ブログトップ

♪日々、コレ、ちえぞう♪

djchie.exblog.jp

「ぼくらが旅に出る理由」を2回歌った日にオザケンのライブに行けた。2012年。旅をしたい、もっと。 ↓ ローテンブルグで出会ったにゃんこ☆ ↓

<   2010年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

こちらも先週金曜!
番組のエンディングに流れこんで来てくれた、鶴のみなさま!!!

e0033384_21573438.jpg


「巻き込んだのは初めてですが、巻き込まれたのは、初めてですね~…」

と、鶴のメンバーに言われたぜ!やった!!!

「(手拍子→)パン、パン、パン、パン…こんにちは、鶴です…パン、パン、パン、パン…」

という、自己紹介があるのですが。
これを、前に番組でやられて、「くっやしいなぁ~!オモロすぎ!」と。

今回は、番組エンディングにいらっしゃるとゆーので。こっちから、仕掛けてやるっ!
と…。
写真に写る、Sディレクターはじめ、他エフエム岩手スタッフと共に、朝から練習!!!

バカですねー…

そんな鶴の皆さま、土曜にライブ@club change!
夏前にのどを悪くして、盛岡ライブが中止になってしまったとゆーことで。「SCOOBIE DOのツアーで来たけれど、勝手に、‘振替ライブ’として、今日のライブ、やりまーす(でもちゃんとスクービーサイドに、言う許可は得たそうです、笑)!」と、ライブがスタート!

しかしホントに音が厚くて太くて。もっとお笑いでおちゃらけてんじゃないの?っていうイメージがことごとく覆される。
知人が「ちょっと、ウルフルズに似てるところがあるよね」と言ったのも納得。がんばれ~!的なガンガンいく曲だけでなく、聞かせるミディアムな曲もしっかり入れて、ライブしているし。

ウケたのが、「わんこそば」にトライしたМC…そして皆さんの、結果は!!!

次回、番組にお招きしたときの、ネタにすることにしました(^^)
ということで、ここでは伏せます。スマン。

そんで、の。FUNKY4・スクービーの面々は。
「次回は盛岡ワンマンか?2daysか?」と、本人たちも思わず言ってしまうくらい!この日のライブは‘最高沸点’を、超えたそーです!!!

そんなお話、明日のエフエム岩手「MAX WAVESCAPE」で!

さらに明日はニートビーツ・マナベさんも!
GOING UNDER GROUNDも!

明日はアーティスト祭りでお送りするよーん!
どぞおつきあいをば!!!
[PR]
by takahashichie | 2010-09-29 21:57 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
と…ご本人に、どうしても言いたかったのかも。

今年、間違いなく。タカハシチエ的にナンバー1の曲が。
阿部芙蓉美さんの「空に舞う」。

番組で、2週続けて。フルでオンエアするなんて。初めてのことではないでしょうか。

その、阿部さんに会ってきましたー!
(いや、‘会わせていただいた’が、正しい…こちらから、お願いしたの。それくらい、お目にかかりたかったのデス)

e0033384_13203925.jpg


先週、金曜の番組でインタビューをオンエアしました♪
見た目、イメージとは違って、何気にオヤジものが好き(笑)。居酒屋メニューとか大好き!って言ってたし。

想定外に、曲づくりの話にも。話が広がって…
曲づくりには、とても時間がかかる。自分の経験を歌にしているわけではないから(そういうこともあるけれど、全てではない、と)。考えて、つじつまを合わせて、練って、練って。曲が生まれているんだ。

蛇足。
マツコ・デラックスさまが、阿川佐和子さんとの対談で喋っていたことが、印象に残ってる。
「最近の歌ってさぁ、なんなのよ。‘愛してる’とか‘好きで好きで’とか、さぁ。そのまんますぎるのよ。」
(↑ なんとなくの記憶なので、なんとなく、こんな内容だと思ってください。正しい文章ではありませんので、ご了承ください。買おうと思ったのに買い忘れちゃった。1か月くらい前の週刊文春です)

そーなのぉー!!!!!!!

