ブログトップ

♪日々、コレ、ちえぞう♪

djchie.exblog.jp

「ぼくらが旅に出る理由」を2回歌った日にオザケンのライブに行けた。2012年。旅をしたい、もっと。 ↓ ローテンブルグで出会ったにゃんこ☆ ↓

<   2011年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

日は流れておりまする。明日から10月ってマジ!?ひぇ〜。
衣替えの準備はできておりまするか?

きのうは盛岡にて。

e0033384_14335433.jpg


FM岩手の番組スタッフ、プチ同窓会(笑)。
真ん中にいる、こずちゃん。まさかのワタシがキューピッドになり結婚。そこから「お見合いババア」なるあだ名がついた。ふふふ。
左はおなじみ、Sディレクター。

こずちゃんと出会ったおかげで、音楽の幅がホントに広がったと思ってる。感謝だよ、本当に。きのうはいっぱいカンシャを伝えた。
年内にベビーが産まれる。実はこずママともメールアドレスを交換してて(笑)、今度いっしょにライブに行く約束をした。オモロイなぁー。

e0033384_14335786.jpg


OODのブラウニーは鉄板!んまんま!
「いしがき行ったよ〜!SIONさんのアナウンスしてる時に、‘ちぃえぇええ〜’!って言ってたんだけど?指笛鳴らしてたんだけど?聞こえなかった?」って…ぷぷぷのぷ。

今回、夜の桜山には全く繰り出せなかったのが心残り(しゅん…)ですが、OODには2回行ってる。店の顔はワタシの同級生たちなんで、どうぞ皆サマごひいきに♪

そんで。水沢に向かう。
これを飲むためにねっ♪

e0033384_14335962.jpg


「どぶろく」!!

これはまだ壊れる前ですな。陽気なころ。マスターとピース☆
(あれ?なんかマスター、カッコよく写ってない?笑)

水沢も1人で出かけられる場所ができたし、誰かに会ったり。実家に帰るのも楽しくなるね♪
萬福食堂のマスターは、ホント、考えが好きなんだぁ。なまりある田舎ふうの喋り方なんだけど、さらっと、ね。哲学があることを言うんだよなぁ。決して難しい言葉ではなく、ね。さら〜っ、と。

水沢に今の実家があっても、ワタシはまるでここで育ってないし。なんか実家帰ってもつまらんな〜って思ってた。
でも出歩くことで、それは少しずつ、変わったりも、する。火曜の昼ザケ飲みでお店に顔出したとき、「おかえり〜!!!」って大っきい声で言ってくれたの、嬉しかったな(^^)

最近、水沢飲みで必ず顔を合わせる方にも、やっぱり昨日も遭遇。これが前にも書いたし、マジでウケるのだが、畠山美由紀さんのいとこさんなんだよね。つながるでしょー。コレ。美由紀さんに会いたくなったなぁ。

e0033384_1434133.jpg


きのうのつまみは「鮭のちゃんちゃん焼き」…どーん!デカ!!
こちらの料理はホント、でかいんで。女子1人だと料理1品でホント満足(逆にいろんなお料理が食べられないんだけど…)!

終バスで帰るつもりが…深夜…タクシー帰宅…貧乏人が…(^^;)

でもさっ。

「あの時会っていれば…」って後悔は、もうしたくないんです。動けるなら動く。会える時に会っておく!
明日がどうなるか、分からないんだもの。BRAHMANに、教えてもらったこと。
[PR]
by takahashichie | 2011-09-30 15:06 | ほぼ毎日更新From ケータイ
濃い数日間でありんした。未だに睡眠時間がだいぶ少ないままである…

e0033384_1951773.jpg


いしがき〜は。地元のミュージシャン、バンド、民謡、口笛おじさん(恒例)、など…ジャンルも多岐に。地元の人たちがたっくさん舞台に上がっているのも、なんと言っても魅力。
コチラは、ISHIGAKIステージのオープニングをキリっとキメてくれた「佐比内金山太鼓(紫波町)」。
金山太鼓見てて思ったんだけども、音楽を楽しむのって、ホントに年齢が関係なくって、持って生まれたセンスの差はあれど、いくつになっても、始めることもできるんじゃないか、って。そしてこういう、古くから残っている芸能の音というのは、大切にしていくべきものだなぁ、と。

県外のゲストミュージシャンをどうしてもフィーチャーしちゃいがちですが、こういうのが本当に、いしがきの良いところ♪

e0033384_1951940.jpg


終演後の会場。

盛岡城跡公園、2つのステージの大トリは、BRAHMAN。もう、すごかった。すごかった。どんな状況だったか、書くのはやめる。これは、会場にいた方たちとだけで共有できれば、それでいい。

今年もミラクルが。
磯部正文BANDの最後の曲が、ハスキン(HUSKING BEE)の「walk」。
続いて登場のKen Yokoyama、なんとまさかの「walk」カバーからスタート!!!セットリストと違ゃうやんっ!!!ありえん(笑)!!!

