ブログトップ

♪日々、コレ、ちえぞう♪

djchie.exblog.jp

「ぼくらが旅に出る理由」を2回歌った日にオザケンのライブに行けた。2012年。旅をしたい、もっと。 ↓ ローテンブルグで出会ったにゃんこ☆ ↓

<   2012年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

なんっって、笑ったのが懐かしい。

e0033384_221147.jpg


岩手にて。身近なところに、2月24日生まれが3人いました。
・岩手の宝こと・EL SKUNK DI YAWDIE、ショウくん(左)
・FM岩手の隠れキャラ・技術、前田さん(60代)
・ちえぞう

いっつもすっごくサービスしてもてなしてくれる鴨富亭・トミさんが写真真ん中。
前田さんが入れたボトルもまだトミさんところにまだあるはず、だ!
2・24は過ぎたけど、必ずや、また3人+αでにぎやかに、トミさんところに行こう(^^)!

そんなことを、思い出しながら。

改めて、ツイッターなどでメッセージをくださった方々、ありがとうございました!
今年は、嬉しい、というのとは違う、なんとも言えない感情が占めていたバースデイでした。これがなんとも言えませんが、本当に。
とっても、不思議な感覚でした。ワタシ、いま、岩手でも栃木でも喋ってないのに、なんでこんなに…
ありがたいことです☆

今年のバースデイはね。夢がひとっつ、叶ったよ。

e0033384_2211542.jpg


山下達郎さんのライブに行ってましたー♪
達郎さんが「ホーム」というホールで見られるというのもまたシアワセなこと☆

ちょっと毒も含んだトークを展開しつつ必ず「シャレですから、シャレ」でシメるという(笑)。

ほぼオンタイムの18時半にスタートして、終わってみれば22時近く!?
ところがそれ以上の時間が流れたかのような、それはそれは、濃密な時間だった。

達郎さんがギターを弾く手と腕は神のよう。おおはた雄一さんとか、他にもすごい手のギター弾きっているけど、すごい、の質がちがう。
自然に流れるまま動いているかのような、あの手の動き。神だ。

(以下、もしもこれから達郎さんのライブに行く方は読まないほうがいいかも)

もう今回は、何度か涙を流してしまいました。達郎さんも働き盛りと一般的に言われる年の頃に、暗闇の中にいたということ。達郎さんですらそんな時があって、それで今はこうしてライブを毎年楽しめるようになり、来年には還暦を迎える年齢に達するということ。

「希望という名の光」は。いくつになっても、誰にでも。暗闇を歩いていれば必ず、射し込む時というのはやってくるのですね。希望を探し求めて、ただもがくだけしかできなくて、ただただ、やり過ごしていて日々が過ぎていたとしても。
その気持ちさえ、あれば。

そんなことを、達郎さんのお話を通して、思わされました。

しかし達郎さん、中野サンプラザで初めてライブをしたのが「Ride on Time」のリリースの頃で、30年以上前!?
ギター弾く手もそうだけど、恐るべしはあのボイスも然り!!!
一度ライブを見ると、達郎さんがホールにこだわってライブを続けているというのもよく分かるというものです。

今回の達郎さんのライブは、‘活力’みたいなのをもらえた方が、いっぱいいるような気がするなぁ(^^)



達郎さん濃密ライブの後は、某レコード会社の方にお祝い(笑)をしてもらいました@中野♪
中野ではなかなか飲む機会がないので、それだけでもう新鮮!
写真がまるでありませんが、まぁなんてシアワセなことでしょう。ありがとうございまする☆

あ、あと。おまけ。

e0033384_2211585.jpg


この前の日曜は、日本酒で祝ってもらいましてー。「乾坤一 (けんこんいち)」というお酒を飲みつくしましたん♪
もうかれこれ10年近いつきあいの、トモちゃん(写真真ん中)、「日本酒って、たまらないよね〜…すごいよ、ねぇ!」

同意!
だって、お米だけでいろんな味わいが出るんだもん♪

これ、3人とも、持ってる種類が違うのさー!
わっかるかな?

e0033384_2211670.jpg


ぬる燗でひたすら頂いた夜。ぬる燗ならちえぞうおススメはいっちばん右はじかな?

