「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

♪日々、コレ、ちえぞう♪

djchie.exblog.jp

「ぼくらが旅に出る理由」を2回歌った日にオザケンのライブに行けた。2012年。旅をしたい、もっと。 ↓ ローテンブルグで出会ったにゃんこ☆ ↓

<   2012年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

三ヶ月あれば、人間は一体、どんなことを成し得るのでしょう。
以前、FM岩手の番組「GOTTA FRIDAY」の企画で取り組んだことがあります。

番組を一緒に担当していた古賀アナウンサー(当時)は、ダイエット。ちえぞうは、韓国語。

しかし。
古賀さんはあれこれ、毎週、スポーツジムやら何やら体を張って取り組んでも、体重に変化はなく。ちえぞうは、韓国からの留学生・ユンちゃんに。不定期ながら、ハングルを教えてもらったが。「ちえさん、発音だけはイイですね〜」と言われるくらいのもんで、さーっぱり。そんで、なーんにも覚えてない(しかも買った参考書もあっさり捨てたもん。笑)。

しかし、しかし。
時は流れ、古賀さんは昔のロックスターよろしきヤセっぷりを見せ、現在50キロ台という、男性にしては痩せすぎ?なぐらいの体重になり(たぶん10キロ以上痩せてるのでは?)。
ちえぞうはひょんなことからの先月の韓国行き、から、戻ってから。韓国語を始めた。このペースで行くと秋くらい…3か月くらいで、日常会話くらいはできるようになってるような気がする。勉強してる言語で夢を見ると習得が近い、なんて言うけど。まさに、おととい見たのよねー(笑)!
まさにー!人は必要に迫られると、できんのよぉー(たぶん)!

時間はある。けど、時間は、ない。

e0033384_0352220.jpg


タイのお寺にて。
こうしてお花で頭をなでなーで、してきました☆
これでアタマ良くなってるに違いない(思い込め!)んで。明日も韓国語、がんばーる♪
(あと明日には、「韓国vsタイ」で、書いてないブログを書きたいぞ!)

いろんなことが簡単に発信できるようになって、いろんなことも匿名で言える世の中になって。その表現をどこでどの人が見ているか分からない。

韓国に行って考え方が変わったのは、韓国の人たちのすさまじい努力(をしてる人たち、であって、全ての人、ではない)に、自分も負けたくない、って思ったこと。
日本語をネイティブのように、街の人も片言くらいは喋れる人が、多い中。

同じ土俵に立ってモノ言うには。それ相応の努力をしないと、土俵には上がれない。

K-POPに対してモノ言う人を多く見かける。そしてそもそも実際、ワタシ自身が実は、好んでいるわけではないんだけれど。
韓国の人たちがしている(してきた)努力というのを、みすみす。見逃してしまってた。韓国に行くまで。
K-POP市場を国外で広げるには。ひいては、韓国の文化というのを、他国で受け入れられるようにするには。そうしてやってきた、努力が。積もり、つもって、今!な、訳で。

見返してやろうじゃないのー!
日本の音楽の良さを!!
イイ音楽が豊富すぎる国なんだぜー、ってことを、さー!!!

e0033384_0352275.jpg


時間はあるように見えて、時間は限りなく少ない。

ちえぞう、タイ語もやらなきゃイカンのよ(笑)。タイ人の親戚ができたもんで。
これまた、そんな親戚に会った去年。一度、タイ語をやってみようと思ったが挫折。でも、今、アジア圏の言葉を出来る限りできるようになろう、と思って。韓国行ったせいで、ね。笑。

ノーンラップファンディーナ☆
(いい夢見ろよ〜☆)r
[PR]
by takahashichie | 2012-06-26 01:10 | ♪♪たび♪♪
クリープハイプがマジでラブずっきゅん継続中♡
イノチミジカシコイセヨオトメ♪

今日の女子会は中止になりました。さすがに休肝日を設けよってことであろう。
イレギュラーにいろんな集まりがあったここ最近。

e0033384_2026319.jpg


某FM局の方&ライブハウス・ヘブンズロックの大ボスと食べたもの♪

この豚さんが珍しい品種なんだそうで。いやぁゼッピンでございました、これ。しゃぶしゃぶでも豚肉がとろけてしまうような豚肉なんて食べたことないもんなー。脂身のあまさといい、コレはマジ、ゼッピン!
なんでも日本には100頭しかいないらしい。この、梅小豚(メイシャントン)って品種!岩手の短角牛と同じような感じですよねー、この希少さ。

e0033384_20263169.jpg


渋谷にあるライブハウス・乙。
こちらの店長?じゃいあんさんと知り合いになりまして。
先日、岩手のバンド「Swanky Dogs」が最近コチラでライブをしたので、どんなんだったか話も聞きたかったし(たまたまちえぞう、岩手帰ってたときだったのよー)。
じゃいあんさん、褒めてましたー。これから伸びるだろう、って!