SIONさんの時はステージ袖に、出演アーティストさま大集合。みんな真剣に見てる見てる。みんなキッズに戻るの図。かわいかったー。
SIONさんのライブの後、おおはた雄一さんが「今、握手してもらったよぉーSIONさんに!もう、どうしよう」って、ちえぞうに報告に来たからね(笑)!
そんな、おおはたさんの声もキレイに響いてたなぁ、盛岡の、野外の空に。

もうね、いろいろありすぎて。ライブ後はこれまた、アーティストさんが残ってライブ見てるんですよねー、いしがきは。だから最後のブラフマンの時なんて、ちえぞうKenさんの後ろでライブとか見てるからね!?ありえねー。エアジャムだよ!?ハイスタだよ!?

いちいち出来事を書いていたら、どれだけこのブログが長くなるか分からん(笑)。

e0033384_19511015.jpg


終演後に残っててくれたご一行。番組聞いててくれてた皆さん、ありがとう!
こうして、ライブ会場で会って、リスナーさんとの出会いがあって。岩手ではそういう機会がとても多かったと思う。
「ちえさん、また、会えるっしょ」って。そーなの、ワタシもそう思うのー。音楽というフィルターでね♪
また来年〜!って、みんなでゲンキに手を振って別れた。会えた皆さんも会えなくてツイッターでメッセージくださった方も。
また、来年。この場所で!必ず(^^)!!

e0033384_19511232.jpg


打ち上がる。撤収後の現場。ツルっと光る頭のFM岩手・Sディレクター、今回は大通りステージを彼が担って、いちスタッフとして。いしがき参加です♪

打ち上げの席でも、けっこう。おおはたさんと喋ってたかなぁ。おおはたさんがすごく、いしがきのことを褒めてくれてねー。そんで帰る時は、おおはたさん、SIONさんといっしょに帰ってたような…どうしたのかな(^^)?もしももしも、高校時代の憧れのアーティストと、そのまま飲みに行けた、なんてことがあったりしたら、最高だよね。んふふ。

そんな打ち上げのラストは恒例、クラブチェンジ黒沼親方によるマイクパフォーマンス…まったく締まらない挨拶にて、0時すぎ(くらい?)にお開き。

e0033384_19511385.jpg


神戸のライブハウス「太陽と虎」・松原氏(真ん中)&STANCE PUNKSマネージャー・ヒデ様とパチ☆
もうみんな大好き。マジ。アホだから。神戸行くよぉー!!!

そんでここからがまた長かった…黒沼親方/某マネージャー/某バンドメンバー/ちえぞう、4人で飲む…のはいいのだが、どこで飲んだと思う?

歩道のベンチ(笑)。
学生か!
つーかアーティストさんもいるっっちゅうねん。

缶の飲み物、なくなったらコンビニに買いに行って、また行って、みたいな。それを繰り返し、何時になったんだ?まぁいっか、楽しかったもんね(^^)

でもさっ。こうして、盛岡で教えてもらってるんだよね。アーティストさんだろうが、スタッフだろうが。
人間としてつき合えるような人と、何かをやっていく。応援したり、支えてもらったり。ビジネス的な、お金もとっても大切だけれど、でも、それだけじゃない、そこからじゃ生まれない、何かが。きっとある、って。

今年のいしがきにも出てくれたHawaiian6。いしがきの2日前には、盛岡でライブをやっている。新しいメンバーが入ってからのハワイアン、言うならば、‘お披露目’ライブ。
いしがき当日はハワイアンに笑われた。「飲みすぎだー」って。そうなの、そのお披露目的なライブ後の打ち上げにちえぞうも刺さったのね。いや、記憶はしっかりしてるんだよー。でも確かに、量は飲んだかも(つーか舞台監督サマと飲んだ後に刺さってるからさっ)?
新メンバーのryosukeさんがイケメンすぎていい人すぎるせいってのもあるな、うむ(笑)。

嬉しいじゃん、やっぱり。ハワイアンとチェンジ、盛岡の関係が、さ!こういうのが築けてる、ってのが、さ!
ハワイアンだけじゃない、いろんなアーティストと。そういうのを、見せてもらってる。有名だとか売れてる人だから、とか、さ。そういう基準じゃないんだよね、チェンジって。「人」なんだよね。ことごとく。

「やっぱり、盛岡に、いるほうがいいんじゃないの?こんなに面白い街なんだからさー、戻ったら?」って。
これまたダイスキな、ある方に言われた…今までだったら、それでまた、そーだなぁ、って。しゅんとなってたと思う。
けど、ワタシ、こうして盛岡で感じてることを、別なところでやるのも。面白いんじゃないか、って。

いしがき。ワタシにとっては、学ぶ場でもある。MCとしてのことだけではなく。人として。

毎年、書いてるんですが。クラブチェンジのスタッフが、いしがきに関わっている限り、ワタシももれなく関わって行きますん♪
[PR]
by takahashichie | 2011-09-28 20:59 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
9月25日(日)。
今年で5回目を数える、いしがきミュージックフェスティバル♪

去年、おととし、と。雨。
今年こそは、と思ってたら!

e0033384_1753811.jpg


晴れたよ(^^)!!
岩手山がくっきり!!

