_12143239.jpg


「お買いもの後に寄ってもOK、冷蔵保存可能」なクローク(爆)!!!
分かるかな?これ、つまりはお肉屋さんの車を使ってる、というわけ♪

せっかくのKen Yokoyamaライブですが、正直、ほとんど見られてません。Kenバンドもニコニコ楽しそうに演奏してんのになー。
泣いちゃってねぇ。あはは。
外に出たら出たで宮古のスタッフに「なんでオメーが泣いてんの!?」って笑われるし。ホントだよねぇ。情けないったら。みんなが完成を喜んで、笑顔でいる時、に。

でも、さぁ。

e0033384_12143226.jpg


今年の3月には、こんな状況だったんだよ。場所は決まったけど、ここだって津波の被害を受けた場所だし、隣の焼き鳥屋さんも営業できない日々だった。

あれから、5か月で。
ライブハウスができて、嬉しそうにライブを見に来てるお客さんが溢れて、で、隣の焼き鳥屋さんは屋台営業をこの場所で、してた!ライブ前後に1杯できるね!
こうして見て、泣かないわけにはいかないっしょ!!

Kenバンドはひさびさに「Stay Gold」をやってくれました。前日の大船渡のセットリストとも違って。
そしておおよそ2時間近いライブでした。長い!

Kenさんのようなやんちゃなオトナを見るというのはキモチがいい。最後のほうにやってくれた新曲のタイトル、確か「This is your land」ってタイトルだったかな?新しいアルバムに入る曲。
自分たちの住んでいる場所は自分たちで守れ。どんなことがあっても。ん?そんなようなメッセージを喋っていたような??

Kenさんに「ありがとう」って。みんなが、みんなが、思ったライブだと思うよ。
みんなが!

ちえぞうの記憶が不確かなのは、泣いてたのもあるが…バーカウンターには知ってる面々しかいない&店長のオータキンさんと乾杯してビールをぐびぐび行っちゃってたからです。つーことで全部、宮古の人たちが悪いんです!笑

トンボ帰りで盛岡に戻らなくてはいけないのがとっても残念だった。
また、ライブ見に来るね、と言ったら、「ちえちゃん、必ず来いや!ライブとか関係なく、ちえちゃんと飲みたい人がいっぱい待ってるからさー!」
前にも書いたけど、宮古の人と知り合ってから、ワタシもだいぶ、変わったんです。人としての強さが持てるようになりつつある、というか。少なくともそう簡単に、へこたれなくなった。ちょっとしたことでくじけてたら、宮古の人に笑われちゃうんだよね。「オメー、そんなことで、なんだ?」って。

そんな、宮古のライブハウス、で。
あるご夫婦に出会いました。バーカウンターで飲んでいたら。

漁師さんだそうです。
近くにライブハウスができたこと、とっても嬉しい。自分がとった魚、打ち上げとかで、食べてもらえたら。好きなアーティストに差し入れできたら。ささいなことだけど、そんな夢を持っていたのに。
全面禁漁になってしまった。理由は想像してください。
漁の親方は奥様はじめ、ご家族を失ったそうだ。少しずつ、立ち直って、また、一から。そんな気持ちになった途端の、この状況。

やるせない。そして、こういう時。やっぱり、自分は、無力だ、と思う。
何ひとつ、言葉がかけてあげられない。ただただ、耳を傾けることで精一杯だった。

思い続けていたら、夢に近づくことができる、なんて書いた矢先に矛盾してるんだけど、現実、こんな話だって、ある。復興なんて、まだ、まだ、まだ。だ。
ということも、分かってほしい。としか、書くことができない自分…ふがいない。

だからワタシができる、発信はする。心に誓ったのがこの時だった、と言ってもいい。

近々、このブログもリニューアルします。すべて。ハイ、自分にプレッシャーかけます、ハイ!