じゃいあんさんには、これから乙に寄ると1杯ビールを必ずゴチソウしてくれるっつう約束もとりつけました(笑)。
ありがたやー♪

e0033384_20263226.jpg


HINATABOCCOの昨年末の東京ライブの時。知り合った人の輪が大きくなってる。
顔に落書きされてるこのお方。まぁ言うたらラジオ関係の人。繋がるねぇ。嬉しいねぇ。

ちょーっと今、勝負なんスよちえぞう!

あした〜にはかわれ〜るやろか〜あしたには〜わらえるやろか〜♪
[PR]
by takahashichie | 2012-06-25 20:55 | ほぼ毎日更新From ケータイ
NUBO@F.A.D♪
10周年のお祝いは、NUBOの地元・横浜のライブハウスで!

e0033384_11503833.jpg


ゆかりあるバンドの競演でこの日のライブはソールドアウト。

ホントに。NUBOのライブは笑顔になっちゃう。なんでだろうねー。ついつい、気づくと。顔がニコニコしてる自分がいる。

自分がステージに立っている、F.A.Dで。その昔、ライブを見て。ライブってカッコいいなぁ、俺も音楽をやりたい!
って思って、NUBOは今に至ってる。その時カッコいい、って思ったのは。この日のライブにお祝いに来てくれたG-FREAK FACTORY。
出来すぎたくらいに、羨ましくなってしまうお話。

ライブハウスで自分の人生を決めて、日々、ライブハウスを駆け回るツアーバンドになって、もっともっと。ライブハウスは、楽しいところなんだ、ってのを。伝えようとしてる。ライブハウスは楽しく遊べるところなんだ、ってことを伝える、伝道師みたいな役目(笑)も果たしてるよね、NUBOは!
そしてこうして、全国津々浦々回るようになっても。揺るぎないもの。それは、地元が横浜だ、という自負!
そんな自負が漲ってるライブを見せてもらったよ、きのうは!

たぶんかなりのレアケースなんだけども、NUBOの曲は、これまで2回、FM岩手時代にパワープレイだったことがあって。
パーソナリティが投票制のパワープレイだったから、曲が訴えかけるものも、十分にあるバンド♪

きのうのライブ中の汗はハンパなかったなー。水しぶきがステージ上でびゅんびゅん、スプリンクラーが回ってるみたいだった、なんて言い方してもオーバーじゃないぐらいだったよ(笑)。
とにかく、とにかく。見て感じて、得られるパワーが十二分以上にあるバンド。そのパワーは、年齢とともに勢いを増してる気がする。あと、迷いみたいなものがなくなった感じがするなぁ。だから、堂々としてた、きのうは。

NUBO、お近くに来た時には、是非!
ライブハウスという空間で、いっしょに遊んでやってくださーい!
(年齢がどーのと言うよりも、純粋に単に、音楽が大好きな少年たち、って感じなので、ホントに。遊んで‘やって’という言い方が適してると思う、笑)



せっかく。
横浜・元町方面のライブハウスにお出かけだったので☆

e0033384_11503978.jpg


酒屋さんの中にある、スタンディングバーで。ライブ前に、1杯ひっかけるん♪
生ビールは、エビスのクリーミートップ!という、こだわりにこだわってる、アルコール類のみならず、おつまみも楽しめる。
粕漬けのチーズ&甘いミニトマトを頬張りながら。しばしの時間。

写真・ビールの後ろ。ずらっと並ぶ、お酒の中に。
「防空壕貯蔵」って書いてる日本酒を見つけた。

本当に、酒蔵の敷地内に。防空壕があって。
暗くて虫なんかもいるような建物らしいけど、そんな防空壕、が。日本酒の保存にとっても適していて、「防空壕貯蔵のお酒は、少しまろやかな味がするんです」と、お店の方曰く。

「ここの蔵元は、茅ヶ崎(神奈川)の駅から単線に乗って3駅くらいのところにあって、降りて10分くらい歩くんです。畑とかが連なるところを。でも、一度行ってみるといいと思いますよ、この防空壕も見せてもらえるはずですから。地元のお酒を知るっていうのも、いいことじゃないですか!」

近々、行ってみようと思います(^^)