しかし、なんで。盛岡なのに、いしがきなの?って、言われる、よく。石垣島のイベントに行くの?とも言われたことあるし。

それはねー。

e0033384_1754032.jpg


盛岡城があった、公園(盛岡城跡公園=岩手公園)で行われるフェスだからなんですねー♪
積んであるいしがきが見えますかな?

でも、その公園だけでなく。盛岡市内、全部で10カ所。今年はステージがありました。
お城がそびえた、盛岡という場所で。音が鳴り響く。どこに行っても、フリー。入場料なんか、ない。

「盛岡・岩手に住んでる中学生だったり、高校生だったり。ホンモノの音に触れて、何かを感じてくれたら」
そうやって若い人だけでなく、おじいちゃんやおばあちゃん。幅広い世代が。この日は、盛岡の街に出て。音楽を楽しむ。‘街ナカ活性’というキーワードのもとスタートしていますが、今年に関しては。大きな震災、津波があってのフェスだから。運営委員長・ゲンちゃんのこんなメッセージのもと、行われたわけだけど。

とにかく、誇りに思います。ワタシみたいな半スタッフみたいな人間が、こんなことを言うのも手前味噌でしょうが。
このフェスは、誇りです。うん。

盛岡城跡公園の中には、ステージが2つ。交互に演奏が繰り広げられていく。

e0033384_1754183.jpg


こちらはISHIGAKIステージ。ワタシがいたのはこのステージ袖。
今年のISHIGAKIステージ・ラインナップはこんな感じ♪

e0033384_1754362.jpg


これ全部タダで見られるって、あり得ないよ(笑)。
字が小さくて写真上は見えないけど、オレンジ色のほうに、AZUMAYAステージのラインナップが書いてる。

e0033384_1754571.jpg


AZUMAYAステージはこんな感じ。公園の中の東屋だから、そんな名前なわけで。

e0033384_1754798.jpg


公園の上のほうから、パチ☆このあと、どんどん、どんどん。人が集まっていった。
「今年は埋まったねぇ〜、公園」…終演後、ゲンちゃんがいちばん最初に言ったコトバ。「オレたちが小さい頃遊んでいた公園が、たっくさんの人が集まって埋まるのを、見たいのさ〜…」って、ずうっと。言ってたもんね。ずうっと。

たっくさんの人が集まったからこそ、いろんなことも起こる。今年はいくつか、残念なことも起こった。

いろんな反省も、まだまだこれから出るだろう、けど。そんなことを解決して乗り越えて、これからも続いていくことを。切に、願う。って…あ、暗い、とゆーか、残念なことは、楽しかった・良かったこと、に比べれば全然少ないんで!
そして。いらした皆さん全員が、そうであるといいなぁ(^^)
[PR]
by takahashichie | 2011-09-28 18:26 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
「いしがきミュージックフェスティバル」が終わりました!

なんというコトバを選べばいいのか分からないけど、まだ。ほわん、としてます。

e0033384_193825.jpg


今日は。ひさーしぶりに実家へと帰るべく。その前に水沢・萬福食堂に、ぶらり。こういう時にいちばん話せるマスターがいる。

そこでマスターに聞いた話もまーた、ウケる。つながるねえ、いろんなこと!

いしがき〜の会場で久々に顔を見られた、リスナーさん。今年はたぶん今までで最高の人出だったんで、会場で人を探すのもタイヘンだったんだけど、会場撤収になっても会場に残ってたみんな、ありがと!

夏にはじめて行った、nanomugenにて。SPACE SHOWER TVのクルーにインタビューされるという珍事があったのだけど(笑)、「その時のインタビューを編集しました」と、スペシャのディレクターさんに声をかけられたり。すごいでしょコレ?