宮城のお酒。蔵は今年で創業300年を迎える。が、やはり。震災の被害はとてもとても、大きかった。
梁などは残したまま蔵の修繕をしつつ、お酒の仕込みもはじめられたそうである。

トモちゃんのお店では、1合あたり、60円(ん?80円だっけ?)を、こちらの蔵に寄付している。
まだまだ、まだまだ。これから!
飲める口実ができた!という呑ん兵衛党の皆サマ、それでいいと思うの!飲むことだって、立派な支援だ(イエス)!!

とゆーことで!今年も飲みまーっす!!!
[PR]
by takahashichie | 2012-02-29 23:00 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
ビクターさんのADと呼ばれるセクションで、新人の発掘・育成をしているのですが。
そのチームの、お披露目したいアーティストのタマゴちゃんたちを見ることができるイベント。

e0033384_10151493.jpg


今回は会場が渋谷のduo♪
前回に比べて雰囲気はコンベンションっぽい!

今回も8組の精鋭たちが3曲ずつ。ドリンク代払えば入場できるというイベントなので、一般の方もいるんですが、やっぱり関係者が多くて。明らかにギョーカイ的な隣の方、一生懸命メモしてるのを「なるほどー」とチラ見しながら楽しんだちえぞう(笑)。

個人的には、北海道から来たという「メロウデゥ」がちょっと気になる。Salyuさんをもうちょっと小ぎれいにした感じ(誤解しないでほしいが、ワタシはSalyuさんの今のあの感じ、透き通ってるのにちょっとささくれがある感じ、が、とっても好きである)のピアノボーカル含め3人編成。この先どういう方向の音を生んでくれるかによって、ちえぞうは好きになるかも。

韓国からきた男の子、アメリカやカナダ出身の外国人もいるメンバーで結成は千葉というバンドとか。
多彩な8組の競演でした♪

で!
今回、MCをしたのは、この方じゃ!

e0033384_10151411.jpg


フカミたいひょー(←大将/ビクターADチーム)!!!
お疲れちゃん、の図☆

まさかの大将、赤の蝶ネクタイ(笑)!正装!似合う!!
大将が登場するたびにいちいちクスクスしてたのは他ならぬちえぞうです。いやぁいろんな意味でいいモン見られた夜でありんした♪
[PR]
by takahashichie | 2012-02-28 10:15 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
そーだそーだ。デビロック行って思い出した。今年の年越しはこの場所、幕張だったんだー。

e0033384_13315240.jpg


きらっきら美しい入り口。
角度変えるとまたこんな感じできらっきら☆

e0033384_13315228.jpg


ユニゾン(UNISON SQUARE GARDEN)のことだけは書いたんだけど、他のバンドもいーっぱい見て新しい年迎えたよん♪

デビロックでもちゃーんと見たけど、バックホーンはやっぱすごいなー。音の密度がすっごく濃い、って言えばいいのか。そういうのを音圧っていうの?空間の中での音の鳴り方と響き方が、そのステージで見た他のバンドとは全然違う感じがした。
そしてやっぱりベースの音にきゅんきゅんする(お約束)♡

続けて見た、怒髪天にはうっかり泣いてしまう。こういうのをちゃんと書いとくためにさっさと書かなくちゃいけないわけで(ということでMCの内容が断片的にしか覚えていないのだが)…とにかく、「生きていてこそ」ということを、強く感じさせるMCとライブだった。ワタシはまた怒髪天のライブを見に行きたい。だから、辛いことがあっても、ゼッタイ生きて、ゼッタイライブに行く!みたいな。