そんな蔵元のHPを今、見たら。
社是「よっぱらいは日本を豊かにする。」

素敵すぎるー☆
[PR]
by takahashichie | 2012-06-24 12:20 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
きのうは。「何で‘大ボス’なの?」と聞かれましたが。笑。
埼玉・栃木でHeaven's Rockというライブハウスを展開するオーナー・つまりは大ボス&某FM局の方と。
こういう言い方も何ですが、ものすごく‘ためになる’席でした。食べた美味しいモノ、あとで写真のーせる♪

で。何で大ボスか、と言いますと。3店舗を経営するトップだから。笑

常々書いているように、喋り手としてのワタシ、の部分と言うのは。
宇都宮でヘブンズロック、盛岡でクラブチェンジ。
ライブハウスを通して、ライブハウスの人間を通して。作ってもらったと思っています。

ヘブンズロックの永久無料パスを持ってるのは、たぶんワタシだけです。笑

そんな。「ライブハウス」が。
今、岩手と宮城の沿岸部にできようとしています→東北ライブハウス大作戦

過日。
大船渡の建設現場にお邪魔してきましたん♪

e0033384_7102442.jpg


津波に襲われた土地。3階部分まで津波が襲ってきた跡が残る建物。

e0033384_7102557.jpg


この2階が、新たに、ライブハウスになる場所!
震災前までは、居酒屋さんが入っていたビルだそうで、1階は掘りごたつのようなスタイルの座席が生々しく残ってた。

e0033384_710258.jpg


この日の作業は「カウンター作り」!
通称・オキナワ棟梁の手作業で、ライブハウスが作られてる。

e0033384_710257.jpg


夕方、仕事終わりで、こうして手伝いに来る方も!
おらが街にみんなで手作業で。少しずつ、一つひとつ。ライブハウスが形になっていく(^^)

結局ワタシは、まさに。作業の‘邪魔’に行ったようなものでした。
スタートのことから、こうして実際に建設がはじまって。見えてくるもの。これから。
いろんな話、聞き始めたらキリがなかった。
「オレの話が長いから、ごめんね」と。帰りは実家まで2時間くらいの道のり、車で送ってくれたオキナワさん。

いずれにせよ。
何かを形にする、というのは。それはこうして実際、目に見える形にすることもそうだし、企画なんかの書面がちゃんと実現できたり、なんていうこととか、も。
形になった部分だけをどうしても見てしまうけど、どんなこと、でも。形になるまでの葛藤や失敗、乗り越えてきた難しいこと、など、など。
必ず、必ず。あるということだ。形になるものが大きければ大きいほど、そういう、乗り越えるものがいっぱい、いっぱい、あるんだ。

きのうの大ボス&FM局の方とのお話を聞いていて、あぁ、こんなセンパイ方でも今でもそんなことがいっぱい、ある!
ってね。改めて、思ったんだぁ。

どんな立場でも、どんなに歳を重ねても。どんな現場でも、どんなに人として優しかったり、いわゆる‘いい人’な人間でも。

何かを形にする時、というのは。
ものすごく、超えなくちゃいけないものが、いっぱい、ある。



東北に3カ所(岩手・宮古/大船渡、宮城・石巻)建設される、ライブハウス。
建設にあたって、それに伴ってのいろーんな、いろーーーーーーんな、思い、と、いうのが。
ぎゅうぎゅうに詰め込められたライブハウスになることでしょう。

少なくとも。こうして見てきた大船渡。春先にお邪魔して予定地を見せてもらった宮古。に関しては。
間違いなく、そんな場所になるはずです。

*大船渡の建設に関しては、いま、皆さんにお願いしていることもあるので是非、こちらへアクセス!→コチラ

e0033384_7102647.jpg


大船渡。
昨年5月に行って、見て。ビックリした時計。そのまんまです。時計の針が指すのは、大きな津波がやってきたまさにその時刻。

この付近は大船渡駅があったところです。駅はまるで、跡形もありません。線路が途中で切れてました。

地元の方にこんな話を聞きました。
震災の2週間くらい前。この付近(いわゆる駅前の繁華街)で、ちょうど日付が変わる頃〜深夜。
カラスが200〜300羽くらい。電線を埋め尽くして、夜中に。カーカー、カーカー。それはそれは、うるさく鳴いてたんだそうです。
カラスが夜に鳴くなんて。なんだか不気味だねぇ。口々に、地元の人はそう言ってたそうです。そんな光景は数日続いたって言ってたかな。
はた、と。カラスの夜鳴きが終わって。数日後。あれは3月の9日ですね。大きな地震があった。津波注意報(だったと思う)が出た。けど、津波の被害はなかった。「あぁ、カラスはこのお知らせだったんだね」と思った、って言う。
本当に大きな津波が来たのは、その2日後だった。

e0033384_7102671.jpg


大船渡へ向かう途中。陸前高田を通って行くバスの車窓から見えた、一本松。
すうっと立つそのシルエットからは、不思議と、希望と勇気がもらえる感じがしました。

さぁ、やってこっ。今日も!
大ボスから頂いた言葉「希望は、失望に終わることはない」を胸に☆
[PR]
by takahashichie | 2012-06-22 08:01 | ほぼ毎日更新From ケータイ
正式発表があったのでコチラをご覧ください。