やっぱし、マツコさま!!!!!!!

阿部さんの歌詞は、とっても不思議。そもそも阿部さんの魅力は、‘声’だと思ってたワタシだから、
今回、お話を聞きながら。歌詞ともにらめっこして。納得。

阿部さんの歌に、答えなんかは、ない。
けれど、聞いたその時、その時に。「こんなふうに感じる」ってことがあったり、「あまりにも直接的に」響いたり、してしまう。
恋愛に置き換えてグッとくることもあれば、今置かれてる環境。はたまた、家族との関係とか。

人それぞれの、今。
そこに、さら~っと。入ってきて、ぎゅうぅっと、心をつかまれる。

そんな、うた。そして、そうさせてしまう、こえ。

「スイッチがオンになってしまって、喋りすぎました…」
と、阿部さんに言われて。嬉しかったなぁ。
そんなインタビューができたら、最高でしょう(^^)

今度はビール飲みに行きましょうねっ♪
[PR]
by takahashichie | 2010-09-29 13:20 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
ここ数日、同じ顔ぶれに続けて会っている感じがする(笑)。

きのうから振り返ろう。

週明け月曜、スタータイム♪
ドイツのバンド「MATE POWER」のライブにはギリギリ間に合う…しかしホント、たーのしかった♪♪♪
ずっと踊ってた気がする…実はその前に、某メーカーさんが盛岡にいらしてて、ほろん酔っぱらいで出かけたもんだから。テンション高めで行っちゃったところはある、うん。確かにあるー。

でも酔っぱらってライブ見ること、って。あんまりないのよぉー。あるとすれば、フェスに行くときとか?
つうことで。さながら、フェス気分♪

その会場・Player's cafeの入り口にもいらっしゃいましたよねー?

e0033384_22194676.jpg


某・飲み屋さんのマスター(笑)。

5日ほど前に初めてお邪魔し。
その翌日も行きましたねー(^_^;)

ハイボールが、チョー濃ゆい(笑)!1杯でキマる、とも。

そんなんで。
2日続けて行った飲み屋さんでは、2日続けて、同じ顔ぶれもいる中で飲んだ、という…

面白すぎますねー。全く個人的な出来事でございまっすが☆
[PR]
by takahashichie | 2010-09-28 22:19 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
(続き)

e0033384_17255624.jpg


このイベント・主催の「世界の高橋」…写真後ろのTシャツ男。
何気に放送関係。放送でもオモロいことができたらいいねー、いっしょに!

ワタシの隣の学ランの男性が「中学生ないと」会場の、水沢・DeeDee's Cafeオーナー。
この方が、まーた面白かった!

そーだよねこんなイベントやっちゃうくらいだもんねー(笑)。

そんでワタシのTシャツ。ちゅうもーく!

シンプルに、

「男闘呼組」のロゴ…見えますかなー?
(分かりやすくするため前うしろに着ています、つまりこれがバックプリントで前面はノープリント)

IBCラジオ「トップ40」のリスナープレゼントに応募して、当たった1品。一度も袖を通さず持っていたものです…。
中学時代、特によく聞いてたんだなー、この番組。高校に入ってからは、エフエム派になりましたが。

しかし面白いのがロゴの下。「BMG VICTOR INC.」と書いてある…あの当時は、BMGとVICTOR、いっしょだったんだーねぇ。

今回は「中学生ないと 二学期」…つまりは2回目の開催。主催者たちメンバー曰く「三学期」も、あるらしい…

三学期に向けて、衣装をもっとマジで考える!探すぜ!!!
[PR]
by takahashichie | 2010-09-26 17:25 | ほぼ毎日更新From ケータイ
しかし。金曜の番組・生放送はいろいろありすぎた(笑)。

しかし。土曜は1日フルに使った感じがするな~♪

とゆーことで、土曜のシメはDJイベント!
その名も「中学生ないと」!

DJがプレイできる曲は、中学時代にリアルに聞いていた音楽。
お客さんは、
・うまい棒食べ放題!
・ファンタ飲み放題!
・ファミコンし放題!