あ、そんなわけで、宮古はまたゆっくり行くんで。今日のフラカン、きのうのeastern youth×雷也も。
行きたいキモチはまた、これから、に♪

あと宮古と言えばねぇ。これもあるのよ。今年は11月11日だそーなので♪
(短い映像なので、どうぞ最後までご覧あれ)



今年もコスプレで行くよっ(^^)!!
[PR]
by takahashichie | 2012-08-26 12:14 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪

うまく記せるかな。きのうきょうの話。

会話には、語り、には。おしゃべり、には。
息づかいがあって、温度がある。

阿川佐和子さんの「聞く力」って本があるんだけど、あの帯に。ビートたけしさんの、こんな言葉があるんだよね。
「アガワさんと話すとつい喋りすぎちゃう」

ちえぞうには、ついつい、喋っちゃうんだよね、って。
そんなふうになりたいなぁ、って。きのうきょう、で、思った。阿川さんのような人、に。

確かにワタシは‘喋り手’とは言っているけれど。
お迎えするゲスト、ラジオでお送りする曲、など。すべて、の、「魅きたて役」であるべきだなぁ、と、思ってきたから。

e0033384_2291665.jpg


盛岡のライブハウス・クラブチェンジ。
きょうは想定外の長時間、ここにいてしまった。笑

e0033384_229182.jpg


クラブチェンジをはじめた人。今やライブハウスだけでなく、いろんなことをやってる人。で、いつでも本気で話せる、ワタシの大切な友人。

黒沼亮介。

ライブハウスで会社組織化してて、社員化してるところははっきり言って珍しい。

黒沼という男と話していて。彼が考えている、ワタシが知らなかった部分が、今回、見えた。
「若い人が夢を持って動けるように努力している」ということ。

岩手にいても、音楽という仕事を通して、メシが食えてるということ。自分の好きだったアーティストのライブにかかわれて、ライブ後「ありがとう」なんつって、握手を求められること。
でも、そんなふうに会社の一員になるまでには「もう辞めちまえ!」とか、それ以上の罵倒のような言葉を言われたり、男女関係なく、とにかく厳しくハードに働く。人よりも素早く動けるようにする。
だから圧倒的に、大変なことのほうが多いの。みんな。
でも、ね。
大変と大変の中に、ひょっこり。お金では換えられない、喜びと幸せが、時に訪れる。
(そしてそんなふうに人が育っていけば給料も上げざるを得ないわけで、とゆーことは会社のお金が必要で、オーナーは必死に仕事取ってきてんのね。そんな姿はゼッタイ表向き見えないけど、さ。)

だから、ね。
どんな状況でも、そう簡単に、へこたれないで。そして、自分が思い続けて何かしら動いていれば、思い描いている夢みたいなものに、近づくことはできる。うん、きっと!
年なんか関係ない。いくつになっても、ね!

世の中捨てたもんじゃないよ(^^)
世の中捨ててしまったら、その時点で、終わるだけなんだなぁ、って。

e0033384_2292069.jpg


きのうは。
クラブチェンジがはじめた居酒屋「808」に集う♪

「タカハシチエを囲む会、ってことで集合しますから」
つうことで集った面々、は。

クラブチェンジのスタッフだけじゃない。
モスビルドンドンアップ石井スポーツニートレコード

☆ウレシカッタデス☆

e0033384_2292148.jpg


まだ酔っぱらう前の面々。笑

ちなみに。お豆腐類がウマかったし、初物のさんまもいただきましたん♪
食にい~いこだわりを持つお店になっていく予感がした。ま、また次回行ってみて、ですなん!

で、さらに、もうちょっとイケそうな面々が。
宮古から移転してきた「S」というバーに移動して飲み始めたら…

e0033384_2292278.jpg


「ちえさんっ!ちえさんっ!!」
目が光ってるのはご容赦を。盛岡の「きぶね」というお店の方々が☆

よく覚えてますね~…なんか、この言葉しかやっぱし出てこないけど。嬉しかった。

今回の盛岡・岩手ステイは、嬉しいことが多かった、と思う。
ワタシはやっぱり思う。
いろんなことが言いやすい、発信しやすい世の中になった。文句を言ったり、あげ足をとったり。叩いてるニュースに加勢したり。
そんなことが目につきやすい、また、そうしやすい状況だけど。だから、こそ。ワタシは、いろんなことを、理解したい。理解を深めるために、話をしたい。膝をつき合わせて、ね。それが時に言いあいになっても、面と面が向き合っての言いあいを怖がってはいけない、と。

すべての人が仲良くやるのはムリなのは分かってる。でも、こうして。いろんな人に助けてもらって、ワタシは生きてきたから。
繋がれるんだったら、繋がってほしい。

ワタシは、ちょっとお節介とかになるのかもね、ある意味。
でも、お節介で嫌われたら、それでいいや。笑!

e0033384_229248.jpg


最終的に、クラブチェンジの若頭・しゅんやくんを連れだして「柳家」のキムチ納豆ラーメンでフィニッシュ!
やっぱ盛岡いる時一回は、食べなくっちゃね、コレ!