某バンドのマネージャーさんとは。初めてお目にかかった?と記憶が曖昧だったのだが「○○の結婚式で会って以来ですねー。ベロンベロンに酔っぱらってましたからねーあの時」と言われたこと。ホントすんません。失礼すぎ。

BRAHMANのRONZIさんに「MCが女子できゃんきゃん言ってるーって思ったけど、でもさ、なんか、スゲー良かったよ、マジで!」と言われたこと(泣きそう)。
BRAHMANとも話ができて嬉しかった打ち上げ。

ニートビーツの兄さんたちとも、今回はしっかり。話ができたし。ニートビーツが午前10時にライブするなんてあり得ないでしょ??でも、すっごく良かったの、ニートのライブが。ちえぞう的には。
「来年も絶対来るで!会場前でお客さんの入場のBGMの演奏でもエエわ!」とまで言ってくれる真鍋さん(マジ、笑)!

地元バンド、地元のアーティストたちとも久しぶりに飲めたし。クライベイビーズは相変わらず飲むと最低(笑)。あ、飲まなくても最低だから、もっと最低、か。あはは。

今日いっぱい、ほわん、と、させててください。関係各位、いろんなこと、メールの返信、とか、明日まで待ってください。スンマセン!

e0033384_193851.jpg


ちゅうことで。萬福食堂で、柳川鍋を食べながら昼ザケ♪どじょうブーム(ブームなのか?)に乗ってみた。

盛岡から電車に乗っていて、ツイッターを見ていて、涙腺がダメになってしまって。今日の昼に東北本線でボロボロ泣いてたのはワタシです。
BRAHMANのMCでライブ中に涙が止まんなくなった。素晴らしすぎた。素晴らしいなんてコトバは安すぎるくらい。
いしがき〜のことで泣かないようにしてました。なんか、自分の中で。でも、ツイッターで見た、いろんなつぶやき。ワタシ宛てへのメッセージ。ありがとう。ダメだー、ボロボロになった。

そんなわけなんです。そんな、いしがきから2日経った今日。マスター今日は、サンキュー!なんかここ数日あんまり寝てない気がするんで今日は早くいい夢見ます。おやすみなさい☆
[PR]
by takahashichie | 2011-09-27 20:34 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
という名目で買い物を正当化する(笑)。

e0033384_2023344.jpg


盛岡に着いてみて、だいぶ涼しい…を通り越して、寒い。ツイッター見てる通りでした…。

これらを持ってきたのは少々オーバーかと思ったけど、いやオーバーなんかじゃなく実際使うことになるかも。
今年買ったレッグウォーマーたち。右側、ピエールマントゥーのはアームウォーマーにもなる♪

e0033384_20233435.jpg


前からいいな〜と思っていたmashのショートパンツ。フジロックの時に履きたいな〜と思いながら買いに行きそびれてたら…今日、Heg.にお邪魔したらあったのさ(^^)こりゃ連れて帰りなさいよ、ってことかな、と♪
水に濡れてもオッケーなショーパン、明日のいしがきでは重ね履きして保温効果を期待。

e0033384_20233583.jpg


きのう夜。
いしがき舞台監督・山品さん&通称・ゴリさんと飲む。これで今年は打ち合わせもバッチリ、ある意味、大事な準備(笑)!

盛岡の街ナカが、音楽で。にぎやかになる1日。「いしがきミュージックフェスティバル」、いよいよ明日・25日!
全会場入場フリーなイベントで、こんなバンドやあんなアーティストが見られます。そんなイベントなのでユルく見られがちですが、舞台裏はとってもシビアです。ココだけの話。1分単位でキチキチ、進行側はやっているのでー。山品さんにも笑顔が見られることがまず、ない、と言っていい。
そもそも山品さんは、それこそ。あんなバンドやらこんなアーティストの、コンサートツアーの舞台監督サマですんで!

「去年はKen Yokoyamaのステージが良すぎたもんなぁ〜」って、山品さん。健さんのステージが終わって「また来年!」でアナウンスを締めくくった時に、本当に感無量だったことを昨日のことのように思い出す。

2年続けて、健さんの名前をコールできることが、とても幸せです。

大雨の中、みんなカッパを着てても、ズブ濡れで楽しんだライブ。今年はズブ濡れ…は、なさそうですね!
ですが。寒さ対策をしっかりして、遊びにいらしてください!

明日、会場で1人でも多くの方に。お目にかかれますことを、心から楽しみにしています(^^)!
[PR]
by takahashichie | 2011-09-24 21:07 | ほぼ毎日更新From ケータイ
まずはー。
そもそもなんで、南会津に。行ったかとゆーと、ね。

e0033384_19362732.jpg


M嬢。南会津・大宴会のスタッフ。
ツイッターでメッセージをくれた。「是非、来てほしい!」と…そういう彼女とは、直接な面識はない。
それこそ、高野寛さんがGANGA ZUMBAとして。ベリテンライブに登場した時、ベリテンの会場で会った女の子。レディオベリーの番組を聞いていてくれたそうで…高野寛好きなワタシのことを覚えてくれていたんだ。