つう…なんだかよく分からんが、面白そうなイベントなわけで。

もろもろありまして遅刻で行ったわけですが、到着の瞬間、息をのみました…

e0033384_17124564.jpg


DJ陣、マジすぎる正装(爆)!!!
学ラン、セーラー服。部活の陸上部ユニフォーム。私服チームは、当時流行の「ケミカルウォッシュ」デニムの上下!!!
その名も「ケミカルブラザース」には大爆笑ス…まさに我々世代だわー、ケミカルウォッシュ!しかも上下ってねー!そんな感じだったでしょーよ。あははははは!!!!!!

なんか…「やられたぁ」って思ったわぁ。大人が本気で、こーやってバカに遊んでるの、目の当たりにしてさー。
ワタシもいちおう、中学生の時に手にしたTシャツなんだけど…なんか、甘かったぁ(続く)。
[PR]
by takahashichie | 2010-09-26 17:12 | ほぼ毎日更新From ケータイ
フラメンコのレッスンスタジオに、先生や生徒が集まって。
ちょっとしたパーティ♪

ワタシは…いわてジャズを見に行った後にお邪魔したので、ほぼ皆さん帰られた後だったのですが。

下に載っけた、ブレブレ写真のように衣装を着たり。
持ち込みの手作り料理をいただいたり。
あんな話、こんな話、で、笑ったり。

夜遅くまで、楽しい時間を過ごしました。

ハイ記念撮影☆

e0033384_023986.jpg


後ろ・真ん中がみんなの師匠・中田佳代子でございます。

そんでこのポーズはとゆーと…

フラメンコでは、にゃいのデス(笑)。

シンクロナイズドスイミングのつもりです…なんで(^^;)?

特に酔っぱらってたわけでもないのに、鼻も、ぎゅうってつまんで。何やってんだか…テンション高いのが分かる1枚☆

お酒がなくっても、こんなに楽しく愉快な方たちが集まってる教室でーす。

あなたもゼヒ、フラメンコ。はじめてみーないかーい♪♪♪
[PR]
by takahashichie | 2010-09-23 00:02 | ほぼ毎日更新From ケータイ
一度も休まず。そう、先月に、台風のニュースを時間外に読まなくてはならなかった時も。
ニュース終わり、即ダッシュで行って。

はじめてから半年経つ、週1回のフラメンコレッスン。
相も変わらず、へなちょこですが、がんばっています。

なんかもんのすごい、悔しくなるんだよね…毎回。なんでできないんだろう、って。なんで覚えられないんだろう、って。

最近になり。
ひらひらした、スカートのすそを持って踊る、という踊りに入ってきました☆

チョー初心者のワタシは、家にあるロングスカートで、毎週練習していたのですが。
ここに来て…フラメンコのスカート(ファルダ、と言う)でないと、ちょっとキビシイ。

と、思っていたら。

ワタシが通う「中田佳代子 フラメンコ教室」、
本場スペインでも活躍している、師匠の中田先生。つぅか、先生、と呼ぶのも面映ゆいんんだけど(笑)…

中学の同級生なんだねー。前にも書きましたが。

夏場、彼女がスペインから盛岡に帰省していて。
今月半ばにスペインに帰国する前に、2人で飲みに行きました。

この時ばかりは、師匠と生徒の関係ではなく、単に、同級生。
こうして半年に1回だけど、飲めるのはとっても楽しみな機会。

しかし…

今回は、飲んでて。半分くらいが、フラメンコの話題だった(笑)。
自分でマジ笑ってまう☆

そんで…ファルダの話をしたら。

「じゃあー、使ってないのでよかったら、あげるよー」

(続きのいきさつは、省略するとして)

話は合意に至り、
ワタシが使っていたバッグが、中田佳代子のところへ、お嫁にいきました(笑)!

「ちえちんが使ってるバッグ、ずーっとかわいいと思ってたんだ」
って。
素直に言われると、あげるってばさー、ワタシも!