ソイル(SOIL&'PIMP'SESSIONS)、前に行って踊りすぎた。体力消耗(笑)。在日ファンクがちら見だったのは残念。もうちょっとちゃんと見たい。あと何見たっけ?あ、中川しょこたんはまさかの入場規制で全く見られず(!)、深夜3時くらいに見たsmorgasがやっぱり良くって。スモーガスはライブ的にはワタシの原点だからなぁ。ドラムがあらきゆうこさんでホッとしたし、復活ライブの時ちえぞうもちゃんと買った「blow the wind again」Tシャツ、あらきさんがちゃんと着てたのも、なんか嬉しかった。

年越しライブはソウルフラワーユニオンでした。「満月の夕」をもしも演ってくれたら、もう、それで。満足。
と思っていたら。本当に。カウントダウンをして、年明けて、すぐに演奏した曲は、この曲でした。
もう、ぐすぐす…って、今も書きながら、涙止まんなくなってしまいました。ダメだぁ。思い出さないわけがない。
でも、それと同時に、進んでいかなくちゃ、と。不思議にすっごく前向きに、よっしゃぁ!って、みるみるゲンキにも、なりました。
年明け早々、あの感覚はとっても不思議。

e0033384_13315246.jpg


岩手の音楽好き、リスナーさんにも会場で会えたよ!
そんな彼に撮ってもらったバドガールとの1枚(笑)♪

これまた不思議と、必ず。フェスとかでは誰かに会ったり、声かけられたり。嬉しいですなん。
今年も、これからも。生きてる限り、会っていこうぞ!
ホントに声かけてね、ちえぞうなんて、ただのヨッパライだから。

そうそう、声をかけられる、と言えば!

e0033384_13315239.jpg


出演者さんたちがくつろぐラウンジスペースにて。

その①クーボさん
「あれ〜高橋さんじゃねっすかぁ〜」と、あの釜石弁で(笑)。いやぁこんなところでお目にかかれるとは!?
岩手・釜石が誇るレゲエベーシスト・KUUBOさん、leccaバンドの一員としてジャパンに参戦とのことでした♪
はじめてクーボさんの奥サマにも(右)お目にかかる。いろんなことがあった年でしたね、なんてことを振り返る。期せずして、こんな場所で。
震災後、はじめて沿岸部に行った時には、クーボさんと一緒に回った。これからも、クーボさんと共に。

その②太陽と虎・松原氏
チェンジ(盛岡のライブハウスね)では今ごろ年越しソバ振る舞ってるんだろうな〜なんて思いながら。年越しソバを食べていたら…
「何やっと〜ん」つう素っ頓狂な声を上げ、爆笑する主。つうかアナタこそ何しに来てんのさ!?って感じだったんですが、eggbrainというバンドについて来てた、とのことで…「つうことで、見てよ、2時(深夜のね)過ぎやから!ちゃんとライブ見てな!」
そんなわけでまさかの。ソウルフラワー後も居残ってライブ見続けたわけですよ。あい。
ちなみに太陽と虎ってのは神戸のライブハウスです⇨コチラ

あとはプチ酔っぱらった勢いでSPECIAL OTHERSに声をかける(面識ナシ)。またいしがきミュージックフェスティバル行きたい!呼んで!と言われましたよーん。関係各位ヨロシク☆

e0033384_13315310.jpg


毎年、会場で販売されてるアーティストにちなんだカクテル。こちらユニゾンをイメージしたカクテルとのことで、その名も「オリオンスター」♪

家に着く頃には明るくなってましたーん。そういえば。
いいスタートでしたーん、ことし、2012年(^^)!



いま、改めて。満月の夕を聞いていました。
あの震災からちょうど、1週間後。金曜は、番組タイトルを戻して、枠の中での放送をしました。
そしてその日、午後2時46分に無音での黙祷を捧げ、番組の最後にお届けした曲は、リクエストをいただいた、この曲でした。忘れません。

もうすぐ1年。時間は刻んでいるですね、確実に。日々を。
ちえぞうも、岩手に戻ります。
[PR]
by takahashichie | 2012-02-27 15:16 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
DEVILOCKのイベント。今日は2日目、開催まっただ中で盛り上がってるだろうな~♪

そそ、そ。きのう、ね!