はぁ。

e0033384_1391588.jpg


何にせよ。
8月19日に。盛岡で何かあるんで。これくらいいいっしょ?ごめん、ちえぞうは、全ての、すべての発表後にする、って、約束したけど。
とにかくこの日の音楽好きの全ての皆さんのスケジュールは早く押さえなきゃ!

詳細はともかく。この日の日中、を。
皆さんの、自由時間、を。ワレワレに。ください!

「ちえさんが何を思うか分からんが、好きなバンドTシャツ着て行こうと思った」…っていう、ツイッターのつぶやきを見た、だけで。
泣いてしまったワタシを許してください。

こういう感覚。

脱・年相応、って、つぶやきをくれた。ユーケスくん!
やっぱし出会いは、おんなじ場。CDショップだった、気がするよ!

つうこと、で!
ちえぞう、8月19日も。よっぽど寒くない限り、こここ2日こうしてる、こんな感じの生足スタイルで行くから(笑)!よろしくねっ!!

ちなみに上のTシャツは、さんざん、さんざん、書いてる。岩手の宝・EL SKUNK DI YAWDIEのTシャツだよーん♪
胸ポケ見ただけでも、オサレだろ〜☆
[PR]
by takahashichie | 2012-06-21 01:55 | ほぼ毎日更新From ケータイ
きのうは。
SPACE SHOWER TVに初潜入♪

これもきのう言われて、あぁそうでしたっけ?って感じなのですが。
ちえぞう、昨年のNANO-MUGEN FESTIVALで。発行されたばかりの「The Future Times(←自分自身がどういう意見を持つのか、という指針を得る手だての一つとして、是非たっくさんの方に一読してほしい)」のパネル展示を見てた時、のこと。

スペシャさんのインタビューを受けたんですね〜そこで編集作業を通してワタシの顔を覚えていたというM氏〜盛岡のいしがきミュージックフェスティバルで、取材に来ていたM氏に声をかけられ〜以来いろんなライブ会場などでバッタリ

ってな感じなんス。いやぁ世の中わからないとは良く言いますが、ホントにそうですなーん。笑♪

その、M氏を訪ねてお邪魔してきたわけなんです☆

M氏といろいろと、こういう意味では初めてゆっくり話をしたのですが。
いやぁ…とってもバランス感覚があって、許容範囲がものすごく広かった。あぁこの感じ、ちえぞうには欠けてた、って。
どうしても、こう、こう、こう、と…字面でうまく表現できないんだけど、鉛筆の芯がどんどん尖ってくような。モノの見方をしてしまってたのが、どうにも、ワタシ、考えがまとまらない原因だったのか、と。M氏の場合はそんな感じで例えるなら、鉛筆の芯は太っといままなんだよね。太いから、字はトーゼン書けるけど、それも太字はモチロン鉛筆を寝かせて細字にするのも可能だし、黒塗りするのもラクだし、うん、何つか、そんな感じ!芯が細いと、黒塗りするのも時間かかるじゃん(笑)?

なんですわ☆

まっもっとシンプルに言うなら、やりたいこと、に純粋に向かって行くとそれしか見えなくなってそれにがんじがらめになってしまってた自分、って言うか。

それが、分かったカンジ☆

e0033384_79117.jpg


M氏にはゴチソウせにゃいかんな〜、まっちえぞうお約束の出世払いでね(笑)。

そんなわけで。ひーさしぶりに六本木に行きました。東京タワーを間近でひーさしぶりに見ました。もっと暗くなったら、青い光が点されてた東京タワー。
台風の接近などおかまいなしの東京の道路。車がびゅんびゅん。

スガシカオさんの曲に「光の川」というタイトルのものがある。
たぶん、この辺りのこの雰囲気が曲の中のシチュエーションのイメージになってるんじゃないかな、って。きのう勝手に思った。
連なる車のライトも「光の川」なんて表現すると美しいよね☆
[PR]
by takahashichie | 2012-06-20 07:37 | ほぼ毎日更新From ケータイ
いやぁ。病み上がってさすがに身体もアルコールを欲してきたような気がしたので。
伸び伸びになっていた、某ラジオ局の人間とのサシ飲みをきのう決行!