そんな、きのうの集まりでも。思ったんだ。
大変じゃない人なんか、いないっす。これだけは断言できる。大変じゃない人なんか、いないっす!!
[PR]
by takahashichie | 2012-08-24 23:17 | ほぼ毎日更新From ケータイ
タワーレコード盛岡店がある、イオンモール盛岡にて。
題して。
「MORIOKA MUSIC JOURNEY」♪

e0033384_21575021.jpg


リハーサル前にステージでNHKの囲碁や将棋の番組がずーっと流れてたのはなんかシュールだった。笑

e0033384_21575335.jpg


出演者&スタッフみんなでイベント後パチ☆

本当に。岩手のことが誇りに思えた1日だったよ。ワタシは。

ピアノ弾き語りで独特に言葉を操る、日食なつこ。
ギターをつま弾きながら伸びる高音のボイスがキモチよかった、RYUDEN。
岩手でこんなヒップホップを紡げるユニットがいたんだー、Mad Bridge。
やはりやはり、‘岩手の宝’だ、EL SKUNK DI YAWDIE。

こんなアーティストが生まれ、育っているのも。
アーティストの才能だけではない、環境があることにも、改めて。気付かされた。

e0033384_21575543.jpg


驚いた。本当に。こんなに、いろんな方がフツーに。お客さんとして見に来てくれて。

JAZZY SPORTクルー。ジャジスポに関してはもう説明いらずでしょ。「ちえさん、ダメですよ~APPI JAZZY SPORT、今年はサボりましたね~、ちゃんと出欠、点呼とってるんですから~来年は必ず来てくださいよ!」…ということで、来年もあるみたいです(笑)♪
MOTHERスタッフ。ビッグママのMARYさん(写真も誰だかすぐ分かるでしょ?笑)が、盛岡で引っ張ってきたことはすごく大きい。「ライブはもちろんだけど、ちえちゃんが、すごく、すごく、良かったよ!」って、MARYさんに言われた時は泣きそうになった。
馬場さん。わんこそば・東屋の人ながら、いろんなアーティストさんを盛岡に呼んでる。七尾旅人さんとか、最近だと、レキシやキセル、二階堂和美さんが出演したイベントとか。

あぁ、盛岡って、岩手、って。面白いよなぁ。
こうして音楽シーンを支えてる熱い人間がいて、そんな面々がそれぞれ、どこかで。つながっている。「街のサイズがちょうどいい」って、昔、誰かが言ってたけど。まさにそうなのかもしれないなぁ。
ホントは、クラブチェンジ・黒沼親方を招いてトークショーをする予定でした(笑)。スケジュール的にムリだったのですが、もしこれも実現してたら、盛岡・岩手のミュージックマン全員集合!と言っても過言ではないよね?笑!

e0033384_21575715.jpg


みんなでパチ☆

いろんなことが、また、新たに。
そんな区切りとなるイベントだったと思います。アーティストさんにとっても、スタッフ側にとっても!

イオンに買い物に来ていた若者、だけじゃない。おじさんおばさん、おじいちゃんおばあちゃんが。腰かけて、音を楽しむ姿。リズムにのって、きゃっきゃ、と、楽しそうにしてる子どもさん。
あぁ、これだ、これ。うん、これだ、これ!

e0033384_2158076.jpg


FM岩手のSディレクターこと佐々木氏が今回のPA!

e0033384_2158379.jpg


そんなFM岩手のリスナーさんも何人か来てくれたよ♪
「ちえさ~ん!」って、声をかけてくださった方々。本当にありがとう☆
代表してこちらの親子を。ありがとうございます、ラジオの世界にはまた戻りたいと最近、心から思うようになりました。
こればっかりは縁とかいろいろあるし、まぁ。でも、思っていれば、いつかそんな時も来るんじゃないかな、と、ポジティブにも思うようになったのは、実はつい最近まであまり考えられなかったなぁ。