e0033384_14461779.jpg


たまにこのブログで「宇都宮の音楽バカ」で登場している、ホントに音楽バカ共が。
今回、このイベントのケータリングとして、出演者やスタッフにお食事を提供することになりましてん☆
コチラしゅんくん。
(彼らとは。ワタシがFM栃木で番組を担当している時に「ベリテンライブ」に出店したい!って話が盛り上がって、かき氷屋さんを出店したの。その時に監修をしてくださったお弁当屋さんで、つきあいが始まった。去年はフジロックだったり、で、今や、毎年何かしらフェスとかに一緒に行く仲間)

そんなわけで冷やかしに行ったつもりが。なぜかちえぞうもお手伝いに!

「何やってんのぉ~」と笑いながら入ってきたヒダカ(トオル)さん。ライブ終わりにやってきたモーサム(MO'SOME TONEBENDER)に思わず「大ファンです」と言えたこと。バックホーンの菅波さんは「うまそ~」をチョー連呼してくれてたし、BACK DROP BOMBのメンバーさんはあまりの明るいテンションに思わず大盛りサービス。

など、など。まぁ、いろんなことがあって、面白かったかな♪

きのうのメニューはこんなだよ。

e0033384_14461874.jpg


でもライブも見たよー、ちゃんと!
やっぱモーサムは最高だぁ~~~~~~~終わってみたらだいぶ前行ってた。なんかアタマの中のいろんな部分が狂っていく。感じたことのない感覚がアタマの中にひょこひょこ顔を出す。

きのうはなんといっても、HUSKING BEEの復活だろうなー。WALKとか大合唱だった。
「(磯部さん自身が)音楽を続けていれば。また、このメンバーで集まれるときが、来る」って、言ってた。
どんな事情があろうと、そしてその事情は語ろうとしなかった磯部さん。別にそこを聞いたから何になるわけではないけど、この一言で、推して知るべし。

去年の秋に磯部さんのワンマン見に行ったときにね、「もしかして…?」と、ハスキン復活するかも?と思うようなMCが。このステージ、でしたか。
磯部さんがヒダカさんのプロデュースで音源をリリースして。その時2人にインタビューしたんだけど、これが。初めてビークル(解散した時のメンバーではないほう)を、ちえぞう見たときの話になって。スタッフさんがその場ですぐ調べてくれて、その時の対バンって、ハスキンだったんだ!?わーお。もうすぐ10年とか経つんじゃないか?それくらい前。
不思議ですなぁ。こうして、後にも先にも1回しか見たことなかったハスキンがライブやってるよぉー!

この先は、分からない。けど、こうして集まって音を鳴らすと、喜んでくれる人はいっぱい、いーっぱい、いる!
モノマネ上手な、飲まなくてもクールに面白い磯部さんが。ハスキンでギター弾いて歌ってる姿は、これまでとはちょっと違う、カッコ良さがありました。うん。ちょっとホレちゃいそうだった(笑)。うふふ☆

あー。音楽っていいなぁ。ライブって、いいなぁ。
どうしてこんなに人のココロを動かす力があるんだろう。ドキドキさせたり、何もかも忘れさせてくれたり、スカっとできたり。

やっぱり音楽には、関わっていきたい。
期せずして、それも確認できた1日になりましたん♪
[PR]
by takahashichie | 2012-02-26 14:33 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
DEVILOCK。

ちえぞう、その当時のいわゆる「裏原宿」のショップ勤めも2年ほどしていたことがありまして。ストリートブランドやカルチャーっつうのとかいわゆるウラハラ(裏原)ブランドとか。ちょびーっとは、知っています。

たまーにその界隈を今歩くと、あの当時とは(というのは、10年以上前になりますね)、変わってきてる。
モチロン変わんないお店もあるけれど、街全体のニオイ、みたいなものは。やっぱり、変わった。
ちえぞう的には、ちょっと、がさつでややチープになった感じがする、あの界隈。