きのうは面白すぎました。すべてにおいて。

e0033384_1118516.jpg


自由が丘の駅、ほど近く。こんな呑み屋が集まる横丁ができてたー。えー?
つうことで、この中のお店をハシゴしよう、っつう計画にて。

1軒目。「‘ジャケ買い’は、もはや死語か」っつう話題をしていたところ。
おかみが食いついてきた。「え?今はどんな買い方がジャケ買いに取って代わってるんですか??」

うーん…
唸る…

ワタシと同世代もしくはちょっと上に見えるおかみ。渋谷のWAVE…くぅー、なっつかしいね!そう、WAVEで。よーく、レコードを‘ジャケ買い’してたんだそーです。そしてワレワレも「え?」というバンド名をおかみに口にされる。うーん、ただの横丁の居酒屋じゃないなー。通い決定(笑)!

e0033384_1118528.jpg


2軒目。
「福寿」というお店にて。マスターとパチ(ブレてるのは撮ってくれた人も酔っぱらってるってことですな、笑)☆

まぁラジオ局員との飲みですし。トーゼン、ラジオの話にもなるってもんで。
そしたら、カウンターの(マスターではない、笑)カワイイ、バイトちゃん?の女子が。

「ラジオの仕事してるんですか?」と。

で。
「私、大阪にいたときは802をよく聞いてたんですー。でも、東京来てからは、全っ然。聞くとしたら、インターネットでイギリスのラジオしか…」

なんで?って聞いたら、
「こっちのラジオは、音楽があまり聞けないから」

やっぱしねー。うんうん。わかるよー!

局の人間としてのジレンマ。フリーの立場で、東京で理想を形にすることの難しさ。
「こういう時代だからこそ、ロックで。いろんなこと切り開いていけるのにねー!」って話して、おぉ、そーだそーだ!と加勢して盛り上がれても、リアルな、現状の体制には。それぞれ、おのおのの立場で。打ち砕くのが難しい壁が見えたりする。

でもさー。ちえぞうは思ったよ。そうだよなぁー、ひるんでられないよなぁー、と!
(つうことで今日もこれから、某所へアドバイスを仰ぎに行きます。笑)
あの当時、ハイスタがやったことってすごかったんだなぁ、って。そうやって、崩してやってきた先人(ってハイスタの面々はまだ現役だけど)ってのが、ちゃんと、ちゃーんと。いるわけで。そのラジオ局員のヒーローだからさ、ハイスタは♪

まぁ、いろいろあるんです。ちえぞうも。ホントにいろいろ書いたらキリがないくらいいろんなことを感じています。
でも、きのう飲んだ彼みたいな人間がいるのは、ちょっと心強い。ワタシだっていつか追いつかなくなる、いや、もう追いついてるとは言えないのかもしれないけど、も、彼のように、今の音楽的な部分がすごく好きで、理解がある人間が、放送局の人間としているかどうか、というのは。とても大事なこと、なわけ、で☆

(ところでブレた写真ではありますが、ちえぞう、やっぱし、似てません?ある人に言われて以来、「皿田きのこ」ちゃんに似てると思うのですー。つうか、もうそんな気でいます。最近、きのこちゃんがカワイく見えて仕方ありませぬ♪…って、世代ですなぁ…もう分からない世代も多いんだろうなぁ、きのこちゃん→コチラ

e0033384_11185214.jpg


「横丁で飲んでたら 隣の人が キングのカードをくれたよ」的なつぶやきを。ツイッターで彼はしてましたが。
ホントです。ほれ、コレ!「お守りに」と…そんな彼のつぶやきの続き、を。ちえぞうが紡ぐなら…

横丁で飲んでたら 隣の隣には Jリーガーがいたんだよ そのチームの方に サイン入りのカードをもらって「ヨロシク!」って言われたよ iPhone使って お店でみんなで カラオケ大会になったよ

いやぁなんだったんだ昨日?つうかあるんか、こんなこと!?
試合に来てくださいね!!とお呼びいただきましたし(マジ!)!

しかし昨日は、これでは終わらなかった…

外に出るってやっぱしオモロイなぁ〜と。ほにょり、ふらりと家路を歩いていたら。

びゅーん!

あれは何だったんだろう?