大宴会の数日前。エフエム岩手に、ワタシ宛ての手紙が届いていたそうだ。
Sディレクターは信頼おける人間なので、電話越しに「ちょっと、開けてそれ読んでみてくれない?」と頼んだのだが…

「ちえさん…これ、ムリです。量が、10枚くらいありますし…内容的にも…」

チョーかいつまんでSディレクターが言うには、震災後のことを気遣ってくれたこと、ラジオの思い出、と。
「南会津でいっしょに高野寛さんの音を聞けたら幸せです。」
という内容、のようだ。

ツイッター上では1回、お断りしたのだ…今年はベリテンにも行ってるし、ね。でも、こんなお手紙を頂いているのなら。
会いに行くしかないでしょう!

「ちえぞうだぁ〜!!!」
そう言って、抱きついてきてくれた彼女。涙を押さえていたのは、ワタシのほうだってば。こんなに嬉しいことで、泣いてなんて、いられないでしょう。

レディオベリーのリスナーさんは、本当に。素晴らしいリスナーさんばかりだ。DJはリスナーさんに育てられる、って。山本シュウさんがよく言っているけれど、ここ最近、なぜかレディオベリーのリスナーさんと、触れることが。そして、学ぶことも。多いよ。今年のベリテン会場が何と言ってもそうだったし、さ。

高野さんのライブ、青森に見に行った時には。FM青森のDJ・横山くんが。声をかけてくれた。
「ちえさんが、来ると思っていました」と…宇都宮大学に通っていた彼は、ワタシの番組を。聞いていてくれた、と。ラジオで喋る人になりたいなぁ、って、思っていた、と。
そして彼は、夢を叶えた。去年は、盛岡まで雨の中。いしがきミュージックフェスティバルを見に来てくれた(今年も待ってるぞ!)。

不思議だなぁ。高野寛という、フィルターを通して。レディオベリーという、フィルターを通して。

M嬢。ありがとうね。
今ワタシが言えるのは、これだけ。

手紙は、いしがきミュージックフェスティバルで。Sディレクターから受け取ります。ありがとう。

あ、あ。大宴会では他にも、岩手ゆかりの方々に会えたよ!

e0033384_10342152.jpg


会津若松のカレー屋さん・SAVAIチーム!
ちえぞうも大変お世話になっているビッグママ、盛岡・MOTHERのマリさんや、サッコさんの話をまさかここでするとは…岩手で開催の、このイベントに出店されるのデス♪

e0033384_10342210.jpg


マジでうまいよ、SAVAIのカレーは!香辛料の香りとか辛さとか、全てが絶妙!お代わりしたいくらいの味です。マチガイない!!
いつか必ず。会津若松のお店に食べに行きます!

e0033384_10342266.jpg


PLAYTIME CAFE…こちらの方々とも、まさか。めぐりあう、とは。
郡山のカフェにプレイタイムあり、と。カフェ好きなら、福島県外の人でもモチロン知ってる、有名なお店。

数年前、吉田慶子さんの盛岡ライブで。
PLAYTIME CAFE、そして、鎌倉・vivement dimanche、そしてそして、盛岡・carta。
3カフェマスターそろい踏み、という、あり得ない光景が実現したっけ。

そんな思い出話に、花を咲かせ。おいしい、本当においしいコーヒーをいただくことができた♪

人とのめぐりあわせは、どこでどうなるか、本当に分からない。人を恐れず(時に、人によって傷つけられたりするけど)、これからも。どんな人にめぐりあえるのだろう、と。ワクワク生きていきたい。
生身の人間に会って言われること以外で不要に傷つく必要はない。ネットとか、メールとか、そんなもの。

南会津で、人として生きる、強さも。持ち帰ることができた気がしています。
[PR]
by takahashichie | 2011-09-23 10:34 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
つうことで。
大宴会なる、イベントのつづき。
↑詳細についてはコチラをクリック!

e0033384_750123.jpg


緑に囲まれてる、なんてもんじゃない、くらいの。木々が生い茂り、山に囲まれた場所で行われたイベント。
木の間から射し込む太陽の光がキレイ。

たまたま会場で、同じく1人で来た、という、東京からの人とほぼいっしょにいました。こういうのがいいのです。
その方は前日、近くに宿泊されたそうで。朝、起きた時に、旅館の方がこう言ったそうです。

「今日の朝は、きらきら晴れてるね〜」

うーむ…唸った。
「きらきら晴れてる」なんて言葉を、使ったことがあったろうか、最近。別に難しいコトバでも全然ないんだけど、そもそも‘きらきら’なんてコトバ、使ったっけなぁ?なんて…。