変わらないものなんて、永劫続くものなんて、ないのかも、しれないけどさ。

で、DEVILOCK。
音楽的なイベントもやっているブランドさんですなー。今回、そのイベントもファイナル、とのことで。
多彩なアーティストたちが集まってのイベントになった。

e0033384_101874.jpg


BRAHMAN・TOSHI-LOWさんが言ってた、いろんなこと。ライブ会場で収録したMC集を販売しても売れると思う(笑)。
今日は「奇跡」の話をしてて。これ、おんなじような、似たような話(以下含め、あくまで、ちえぞう主観)を最近、言われたばっかりだなぁ、と思った。

10日ほど前。盛岡に行った時に、人生の大先輩な、ある方と。食事をしました。

「ちえちゃん、いいか。チャンスは待っていてくるものではない。チャンスは自分で作るものだ。自分で何かを行動しない限り、チャンスなんて、やってこない」

あの人はいいなぁ、とか。なんであの人があんなことをできているんだろう?とか、思ったりすることが、誰しも、多少なりとも。思ったことのない人なんて、いないと思う。
でもね、そういう人は、必ずや。何かしらの、努力みたいなことやアクションを。自分以上にしているんだよね。

今年に入って、日を追う毎に、いろんな風向きがとても良くなってきているのを感じます。
その風向きに乗れるかどうかは分かりませんし、乗ったからうまく行くとも限りません。
でも、今日、TOSHI-LOWさんの話を聞いて確信したのは「やれると思った時に、動いてやってみると、ゼッタイに、何かが変わる」と思ったことです。

まとまらないながら、なんとなく。この衝動だけは書いておきたくて。

そして、こんな長丁場のフェス的なものに行ったらこの時間帰ってきてぐーったりしてこんなふうにブログに向かえる気力体力なんてさらさらないはずが、こうして書けているのは。
実はですねー今日、想定外にあるお手伝いをしたからなんですわ(笑)。これがまさかの、チョー褒められるし!
そんなわけで手伝いしながらライブも見つつー、の。ほとんど、飲酒していないせいなんですね。
つうことで今から、かるーくおウチお疲れちゃん会っす☆

つづく♪
[PR]
by takahashichie | 2012-02-26 01:30 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
e0033384_23473179.jpg


行ってきました。

人間は、強い。強くなれる。
女のひとも、強い。強くなれる。そして、凛々しくもなれる。

もう、これ以上の言葉は、今日の私にはみつかんないや。

美由紀さんのライブは、人間として生きていく力と強さ。女性としての、何でも受け入れる強さとやさしさ。凛として立つ美しさ。
そういうのを、見せてくれた。

そういえば、「海が欲しいのに」という曲が入っているアルバムのタイトルは、Wild and Gentle、かぁ。
今回の震災で、美由紀さんがそんなふうに、人として変わった、というふうに見えてしまっていたけれど。もしかすると、もともと、美由紀さんはそんな人で、あったのかも、しれませんなぁ。

私、大好きなんですね、この曲。生で、初めて聞けたんじゃないかと思う。まさか、今日聞けるとは思わなかった。
「小岩井讃歌」が聞けたのも嬉しかった。そう、美由紀さん、小岩井に泊まって(D-51の車輛をそのまんま宿泊施設として使っているところが小岩井にあるの)、この歌を書いた、って、前に。言ってたもんね。
きーんとした寒さ。岩手の寒さってやっぱり違うね、と。言っていたっけ。

勝手に。美由紀さんは、海が欲しいのに、は、しばらく歌えないんじゃないかと思ってた。
海から大変な、津波が襲ってきてから、まだ1年と経っていない中で。
(決して海そのものを歌った歌ではないのだけれども、タイトル的に)

でも、生きてる者は、越えていかなくっちゃいけないんだね。どんなに残酷なことや、どんなに辛い苦しみや悲しみがやって来ようとも。
時間が経過すればいいというものではない。やっぱり、区切り、というものをつけるのは、人それぞれ、自分自身なんだ、と。
改めて、ニュースやらで震災の話をする時に、簡単に‘区切り’とかいう言葉を、キャスターとか呼ばれる人には使ってもらいたくない、と、思う。