つうことで。物々交換成立!
こうしてワタシは、ファルダをはいて、レッスンに勤しむ今日この頃です♪

e0033384_032752.jpg


衣装、着せてもらったー…でも写真、ブレブレだね。
ドキドキしたけど、なんか嬉しかった。はじめて、こんなちょいセクシー衣装着ちゃったワタシ。
ブレブレでちょーどいいかも。ウキ☆
[PR]
by takahashichie | 2010-09-23 00:00 | ほぼ毎日更新From ケータイ
まったくもって写真がアップできないのですが。

珍しく、パソコンに向かっておりまして。
パソコンだと意思伝達をしやすいので。
(思ったことが、文字になるのが、やっぱし早い。ケータイで文字を打つよりも)

ちょっと。

ここ最近、目まぐるしく、時間が過ぎて行きました。

そんな中でも、大切にしたいこと、は、大切に。過ごしてきたつもりです。

この1か月は、いっぱい泣いたけれど、いっぱい笑いました。
泣き笑いと同じように、良きこと悪いことはやっぱり、ほぼ同じ割合なんだろうなぁ。

だけど。
ほんのちょっと、ほんのすこーし。バランス的に。51対49くらいで、いいことが多く死ねたらいいなぁ、
と思ってる。

いしがきミュージックフェスティバルが終わって、2日後。

ある方のサロンに行きました…サロン、って言うと、ちょっと怪しげだよね(笑)。スピリチュアルっつーか、信仰的で。全然そっち系ではなく…えーとね、お客さんは盛岡のセレブリティが多い、やっぱり、ちょっとお値段が張る、完全・個人のエステティック、と。言えばいいかな?

偶然、その方と知り合ったのですが(やっぱり飲み屋にて、笑)。
疲れをとる、というか、お疲れ自分!!!って意味で。えーい!と、思い切って行ったのに。

ワタシは施術に入る前に、ぽろぽろ。泣いてばっかりでした。

「ちえさんは、人の生き方・‘役割’って、あると思うけれど…役割を、ちゃんと全うしているね」

その方は、音楽好きでもあるので。
ワタシがこうして、いしがき~もそうだし。その前の、北上野曲のことも、含めて。
音楽にまつわる、いろいろなことで仕事ができていることを、存じていて。
そんなことを踏まえて。「いろんな、表に出る人がいると思うけど…音楽に関して、まず思い浮かぶのは、ちえさんだよね」って。
そう、言ってくれた。

もう30も後半に入って、人に褒められる(って、安易な表現だけれど)なんてことは、ほとんど、ない。

そう。褒められることなんか、なくて、いい。
でも。
認めてくれる、見てくれている人。理解してくれる人が、ふいっと。現れたことが、嬉しかった。
(しかもその方は、ワタシより若い)

誤解のないように書くなら、音楽・アーティストさんとの仕事を、番組を。もっと、したい!という、欲求が、強くなって、止まらない、今のワタシ。
ラジオを通しての、音楽を楽しみに聞いてくれるリスナーさん限定の、で。最初は、構わない。そんな番組を持ちたい!今のワタシ。

言えば叶う!って思って、口には出しているけれど。
今のところ、実現できていない。今年の新年の放送で、口にも出しているのに、ね。

ワタシ、やっぱり、これは。
ここ岩手で。自分が、育った、この土地で。できないと、一生。後悔するような。

岩手県立大学の学生さんと話してて、さ。
スクールオブロックは、みんな知ってて、聞いてたり、するわけだ。よ。

モチロン全国区の人気番組で、そんなクオリティのものなんか、岩手で、できっこないよ。アーティストさんだって、なかなかインタビューができないバンプが出たり、いろんなアーティストの新曲が、いち早く流れたりするしさ。

でも。

ワタシは、取り組んでみたい。ここ、岩手でできる、できうる限りの、音楽に特化した、番組を。

でも。

どうしたらいいかなんて、分からない。

でも。

もう少し、アクションを起こしてみようかな?