この日は本当に、言うならば。「きらきら晴れた」1日でした☆
地元の方に言わせると、さらに「暑っつい」1日だったそうですが、いやいや、これは関東から来ると「暑い」には入らない(笑)。風もさわやかで、本当にキモチ良く過ごせました(^^)

e0033384_7501265.jpg


会場では、様々なワークショップやトークのイベントなども。南会津に移住された方のお話は興味深かった。行こうと思えば、東京には電車で行ける場所だし(実際ちえぞう、日帰りしてるし)、住む場所・生活していく場所、として。南会津を選んだ方。

話を聞いた後、いっしょに聞いてた人が「何が本当の豊かさなんだろう…」と、ぽつり。

ワタシも分からなくなった。

これについて考えてることはまた、何かの時に改めるけど。長くなるから。でも、いつまでも関東にいるつもりはないなぁ、と、個人的には考えてる。それが岩手に戻ることなのかは分からないけれど。
土のあるところで生活を送りたい。人は土に帰るのだから。

ワークショップ的なものの1つ。薪割りの図。ちえぞうもやってみたぞよ♪

e0033384_7501381.jpg


おじさんと「5回で割れたら、ビールをゴチソウしてもらう。割れなかったら、おごる」という約束のもとトライ!

…笑顔だけは我ながら良いが(笑)、まったく割れなかった薪(^^;)
ということで、おじさんの胃に、ちえぞうがゴチソウしたビールが収まったのであった…

薪割りって思いのほか大変(そもそも、おの、が重い!振り落とした時に、目標にスパーンと当たらない!)なことを体感。

薪割りで割った薪をつかった五右衛門風呂が会場にあって。入りたかったなぁ…(人前に晒せるようなボディではないもので…藤原紀香みたいな体してたら、入るわオレも、笑)。ま、水着持参だと入れましたので、来年!

e0033384_7501419.jpg


日が暮れて。
日熾しの儀式がありました…儀式、というとちょっと何ですが。

暗闇の中。シャッシャッシャ、と。何かをこするような音。数分続く。真っ暗な森の中、響くのが木々をこする音だけ。

そして。

ぼぉっ。

火がついた。

なんだか感動した。火、なんてガスコンロで当たり前に使っているけれど、こうして灯った火の明るさよ。厳かさよ。

その火をキャンドルに点し、会場の人が列をなして、ステージへと届ける。一人ひとりの、人の手と手を通して。キャンドルは、ステージへと近づく。

そして、ステージへ到着して。

e0033384_7501458.jpg


このステージ。

キャンドル到着とともに、現れたのは。高野寛さん。ギターを持って。宮川剛さんのパーカッションでの弾き語り。

なんだか全てが、夢のよう。

高野寛の音楽が、ワタシの人生の全てを変えてる。高校の時、高野さんの音に、ラジオを通して出会わなければ。
ラジオ業界に進みたい、なんて。これっぽちも思わなかっただろう。

そうしてスタートした、FM栃木でのお仕事。そのFM栃木がやっているイベント「ベリテンライブ」で。
高野さんに初めてお目にかかったこと。浜崎貴司さんにバカにされながら。不思議すぎるでしょこのシチュエーション?フライングキッズもいるんだよ(笑)。

その時のこと、とか。

高野さんのコンサートってものに行った高校の時のこと。進学で東京に来て、10日くらいで。高野さんのライブにも行ったっけ。地下鉄の路線図見ながら行ったっけなぁ。アハハ。

まぁとにかく何回ライブ行ってるかも分かんないし、CDだってどれくらい聞いたか分からないし、ラジオで高野さんの新譜をかけられた幸せ、とか、さ。

高野寛という存在は、私の中で特別で。偉大なの。

ベステンダンク、や、虹の都へ、や。ずいぶん昔の自分に連れてってくれる曲たちが聞けた中で、「アトムの夢」が…久々に。しかも、福島で。聞けた、ということ。
アトムの夢、について。高野さんが思っていること。上のリンクから、読んでほしい。

高野さんのステージは、やさしかった。今までみた、たっくさんの高野ライブの中でも。ちょっと違った。
やさしくって、あったかくって、ほわん、と、してる。高野さんの声と奏でるギターが、自然と、そうなってる。

南会津の人と空気が、そうさせてるんだろうな、と。勝手に思った。「夢の中で会えるでしょう」を聞きながら。南会津にありがとう、を言いながら。帰った。
[PR]
by takahashichie | 2011-09-23 08:42 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
台風一過♪
射し込む陽射しがキモチいいのでquasimodeのCDを朝から聞いてマス。断然、夕暮れ〜夜に聞くアーティストと思っていたのですが、朝でも意外にイケますな!