ステージ上の美由紀さんは、本当に、圧倒的な存在だった。
何かを乗り越えたから備わったかのような、堂々とした姿だった。



ちえぞう。
今日、美由紀さんのライブに行く前にはー。

e0033384_23473129.jpg


海に行ってたんだー♪

e0033384_23473211.jpg


美女サーファーが連れていたお犬サマをパチ☆
片方の目だけ、美しいブルー。
[PR]
by takahashichie | 2012-02-24 00:20 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
ちえぞう、この前。FMヨコハマ鎌倉ツアーに行って参りました⇨コチラ

追ってこの時の模様は、ちえぞうブログにも(いつかちゃんと)書くにして。

このツアーの時。

銭洗弁天に寄って。洗ってきたお札、で。飲み代を払いたいお店に、今日、やっと!
大将には、銭洗弁天で、ちゃんと洗ってきたお金で、今日のお金は、払ったよん♪

e0033384_2324657.jpg


ワタシが初めて、東京で、いつでも。1人で行けるようになったお店。
って言うても今のところ、1人飲みできるのは、このお店だけかな(笑)?

カウンターにいたおじさまたち。ちゃんと写真使っていい許可もらってるから。おじさまたちにも、言葉で。力をもらった夜。

(ちえぞうに対して)こんなに明るく、カウンターで喋れて、いやぁ、ゲンキがもらえるねぇ、なんて言うけど。
そんなおじさんたちのお話を聞けるほうが、実は。ちえぞう、どんだけチカラ、もらってるか、なんですよん☆

豚もおだてりゃ木に登るっつうことで。ぶぅぶぅ、ちえぞうも登れる気がする〜(プチ酔っぱらい)♪
[PR]
by takahashichie | 2012-02-22 23:23 | ほぼ毎日更新From ケータイ
2月某日。
岩手の宝・EL SKUNK DI YAWDIE、カホン叩きのカッちゃん、ソロアルバムリリース♪

アルバム完成おめでとー&公開お疲れさん会@Thumbs up(横浜)!

e0033384_1825691.jpg


もうそれはそれは。いろんな方が集まったりして19時スタートにも関わらずあっという間に終電タイムに。
ちえぞうも名残おしくダッシュでギリ終電間に合ったって感じだったもんなぁ。

cutman-boocheだった、キムウリョンくんとここで会えるとは。いやはや狭いよ。うん。

しかしホントに、フツーにお客さんがいっぱい集まりました!最終的には満席の中でのカッちゃんパフォーマンス♪
カホンという楽器も立派に楽器であり、しかもカホンでこんなセッションまで生まれちゃうの!?という可能性を十二分に見せてもらったライブでしたん。ちなみにカッちゃんはつい最近まで、TOKYO NO.1 SOULSETのサポートパーカッショニストでもありんす☆

しかしカッちゃんもご満悦でありましたわよ(^^)

e0033384_1825694.jpg


歌う(独唱?アカペラ)カツシ♪

e0033384_1825710.jpg


ドラムに乱入したかと思いきや、ステージを降りて客席のいろんなものを叩いてリズムをとるカツシ♪
さすが外国人のお客さんはノリがいい。彼女のアタマを差し出す彼(手前の手、笑)。なでるようにスティックを動かすカッちゃん。

e0033384_1825767.jpg


サプライズで、カッちゃん仲間が用意していたケーキは、まさにアルバムジャケット☆
カッちゃんも感激ひとしおの面持ちだったよ☆

震災が起こった時。昨年の3月11日。夕方。
帰れないというカッちゃん、取り急ぎ、FM岩手に来てもらった。スタッフでもなんでもないのに、カッちゃんにも、NHKのニュースをチェックして、メモしてもらう役割をお願いした。次の日、日中。明るい時間にしばし外に出たカッちゃんは、手に梅と昆布(だったかな)のお茶、あと、お菓子。持ってきてくれた。知人の家からもらってきてくれたという。
あのお茶がどれだけ救ってくれたか。