でも。

どうしたらいいか、まったく、分からないけれど。繰り返す(笑)。

Hawaiian6にインタビューできてオンエアできたことも、ワタシにとっては、ホントに大きかった。
周りの反響から。

いつの日か、音楽寄りな番組を、していたい。

もしできていたら…
「あの時、酔っぱらってブログに書いてたことだろ~」
と、笑って、番組を聞いてやってください。

ワタシが、FM802のオーディションを受けたのは。
かれこれ10年ほど前にさかのぼります。

1回目は、箸にも棒にも引っかからなくて。2回目に受けた時に、とんとん、と進んで、週末は大阪に行ってました。
最終審査に残った時は、全てのディレクターさんがいる中で、面接を受けました。
定かでない記憶(どキンチョーだったからね)では、おおよそ、制作陣40~50人、対、DJ志望のワタシ1人、でした。

最終的に、不合格の通知をもらった時。
これまでに泣いたことのないくらいの涙を流し、泣き疲れて、痩せました(笑)。

1週間泣き通したのは、後にも先にも、この時くらいのものです。

励ましとして、知人に言われたことはね。

「いつの日か、ハチ(FM802のこと)に呼ばれるような、喋り手になればいいじゃん!ちわきまゆみさんみたいに、年齢関係なく(明らかに大先輩!)自分のペースで、やってる人は、いるんだから!」

ちわきさんなんて、雲の上の存在だけれど。

年齢とか、さ。今後とか、さ。
考える時も最近、増えてきた。

でも、こればっかりは。何らかの形で。1回限りの、スペシャル音楽番組でも、いい。
やってみたい。

久しぶりにおうちで一人飲んでて、一人わんわん泣いて、一人向き合ってみました。

おつきあいくださった方、ありがとう。

おつきあいで読んでくださった皆さんに、「アイツ、なよなよ、ブログに書いてたんだぜー」って。笑われるくらいのことが。
できますように。

そんな、みんなに幸あれ(^^)

おやすみなさい☆
[PR]
by takahashichie | 2010-09-22 02:26 | ほぼ毎日更新From ケータイ
ゴーイングアンダーグラウンド盛岡ライブ。先週15日の水曜日♪

そのことはすでに書きまして…栃木のストレートさん、番組宛てにメッセージ、ありがとね♪
あと、宇都宮のスタバの店員さんも(笑)。栃木にはゴーイング好きがホントに多い。ワタシも、栃木で番組をしていなければ、ゴーイングとは知り合ってない?と思うし。

ゴーイングのライブの後に。

盛岡にある、「あさ開」という酒蔵。
ここに源三屋というスペースがあって、いろんなアーティストがライブをしています。

で、だ。
ゴーイングライブを見てから、源三屋に移動!
こんな外観☆

e0033384_16351773.jpg


仲井戸‘CHABO’麗一さんのライブへ♪

とゆーことで、到着は夜の9時を回っていたのだが…
そしてこのライブは、7時を回ったあたりからスタートしていたのだが…

アンコールも含め、終わったら、10時40分過ぎてました!

つまりワタシは、遅れて行ってしまったけれど、1時間半以上。チャボさんのライブを楽しんだわけであります!!!
最初からいらしていた方は、3時間40分超!わーお!すごいよチャボさんー!!!

後半の後半しか見ていないのに、すごいところが、いっぱいでした。

仙台から、ギターを持ってきた男の子。‘石川くん’と、言っていたかな?
ライブ前に、チャボさんのサインが欲しい、って。会場に来ていたそうだ。快く彼のギターにサインをした、というチャボさん。

すると…アンコールで、そんなエピソードを、話しはじめて。
「オイ!いるんだろ!ギター持って、ステージ、来いよ!」って…

そうしてステージ上で、親子以上に、と言っていい。年の離れた2人の、ギターセッションがはじまった。

その男の子を、暖かく見守りながら。でも、ギターでは、年齢関係なく、ライバルなんだよね?
見せつけるところは、見せつけるチャボさん。

「余裕」と、「貫禄」を。まざまざと見せつけられた。
大人だぁ。でも、ギターの前では、ことごとく、子供だぁ。

カッコ良かった。ホントに、カッコよかった。
チャボさんは男性だけれど、そんな女性になれないかな…って。生き方と存在みたいなものが、ホントにカッコよかった!
ってのをステージから魅せられた☆