こぶしを小さくしたような大きさの火のような光が、びゅーん!と。
ちえぞうの目の前を過ぎてって、建物の間に消えていった。

結局、あんまり寝られなかった。何だったんだろう、あれ?流れ星にしてはでっかいな〜、なんて思うぐらいの時間もあったからなぁ。
そしたら朝イチで知人がこのニュースを教えてくれた→コチラ。あー、ほー、ふーん…腑に落ちるような、落ちないような☆

キングのカード。
火の玉みたいな流れ星でない光。
嬉しすぎて書けない、最近見たいい夢。

ちえぞうの三種の神器が、きのう揃ったってことかな(神器、か?笑)!?
[PR]
by takahashichie | 2012-06-19 12:02 | ほぼ毎日更新From ケータイ
おぉ!
そうじゃん!?

e0033384_18581097.jpg


楽天がホームゲームだったので、ひとりKスタにゴー♪
「セ界制覇」って看板が奥に見えるように、まーさーに!交流戦中ってことで、広島との試合!

しっかしKスタはいい球場だなぁ。外野の自由席は椅子なしでシート広げてごろんと見られるところ!
それだけじゃない。Edyって電子マネーを使うと、生ビールが100円引き(650円→550円)になる。これはデカい!し、球場外の出店も賑やかで子どもたちも飽きないような出し物的なのもあったり、球場で働く人たちのホスピタリティがまーた、すっごく◎!地元の球団、っていう応援感みたいなのが、働いてる人たちにもあるからなんだろうなぁ、根底に。東京ドームで野球見ても感じることのない感じ、ね♪

e0033384_18581047.jpg


宮城の手作りソーセージ「とんたろう」のソーセージに舌鼓!
これがメッチャ、うまかった…ビールがすすむすすむ。ただのソーセージじゃないのよー、これ。「牡蠣」が練り込まれているソーセージ、でして…噛むごとに、じゅわっ、っと。牡蠣のエキスが口の中に〜♪♪♪
そんでなぜかこちらの社長さんと話が合い?今、メールのやりとりをしています(マジです、笑)☆

e0033384_18581044.jpg


今シーズン初!!
7回のこのシーン、しかと生で見ることができたぜ!!
そしてこの日の試合は見事、楽天勝利!!!

つうことでー。おっちゃんとガソリン注入前からちょい飲みしてました。笑。
でもこの日は、明るいうちから飲むのがとってもキモチの良い1日でありましてん♪

e0033384_18581034.jpg


ライブの翌日。
通称・社長とお昼ゴハン。

社長曰く、ライブハウスの「Rensa」という名前は。この土地がその昔「東一連鎖街」という、呑み屋さんを中心とした街並みが形成されていて、その‘連鎖’から由来してるのではないか、と…

そうだ。そーだった!

ちえぞうが仙台でひとり飲みデビューしたのは、このエリアにあった「時浪屋」ってお店だった!時が流れて、記憶からちょっと忘れかけてたけど…そうだった、うん、そーだった!
宇都宮から盛岡に行く途中(その逆もあり)、しょっちゅう仙台で途中下車してライブを見て、たのはいいんだけども、仙台で知り合いもいなくって、お?って思って…このエリアだったら一人でも行けるかも!?って、思って。飛び込んだんだった!

そうだった…懐っつかしい☆
あったー、コレだっ!
しっばらくごぶさたしてるけど、ベガルタ仙台のサポーターのバーも最初はここにあったんだよね、そうだった!ヘーさんゲンキかな!?

e0033384_18581112.jpg


「ちえさんぐらいの年齢の人が、通称・社長とご一緒してるっつうのは、なかなか珍しいですよ」と。某イベンターさんに言われましたが。
通称・社長とは。仙台の、その名?も「社会生活不適合者が集う喫茶店」が。出会い、です。笑。
平日の真っ昼間から、喫茶店で何時間もマスターと話してる人がいる、っつうのが、そう呼ばれる所以。

モチロン、その喫茶店にも行ってしばし、まったり。ライブハウス大作戦の相談もさせてもらってる。
そんなライブハウス大作戦の現場にも行ってきましたー、あとで書くねん!

通称・社長がくれた。浜田真理子さんのCD。
真理子さんの歌を、喫茶店にある、それはそれは素晴らしい、オーディオで。聞いてたら。涙をこらえるのに必死だった。

真理子さん、大好きだぁ。真理子さんに、会いたくなった。
思い出して今日は、真理子さんばっかり、聞いてた。

仙台。不思議なご縁がいっぱいある街なんです。ちえぞうにとって☆
[PR]
by takahashichie | 2012-06-18 19:32 | ほぼ毎日更新From ケータイ
ひゃー。ここ数年でいっちばんヒドい風邪(仕方なく認めた)に見舞われ先週後半はムダに過ごした…いやぁ情けないったら。
こっち出てきて、ノドが痛いとか(お?と思ったら早い時点で病院に行くようにしてる)異変を感じたらすぐ行く耳鼻咽喉科の先生に、「(ちょっと今回、立て続けにノドやられたんで)やっぱし東京の風が合わないんスかねー(たまたまお医者殿が昔、岩手の磐井病院で勤務されていたことがあるとかで一気に打ち解けた)?」と問うたら「それはない!こっちのほうがあったかいんだから」とバッサリ。