2日ほどそうやって時間が流れ、それから。停電が復旧しはじめ、カッちゃんもFM岩手を出た。そこからのカッちゃん、EL SKUNK DI YAWDIEとしての動きは、連日。それはそれは、連日。休む間もなく。
ドンドンダウン オン ウエンズデイという、全国展開の古着屋さんがあるんだけど(本社が盛岡)。
そのドンドンさんが保管している、古着だけれども。まずは暖はとれる!届けたい!どうしたらいいか。
カッちゃんの連絡に、ちえぞう、FM岩手の営業さんにお願いして、県庁の方に掛け合ってもらって。営業さんもそれどころじゃなかった時だったんだけども、これが、皆さんからの、支援物資の受け入れ、に繋がってる(ホントの震災直後は、支援物資受け入れをしていない、というより、できない状況だった。それを早めた、と言えばいいのか)。

ちなみに、今でも。ドンドンさんの支援活動は続いてるし⇨コチラ、さらに。SPACE SHOWER TVを通しての支援活動にも、現在でも関わってる⇨コチラ

もうすぐ震災から、1年を迎える。
カッちゃんが、今、アルバムを出すということ。タイトル「Rhythm Messenger」に込められた思い。
横浜にあるお洋服屋さん・Rhythmさんが。支援物資を仲間たちから集めては、岩手へ送ってくれていた。そのお礼も、このタイトルにこもっているだろうし、カッちゃんが、言ってた。「岩手にいてもいろんな繋がりができて、いろんなことができて、いろんなことが発信できる、そんなことを伝えたい」といったような、ことを。

震災の時に、たっくさんの方々に助けられて、だから、こそ。人間として、感じたこと。そして、アーティストとして、やってみたいこと。
ぎゅっ、と。詰まったアルバムのような気がするよ☆
[PR]
by takahashichie | 2012-02-21 19:15 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
そーだそーだ、この写真は載せなきゃ!

e0033384_11175718.jpg


仕事のため、ライブ終わりで一足先に東京へと戻った、セカイイチ・ウッチー&きょうちゃん。

きょうちゃんは久々の盛岡ライブがホントに嬉しかったみたいで、ライブ始まる直前に、ちえぞうにメールをくれていたよ。
こういうのも嬉しいでしょ(^^)

アーティストさんに、盛岡って、クラブチェンジ、って。愛されてるなぁ、って。ホントに思う。
若干、自画自賛だけど(笑)♪

いいんだー自画自賛でも。ワタシが誇れる街なんだもん☆
[PR]
by takahashichie | 2012-02-21 11:22 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
盛岡のライブハウス・クラブチェンジ。2店舗あるうちの、WAVEのほう。
移転してから1周年を迎える、とのことで、移転記念ライブ…TRIPLANEボーカル・ひょーえ氏が「移転記念でライブなんか、する!?」とMCでも笑ってましたけどねー。ま、やっちゃうんですよねー、クラブチェンジってところは♪

e0033384_1023501.jpg


セカイイチなんて盛岡、ひっさびさのライブだもん。なんでも2年以上ぶり!待ってた方も多いなーってのが伝わった。
しかし来月リリースになる新譜がとっても楽しみ。「バンドマン」って新曲、とっても良かった!シンプルに歌いたいことを歌ったなぁ、って歌詞。すっごく刺さった。
いろんなアーティストにサポートやプロデュースしてもらって、新境地を開くのもいいけれど。セカイイチには、セカイイチにしか歌えない世界が、デビュー前からあったもんね。やっぱり、それは大切にして、これからも、生み続けていってほしい。バンドマン、って曲は、これまでのセカイイチの世界の中のまんま、少しオトナの階段を登ったうただなぁ、って。思った♪