いよいよこの週末・25日(日)、盛岡で開催の「いしがきミュージックフェスティバル」。その前日にはクオシのライブがあって、さらにそのライブ後にはクオシ松岡さん参加の夜通しハッピーアワー(←クリックすると詳細出るよん)が続きます。うふふ。
いしがき〜の前日…というのが悩みドコロですが(ちえぞう自身も)、夜通しハッピーアワーのほうには、‘岩手の宝’としつこく書いている、EL SKUNK DI YAWDIEのライブもあるんで、是非♪

岩手は音楽的に恵まれている土地だなぁと思います。そのために力を(踏ん張りすぎない程度に)入れている方が、音楽に直接関わる仕事でない方でも多いのが、確実に、要素の一つ、と思うのですが。
いしがき〜に来ると、ちょっと見えるかもしれませんぜ。岩手・盛岡の音楽事情(^^)

実際、行ってみて分かる、ということは、どんなことにも言えるのであって。
それは先日の、福島でのこのイベントでも。とても、感じるものがありました。

e0033384_9395864.jpg


三連休の中日・9月18日(日)。電車を乗り継いで継いで。埼玉通って栃木を縦断して(鬼怒川から先の車窓の景色の素晴らしいこと!)。電車に揺られること、4時間以上。

e0033384_9395997.jpg


到着したのは無人駅。降りたのもワタシだけ。おいおい。今日、イベントだよね(苦)!?

e0033384_9395984.jpg


橋の上からの川の眺め。いなかの山形、おばぁちゃん家で毎年遊んでた頃を思い出す。川に入ってバシャバシャ、やってたもんな〜。
写真に写すのはムリですが、魚が泳いでました。キレイな川の証拠ですな。これ、東京から4時間ほどでの景色か!?と、到着するなり、いろんなことでオドロキっぱなしであった。

駅から歩いて、15分ほどのところに。この日のイベント会場がある、という。
てくてく歩くことにする。気持ちヨイお天気の下♪

そしたら…

ギュイーン!!!
歩くちえぞうの、斜め前に急停車する、白い軽トラ。

「大宴会?行くの?乗って!」

は???

何の返事もする前に、開けられる助手席の扉(笑)。え???マジ???

聞けば、大宴会の食材の買い出しに出かけた、地元のお母さん。緑あふれる道を走り抜ける軽トラ。風がホント、気持ちよろしい〜♪
いい1日になりそな予感。電車の乗り継ぎに失敗したこととか、朝早くて(5時起きで出かけたもん)眠いこととか、全部、吹っ飛ぶ軽トラ小ドライブ。

e0033384_9395952.jpg


到着した、大宴会・会場。のどかすぎる〜(^^)

そもそも…「大宴会」って???
ですよね?この単語をパッと見たら、大きな宴会ですよね、イベントとは思わないですよね。そーだよね。
(2)に続く♪
[PR]
by takahashichie | 2011-09-22 10:16 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
銀座の松屋で開催中のコチラへ行ってきました♪

e0033384_0185019.jpg


岩手からも何人かの方が参加されている中に、漆塗りの田代さんがいらっしゃる上に、田代さんは今日までの出店ということで、駆け足!

漆のものって、何か使っていますか?

田代さんが手がけている塗り物は、漆器の概念を壊すようなものでした。形といい、ちょっとくすんだような色合いといい、模様が施されているもの、といい。
器にしてはお値段がやや張ってしまうのは仕方がない。人の手で。ひとつひとつ、手にかけて、作られているもの、だもの。
家の中の全てがこんなこだわり食器である必要はまるでないと思うけど、こんな器も。これから、ほんのちょこっと、でも。手にしていけるような、大人になりたいですな。使ってみると、また。使ったならではの、良さ、が。分かるような気がする。

漆器に関しては…ちょっと、オモロいプロジェクトを小耳に挟みましたん♪
とっても楽しみ!スタートしたら、このブログでも、いつかお知らせします!

そんで、所用のため銀座⇨池袋へ移動。

池袋は人がいっぱいだった。帰宅ラッシュの時間とも重なって、まぁすごい人。でも、ふっと思ったんだけど。なんだか、オシャレな人が減っているなぁ、と。
こんなにたっくさんの人がいて、すれ違う人のファッションに目を奪われることがあっても不思議じゃないのに。なんだか、ちっとも。そんなことはそういえば、きのう今日のことでも、ない。ましてや、年齢のせいでも、ない。平日だから、とか言うレベルでもない、これは。ヘンな話、岩手のほうが「お?」って思うファッションしてる人を見かける率が高い気も、する。

話を戻すと、「手仕事直売所」を開催していた銀座・松屋の婦人服フロアに、mina perhonenのワンピなどがずら〜っと。
見とれた。皆川さんの手で、生み出されたテキスタイル。そこからデザインされて形になった、お洋服。
なんだか値段が張るのも、ミョーに納得できた。こういうお洋服を手にできる価値観。金銭的なところはモチロンある。大変な世の中だもん。でも、いくつか手頃なものを買うよりは、バーンと一枚。こういう洋服を選べる人間でありたい。だって持ってる人がまずわずかだし、大枚を叩いて自分の価値観で見いだしたお洋服は、大切にコーディネートしていける。いくつになっても。体型が変わったら着られなくなるからダイエットにもなるかもしれないし(笑)。