そーすか…自己管理のなさッスよねー…そーっすよねー…(~_~;)

皆サマもお気をつけください☆

そんなわけで2週間も経つんですか、あれから。

e0033384_1194736.jpg


このブログで「おっちゃん」と称する、エラい人。それ以前に、考え方とか生き方が好きなんですね。
恋愛として好きになるかというとちょっと別なのだが(うん、それはちょっと、ないな、笑)、人間としてすっごく好きで、こんな人になりたいな、と。思う方。
とっことんポジティブでさ、とっことん。現実の、今の状況の中から最大の面白さを探す人。

いろいろあって!
そんなおっちゃんと、UNISON SQUARE GARDEN×THE BACK HORNっつう、仙台でのレアな対バンを見に行く♪

しかし!
「ライブ前にガソリン注入しないとね〜」by おっちゃん

が!
日曜の午後4時なんてホントに居酒屋さんが開いてない(笑)!
東北一の繁華街と言われる、仙台・国分町をけっこう歩いたが、だいぶ全滅!

そこで今流行の?たこ焼き屋さんでビール&ハイボールをまずはガソリンに!

e0033384_1194710.jpg


ライブがそろそろ始まりそうだったがもう1軒移動して、なんだかよく分からんお店オリジナルの「冒険ハイボール」なるガソリンを更に注入(お代わりで‘大’冒険ハイボール、なるものまで行ったような…薄い記憶…)!
これ完全な飲みパターンだなぁ…というわけで、結構。ガソリン満タン近い状態でライブハウス「Rensa」へ♪

お客さんの層が意外に若くて…(たぶん)前がきゅうきゅうになることもなく、ほどよい間隔で。
ユニゾンは、バックホーンにすっごくいい刺激を受けてライブをできていたような気がする。いつもとは違う、何か、が。出てた感じ。こういうの、って。いいなぁ。先週のトライセラとサラバーズのliveみたいな感じで、先輩の胸を借りて、先輩の前で、堂々と、みたいなの。こういうのって、音楽の舞台でもちゃーんと、あるもんなんだよね、うん(^^)
記憶では、ちえぞうの好きな「フルカラープログラム」も演ってくれた記憶…が(笑)。ベースの田淵さんが、最後バク転してたような記憶…が(これって良き夜だから出たんだと思うんだなぁ)。

おっちゃんには、今のユニゾン、見てもらいたかったんだー。うん。

そんなおっちゃんは、バックホーンは今年のアラバキでも見たそうなんで。飲みながら、ハゲの話とか隠居の話とかそんなんばっかだった中(いや字面だけ見ると何だが、有意義な話だぞ、笑)、ユニゾンとバックホーンの話にもなって。
どっちのバンドも、結論としては、すっごく真面目だなぁ、と。音に対して、マジメすぎるくらい真面目なバンドだなぁ、と。
バックホーンは、なんか分からないけれど、どんどん、命が宿っていくバンドだなぁ、って。思った。「リヴスコール」ってタイトル、‘リヴ スコール’で切っても、‘リヴス コール’で切っても。どっちでもいい、みたいな話を雑誌?で読んだのもあって、いずれにせよ、これから。生命が、吹き込まれていくバンドなんじゃないか、これから、って。ライブ見て新しいアルバム聞いて不思議と、余計にそう思った。
そんな話もした、ような?

バックホーンにも、ユニゾンにも。
これからもずーっと、音を鳴らし続けて行ってほしい。シンプルに、そんなことを思った夜☆

e0033384_1194729.jpg


「ちえさんが肩出した服着てるのなんか見たことないんですけどー?さてはおっちゃん(←とは言ってない、念のため)と一緒だからかー?」と、ユニゾンのたかおくんに小バカにされつつ。いやぁ見る人によってはやっぱしイイのねこの服?去年「あっぱっぱーやん(by まどんこ大将)」と、ある意味別な意味、で、小バカにされてた服なのに。笑。
なぜか仙台では人気?だった。

最終的に行ったこちらのバー。岩手の宝、と呼んでるEL SKUNK DI YAWDIEの2人がずーっとお世話になってる、って聞いてて。行ってみたかった。
お邪魔して2人の話したら、あっという間にお客さんも囲んで話す展開になった。そんで服、ホメられた(笑)。
そんでセッションが始まった。時間は夜の2時くらい?
コチラ、とっても素敵…というと簡単なので、なんというか、土くさい、骨から音のニオイがする。そんなバーでした。これから、仙台行ったら必ずお邪魔すると思う。「VOLZ BAR」というバーです♪