清志郎さんの話にもなった…一瞬ね。そんな、いわゆる「盟友」と言うのか?
そばにいなくても、そんな「盟友」を得た人は、生き方が、やっぱり素敵になる。

勝手に、そんなことも、思ったり♪
[PR]
by takahashichie | 2010-09-22 00:35 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
いくつか、ここ最近行っていた、他のライブについても。
まずは、いわてジャズ!

ワタシには敷居が高い、と。ずーっと思っていた場所・盛岡の、すぺいん倶楽部。

しかし、「敷居が高い」と思っていれば、ずーっとそんな場所のまんまだし、
出かけて思い切ってお店の方に話をしたら、全然、そんなことはなかった。

すぺいん倶楽部のオーナー、西部さん。
ご自身もこの道何年だろう?という、サックスプレイヤー。
とーっても、とっても。ステキなダンディなおじさま。ほら☆

e0033384_16431674.jpg


西部さんも、いわてジャズのステージにプレイヤーとして上がる、ってことで。その雄姿!?を見に、行ってきました。
いしがきミュージックフェスティバルの翌日@岩手県民会館

西部さんをはじめ、岩手のジャズ愛好家たち、大学生から、おん年60~70代まで!
混成編成でのジャズ演奏が、一部。

二部は…
まず、松永貴志さんのピアノ+寺久保エレナさんのサックス!
松永さんは「報道ステーション」のオープニングテーマでおなじみ。その曲もやってくれて、しかも!現役高校生の寺久保エレナのサックスはしびれる。‘若さゆえのまっすぐで、堂々とした感じ’が、すごくイイ!
生・松永のアクロバティック(PE'Zのヒイズミさんもアクロバティックだけど、また違う感じで)なピアノ演奏が見ることができて、ちえぞう大満足♪

次いで、ヨーロピアン・ジャズ・トリオ。
1曲ごとに、一生懸命、日本語で曲のお話をするのがかわいかった(失礼ながら)。

トリは、日野皓正カルテット!
日野さんのトランペットはさすが!すごい!!!
シロートながら思うのが…荒々しくもありながらすっごく繊細だったり、すっごく両極な音が出てる感じ?
すごかったな~(^^)

そして、とにかくとにかく、すごかったのが!!!

出演者全員がステージに上がっての演奏!!!

ピアノは連弾したり、代わる代わる、弾いたり。ドラムやコントラバスも、そう。
松永さんが弾いたと思えば、岩手の若者が松永さんの後に、ピアノを弾く。その横に立って、リズムをとりながら、見守る松永さん。

全ての出演者、だから。日野さんも登場、なわけで。

こうして、キャリアとか年齢とか、いろんなものを全く、まーったく、関係なく。
楽器で会話してるんだな~…というのを、目の当たりにした。
楽器ができる、音楽ができる、って。本当にうらやましいことだなぁ、と、思った。

ホント、お見事…いや。お見事じゃ語弊アリだな。素ん晴らしかったよ~。
最後の最後、全員でのセッション!!!

岩手のジャズ愛好家たちにも、とっても励みになる場だったと思うしね♪

心底、羨ましかった。音を奏でられる、ということが。

東京JAZZって有名ですが、実は、地方で、東京JAZZのスタッフが来てライブイベントをやっているのは。
この、「いわてJAZZ」だけ、なんです。ホントに!

確かにジャズプレイヤーが集まるけど、吹奏楽部などの学生さんに。
もしも来年以降もあるなら、見て欲しいな…「楽器を使って、音をみんなで出す楽しさ」が、伝わるから!

そして高校生以下、なんと、半額です。入場料!

来年も行われること、切に、願います!
[PR]
by takahashichie | 2010-09-22 00:00 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