なんてね。

そんなわけで「手仕事直売所」にて。視覚でも十分楽しませてもらえる出店がズラリ、でした。が、手で生み出されているもののお話を実際に聞いたり、そして、触れたり。半日くらいはあっという間にいられます、狭いスペースなのに(笑)。まだ会期中ですんでゼヒ♪

e0033384_0185099.jpg


過ぎ去った三連休、福島の南会津へも行って来ました。これについては明日書きます♪

福島から帰ってきて。大切にとっておいた「あんざい果樹園」の、りんごジュースを開けました…こんなりんごジュースは飲んだことがない。甘くて、酸味もあって。香りもすごい。りんごの中でも上品なものばかり使って仕上げたのでは?というような、食品にこんな言い方も何ですが、「芸術的」な、りんごジュース。
これも人の手で、りんごが育てられて、選別されて、丁寧に作られたからこそ、なんだなぁ、なんて。感じます(^^)
[PR]
by takahashichie | 2011-09-21 01:07 | ほぼ毎日更新From ケータイ
慌ただしく過ぎた三連休…の、きのうの、とある、ライブ。
「オマエら、夏を終わらせに来たんだろぉお〜」と、連呼していたライブ。いやぁまだ暑いし東京、もうちょっと残暑続くよ、ハハハ、なーんて、思ってたら。

ライブ見終わって外に出たら肌寒い。
マジか!?

そんで今日の涼しさね。おいおい!?ホントに夏の暑さが終わったがな!?
とゆーことで、この方たちのせいかも!?

e0033384_21364247.jpg


FUNKY4こと、SCOOBIE DO!
代官山・UNITでのイベントにお邪魔です♪

スクービー主催のこのイベントには必ずフロアDJ&ゲストバンドがいるのですが、
今回のゲストは、GOING UNDER GROUND!

なんでもその昔…スクービーとゴーイングは、何かあったらしい(笑)。まぁホントに、笑えるような話でしたけど、聞いてる分には。でも「(ゴーイングのことを)日本一、嫌いだったバンド」とか、まぁコヤマさんもいろいろ言ってたなぁ。これはね、ワタシが言葉尻をつかんで書いたとしても誤解を生む、たぶん。既にこの数行でも誤解がありそうだけど、ホント、ライブ会場で聞いてる分には和やかに笑える体で、話は進んでいってましたんで(^^)

ホントねぇ、きのうは、笑った。ミュージシャンのライブでこんなに笑うことないんじゃないか!?ってくらい笑わされましたわ。スクービーに関してはコヤマさんのライブトークでそうなるのも納得してもらえると思うけど、ゴーイングも…ナカザ氏の長渕さんもどきなカッコとか、あ、コヤマさんが素生氏のことを「とっつぁんメガネ」と呼んでいたのも、個人的にはツボ(笑)。

よき対バンのよき夜でした☆
ゴーイングも、ベリテンで見られなかった(個人的にはどうしても引きずっている)のを、ここで晴らした感じ!

そんで、アンコールでのセッション。「愛し愛されて生きるのさ」もまーた、良かったぁ。「嫌いだったバンドとも、愛し愛されてやっていく」と決めて、この曲にしたらしい(笑)。そんなようなMCでした。
ちえぞうは勝手に真城めぐみさんパートで口ずさむアンコール♪

e0033384_21364338.jpg


ライブ前の腹ごしらえは「はらドーナツ」。
目黒通りに面したお店は2Fがカフェになってましたん。

しかし、スクービーは本当に、本当に。ライブバンドとして、たくましくなってるなぁ、と感じた。ブレないもんね。演奏も、だし、バンドとしての居ずまい、みたいなものも。濃い、を通りこして、ねっとりしてる、と言っても過言でないライブは、本当に本当に、最後には。黙って見てる、なんてことが不可能。スクービーに、持ってかれてしまう。手上げて、声出して。体、動かして。そんな自分になってしまう。なってしまっている。

e0033384_21364357.jpg


スクービー、来月ニューアルバムをリリースして、ツアーに突入!盛岡はワンマンで行きます!いえーい!
岩手で大プロモーション敢行予定なんで、お楽しみにー♪

代官山駅からの帰り。やったー!久しぶりーに、3並びのSuica!いえーい!こりゃいいことあるぜーい!
[PR]
by takahashichie | 2011-09-20 11:36 | ほぼ毎日更新From ケータイ