ユニゾン。変でオモろくて、ユニゾンにしか歌えない世界を、最近になって、ユニゾンにしか描けないliveもするようになってきたとつくづく思う。ユニゾンにも、震災あと。個人的にとっても感謝があるバンドの1つ。ワタシを支えてくれたと思ってる。新譜が届いた時にぶわーっと、涙が出たの、忘れない。あぁこれが早く日常になりますように、って。あの時。どれだけ思ったか。

そんなこの日唯一、チョー残念だったのは。
Rensaというライブハウスの音響かなー。うーん…
[PR]
by takahashichie | 2012-06-18 12:10 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
あと、先週は。こんなライブも♪

e0033384_19404857.jpg


いい組み合わせ!
どちらもお初でしたのでチョー楽しみ。特に「ねごと」のほうは、結構アルバムを家でも聞いたりしてて。
実際どんなライブするかとっても楽しみだった♪

ただ、ふわっふわしてて、かわいらしいイメージを勝手に持っていたんだけれども。実際、は。かわいらしい鍵盤ボーカル&ドラム、言うならばカッコいい系のギター&ベースの2対2に分かれる、そんなバンドだった。
ほぉー☆
その成り立ちがなかなか面白いな、と。

みんな白い、ちょっとパジャマふうにも見える、ふんわりとした衣装を着ていたのですが、「汗」というものを(特にかわいらしい2人チーム)知らんのではないか??そもそも「汗」なんて、かかないのではないか??
というぐらい、見ていて爽やか爽やか、で、おりました…

脱力してしまうMCも彼女たちなら許されますな♪
いい意味で、全てにおいて、別の生き物を見ているようなライブでありました…新しい存在でしたなー。ただのガールズバンドじゃなかった。

「ねごと」って名前も、三文字のバンド名はインパクトがあろう、と…「くるり」に、「ミドリ」に、「ねごと」、と。続きたかった、というようなMCをしてまして。ですねー、ミドリの後藤まりこサマですよ。ソロですよ。初体験☆

しっかしミドリの頃に比べると「美しく」なった感じがする。美形なんだなー、って。失礼ながら、この時初めてそう認識。
しっかしスカートたくし上げたりスカートながらダイブしたり。お客さんに支えてもらいながら歌ったり。
ミドリの時と変わらず健在でございましたわ♪

ウッドベースと鍵盤の(演奏での)破壊力も相まってやっぱし、ミドリってバンドはすごかったもんなぁ。ドラムを客席に下ろして叩き始めてびっくりしたのもミドリだったよーな。見てて気持ちよかったなぁ、1回1回、が。ホントどんなライブするんだろ?って感じだったもんね。

まりこサマはソロデビューをするそうだが、出来てくる音源、楽しみです☆そんな音源を、踏まえて。
ライブ、ミドリの時とどうしても比較してしまうのだけど、ミドリとは別、と思って、見て、感じなくっちゃいけないんだろうなー。うん。

e0033384_1940484.jpg


沖縄ナイトは濃いんだよ。笑。
つうことで沖縄のバンドの集まりにも顔を出してきました♪

前の時もそうだった気がするけど、Shelterではいつもはないはずのメニュー「泡盛 300円」が提供されておった。さすが。
ついつい飲んでしまいがちなこのお値段も魅力的☆

沖縄ってところはやっぱり繋がりが強い県なんだなぁ。たぶん、ね。おんなじように、「岩手ナイト」的に、仮に岩手のバンドがいくつか集まってライブをしたとしても、こんなに人が集まらないような気がする。バンドの人気のあるなしは全く関係ないもん。沖縄の人は「沖縄のバンドが集まってライブするっぽいから行こうよ」みたいな感じで。どんなバンドかは関係なく、こうして県人会みたいに集まって来ちゃうような、そんな気質を感じる。

そして先輩と後輩、縦と横の繋がりってのがどうしてこんなにしっかりある土地なんだろう。
それぞれのバンドのMCを聞いていてもそう思わされて仕方ない。

会場では、え?と思う意外な面々にも会えて、予定よりも帰りが遅くなってしまった。そんな帰り道、ずーっと口ずさんでしまったのは。この日のライブ、トリを務めたオズの「ライオン」って曲♪

‘できるかじゃなくて やるかやらないか♪♪♪’
[PR]
by takahashichie | 2012-06-14 20:27 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