まぁ、移転記念ライブ、をしたわけですから。
トーゼンみんなで、移転記念の、お祝いはしますがな☆

e0033384_10235038.jpg


たぶん端っこに写る腕はひょーえ氏(笑)。

クラブチェンジのみんなは、いつでも本気だ。そんなところが、ワタシは、大好きだ。
だから言いたいことは全て言う。そこから言い争いになったり、時に、ケンカになったりする。
正直、打ち上げの席でも、ちょっとそんなことが起こった。

でも、言いたいこと言って、仲が悪くなったり、こじれたりしても、そこまでのもんだったんだなぁ、って。
ちえぞうも結構そうやってあっけらかんになったのは、クラブチェンジの、人とのつき合い方を見てるからかもしれないね。

e0033384_10235031.jpg


この時点で完全ヨッパライ顔の黒沼親方。あと、盛岡のバンド・Swanky Dogsメンバー長谷川くん(写真・右)、おなじみFM岩手・Sディレクター。
1次会しゅーりょーして、ちえぞうは。黒沼親方とスワンキー、クラブチェンジの美形PA・ハチとさらにさらに。「盛岡で音楽をやっていくこと」について。語って。からーの、柳家ラーメン、てな流れね♪
SディレクターはTRIPLANEチームとカラオケに行ったようなのだが、これが、まーた。後日談を聞くだけでも爆笑なカラオケ大会になった模様(^^)



そんな次の日は。
チェンジに来たアーティストの打ち上げを、よーく、する場所の1つであります。
ファミーユ」、5周年のお祝いをしたんざんす!
壁にはあんな人やこんな人のサインがあるお店なんで、是非ごひいきに♪

e0033384_10235018.jpg


としやさんに会えたのは嬉しかった…としやさん、去年の3月11日。盛岡から、ちょうど沿岸に行っていたとのこと。

車の中で、聞いてたよぉ、ちえちゃんのラジオ。ただごとじゃねぇなぁ、って。車ですっげー、海から(離れるべく)走ったもん…

としやさんとは、知り合ったのは、震災のホント前くらい。
「それがたとえ、偽善と言われようが、何事もやらないよりはやったほうがいい。行動してから、モノを言え!って、ぶつぶつ言うヤツには、言ってやれ!」…としやさんの名言。

ちえぞうは、初めて会った日に、としや宅にお邪魔して、としやファミリーとwiiをした、とゆーね(笑)。
この日も久しぶりに、としや妻の通称・かーちゃん&娘っこたちと電話で話したよー。これからもヨロシクね!

e0033384_10235164.jpg


ファミーユのオーナー・ジンさん。
作る料理は美味しいけれど、なんといってもパワードラムがメチャクチャなテクニックの持ち主です。
そんなドラムが実はちえぞう、とっても大好きだったりします。今年はあのユニット、再始動するかも!?

「最近、マシータさんとよくつるんでるらしいじゃない〜。チエちゃんと…っていうメールが来るよー」
そーなの。ジンさんのお店に集まる人はこうして、みんなファミリーになっちゃうわけで♪

ジンさんにもすっごく世話になってるんだぁ。飲み屋のマスターとして、も、そうだけれども。もうね、ジンさんのリアルファミリーにも、すっごく良くしていただいていて、実は。

e0033384_10235152.jpg


こちら、ジン兄・通称チャンソー。

ジン母が、まーた。すごい方なんですわ。うん。

実はジン親族のうち2人、ウエディング司会をワタクシがやっております。笑。
もう1人の予約もしていただいております(相手が見つかり次第、とのことだが、ハハハ)。

e0033384_10235158.jpg


みんなでパチー☆
他にも、いろーんな人が集まった夜は瞬く間に更けた!

e0033384_10235188.jpg


あ、この方もご多分に漏れず参加。の、Sディレクター。
何気にバンドマンだった(ツアーとかもしてたんだってさ)頃もある、Sディレクター(←意外とスゴい時代があったらしい)曰く、ジンさんのドラムは高校時代からチョー有名だったんだって。

ファミーユもモチロン大事な場所だけど、ジンさんのドラムが聞けるのも、今年は楽しみにしたいなー♪
[PR]
by takahashichie | 2012-02-21 11:03 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