で。
イベント終わりで宮古へ向かい、宮古のライブハウス・クラブカウンターアクションでKen Yokoyamaのライブを見て(あとで書くねん)、盛岡へトンボ帰りして。

イベント打ち上げ♪

まぁちょうどみんな酔っぱらってるくらいに参加するのがワタシにはちょーどいいだろー、なんて思っていたんだが。
思った以上にみんな泥酔してた(笑)。

「でも、今回は、ちえさんがいつもやってる(←うるさいっつーの)、シメラーメン、行く気マンマンですから!」
とみんな言っていたのに、実際行動に移した勇者が…

e0033384_2158574.jpg


わずか3人!
腰抜けどもめっ(笑)!!!

いちばん手前のメガネくんは通称・鈴木。
盛岡のライブハウス・クラブチェンジでいっちばん会っていたリスナーさんじゃないかな。で、アラバキでもあんなに人が多いのに彼とは必ず会う。笑

今回は彼に助けてもらって、宮古トンボ帰りも実現できました。
音楽好きの輪がこうして広がるのは本当に嬉しき良きことかな、とも。思った1日だったのでございますのよ♪

盛岡では!
次は、いしがきミュージックフェスティバルで会おうぞ!!
[PR]
by takahashichie | 2012-08-22 22:55 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
岩手に出かせぎ(笑)中ですが、連日。笑って泣いて、泣いて笑って。

東京に住むライブ友達。震災が起こって、私に本を送ってくれた。
「少しでも、心が穏やかになれば」そんな文章と共に。
彼女が仙台に住んでいた時。仙台のライブハウスで。転換中、文庫本読んでる人なんて初めて見て(笑)。声をかけたのがきっかけでお友達です。

そんな彼女に、最近勧められた一冊。買ったまま放置していたが、この岩手の移動中に読了。
角田光代さんの「それもまたちいさな光」。

ラジオパーソナリティにメッセージを送る主人公。それに応えるパーソナリティ。
そんな、最後の場面。涙がつーっと流れた。

今日は、ちょうど。
「その時、ラジオだけが聞こえていた」という本を読んだ。
岩手のAMラジオ・IBCラジオが。昨年3月11日の震災が起こって、どんな放送をしていたか、を。まとめた本。沿岸部からのレポートを収めたCDもついてるんだけど、これは聞けないな、まだ。

これを読んで、またちょっと、救われた。

私は震災が起こった時、FM岩手のスタジオにいたのだけど。
体感の揺れの記憶というのが実は、これっぽっちもありません。ただただ、落ち着かなくちゃ。と。午後2時53分57秒の時間まではきっちりと喋らなくては。その気持ちしかなかった。大津波警報?そんな警報があるのか?と思いながら、スタジオに映るNHKの映像に出ている情報を喋った(緊急時には気象庁の情報を待つよりNHKのほうが圧倒的に早いので、時にそうやってテレビの情報を使う)。

でも。
そうやって落ち着いて喋っていて良かったのか。
大津波警報、なんて。津波警報に‘大’がつくなんて?
もっともっと、誇張すべきではなかったか。ヘンな話、取り乱しても良かったんじゃないか?

ニューヨークのテロの時の話を引き合いに出して励まされた話は前にこのブログで書いたような。
ニューヨーク、アメリカはラジオ局がたくさんある。その中で、「あぁ、本当に大変なことが起こった」と認識できたのは、冷静に喋っていた放送局だった、と。

IBCラジオのこの本を読んで。
やはり、落ち着いて喋っていたことは正しかったんだ、と。

IBCラジオとFM岩手の立ち位置は違うので、そもそも前も書いた通り、FM岩手には報道部というセクションがないので。早い時点で、「情報」というところではない発信、「呼びかけ」の放送にシフトした。

名前が呼ばれても、連絡など取れるはずもない。分かってる。けど、「あなたは一人じゃないから」。聞いているあなたの名前を呼んで、まずはラジオが側にいるし、ラジオにメッセージを託した方が、あなたのことを思っているよ、と。
ただただ、それだけだった。

IBCラジオも、これで良いのか?と、悩み、葛藤をしたりしながら、放送をしていたことも分かった。
IBCさんは避難者の名簿を読み上げる放送をしていたけども、改めて。FM岩手はそれをしなくて良かったのかとも思ったりする。実は私たちも、どうするべきか迷った時があって、その当時FM岩手のアナウンサーだった加藤裕さんと、私で、読み上げるのにどれくらいの時間を要するのか時間を測ったり、情報に偏りなく放送できるのか、悩んだりしました。結局、見送ることにしたのだけど、IBCさんと同じ放送をすることがなくて、むしろそれはいいのでは、と思えたりしたのでした。

e0033384_16515929.jpg


きのう、おととい、と。大船渡に行っておりました。
沿岸の人は本当に、たくましいと感じます。

私ができる形で。私なりに。
これからも、寄り添っていけたら☆
[PR]
by takahashichie | 2012-08-22 16:51 | 3月11日
↓いよいよ明日っ!↓

*8月19日 音楽の街で開催のイベントについてはコチラ




e0033384_024357.jpg


きのうからはじまった、山さんの個展に行ってきました!

山洋平

今はフランスに住みながら、独特の作品を生み出してる。ワタシが最初に山さんの作品でビビっときたのは、山さんが撮った、お月様の写真だった。

山さんの作品からは、不思議な力が、もらえる気がする。
作品の前に立つと、力が注入されるような。そんな、作品。

東京の表参道での個展は22日まで。
それから、岩手を中心とした北東北を個展で巡ります。

目の前にしてもらうと、分かると思う。
こういうのは直接、作品と対峙することが。
何よりの言葉を持つ。

e0033384_024417.jpg


帰りに。
多摩川の花火を見た☆

さぁて!
明日のタワレコイベントが楽しみで仕方ない。

EL SKUNK DI YAWDIE
RYUDEN
MAD BRIDGE
日食なつこ

EL SKUNK DI YAWDIE。もうこのブログでは必ず‘岩手の宝’って言ってる二人組。これ以上もこれ以下もない。

RYUDENは、ワタシがFM岩手での番組ラストの時、「Bon Voyage」って曲でどうしてもサヨナラしたいと思ったら、スタジオにギター担いで来てくれた。生で歌ってくれた。震災で地元・山田町が大変だった時なのに。

MAD BRIDGE。おしゃべりでは決してうまく伝えられなくても(あ、今はうまくなってるかも?)、音に乗せて熱い、熱い、コトバを刻む。

日食なつこ。日食ちゃんの放つ世界。言葉と音が、日食なつこ、という生身の人間のフィルターを通して表現される、唯一無二の世界。今、見ておいたほうがいい!

そんな4組のアーティストがライブを繰り広げます!
そして!
ちえぞうもアーティストさんと同じくらいの持ち時間があって(笑)、トークセッションします♪

「街と音楽とCD店」。
いま、ちえぞうが皆さんとお話しするのに的確なキーワードが繋がった感じ(自画自賛)!

いろいろ、あるよね…街の中のCD店でも、老舗中の老舗の盛岡・佐々木電気の閉店は。衝撃なんてもんじゃなかった。岩手に住む人なら、佐々木電気に行くことは憧れだったところがある人もいると思う。あとはこちらも随分前になくなったけど、レコードクラブとか。
そして。営業継続は決まったものの、初夏に勃発した盛岡のタワーレコード閉店騒動。

いしがきミュージックフェスティバル。今年もあるよ。やるよ。
マチナカに音が鳴り響く1日、今年は9月23日(日)!

そして。岩手県内では、昨年の震災の津波で大きな被害を受けた沿岸部の2カ所・宮古と大船渡にライブハウスができた!→コチラ

話すこと、話したいことは、いっぱいある。
でもね。
ちえぞうは、盛岡・岩手のみんながどう思ってるのか、直接。話をしながらやりとりできればいいな、って思ってる!
明日、とゆーか、もう今日ですが。是非。タワーレコード盛岡が入っている、イオンモール盛岡・セントラルコートに。
是非、いらしてください♪ 12時半〜スタートですっ(^^)!
[PR]
by takahashichie | 2012-08-19 01:02 | ほぼ毎日更新From ケータイ