「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

♪日々、コレ、ちえぞう♪

djchie.exblog.jp

「ぼくらが旅に出る理由」を2回歌った日にオザケンのライブに行けた。2012年。旅をしたい、もっと。 ↓ ローテンブルグで出会ったにゃんこ☆ ↓

カテゴリ:医食同源☆医酒同源( 29 )

マリオカートでイカスミをかける攻撃があるんですよ~その時はタイトルの雄たけびをあげながら、ヒマを見つけてはカートを走らせております♪

さてさて。飲んだねーきのうは。最近めっきり飲んでなくて(このワタシが!)痩せました(マジ!)。おなかへっこみました(ホント!)。
ワタシにとって痩せるのに一番の薬は、ビリーでもスクワットでもなく、
お酒を飲まないこと・・・実感★

e0033384_15165014.jpgきのうは暑かったからビールもおいしいっ!久しぶりの焼酎、おいしかったぁ。
また肴がおいしかったの。九州のいか・・・「呼子いか」って言うんだって。
獲れたてを直送してもらってるので、ものすごくあまいっ!!!やわらかいっ!!!本場で食べたら、透き通ってるんだってこのいか。
奥に見えるはさつま揚げ。そりゃ白波(焼酎・安いけどやっぱこれがんまいっ!)、すすむっしょ。


ということで佐賀料理のお店に行ったのですが、まだまだ知らないおいしい食べ物が全国にはいっぱいあるんだな~。
痩せることも大事だけど、おいしいものを食べたり飲んだりできない生活もヤだな・・・こうして、飲むのを簡単にはやめられないのデス(笑)。

大切な飲みトモの皆さんへ:やっぱりこれからも飲みますっ!どうぞよろしくお願いしますっ!!
[PR]
by takahashichie | 2007-07-25 15:18 | 医食同源☆医酒同源
わが弟夫婦曰く。ケーブルテレビでそんなタイトルの番組が見られるそーだ。
お店の人には「ご主人は何代目?」と質問するのがお約束らしい。大したレポートはしてないようなのだが、なぜかミョーに気になって見てしまうとか。
で。ネットで調べてみたところ「全国居酒屋紀行」なる番組らしい。うーん、気になる・・・ウチじゃ見られないからなぁ。

e0033384_117172.jpg先日久しぶりに、盛岡のとある居酒屋さんに顔を出しました。そこにはワタシの日本酒の師匠がいるのですが、ニヤリ、笑って出してくれたお酒がコレ。

静岡・國香(こっこう)酒造の「傳一郎」!
調べてみたら、傳一郎さんという方が蔵元でして、これは年に一回しか出ない限定品らしい!

おいしい~美味(^-^)♪ひやっほう!
見かけることがあったら是非味わってみてください☆マジおすすめ!

そーいえば。昨日番組宛てに「大那」がおいしかったってメッセージをくださった方!danchu最新号・日本酒特集にも載ってて気になってるんですぅ~!栃木の県北で造られてるんですよね。
こちらも早く探していただかねば♪
[PR]
by takahashichie | 2007-03-08 01:17 | 医食同源☆医酒同源
この時季、外に飲みに出かけると幸せな出会いが多い・・・:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

e0033384_13294130.jpg香川県のお酒「悦 凱陣」。
その銘柄の、無ろ過生のお酒ナリ☆無ろ過生は初めて!うれしくって最初に頼み、マスターにもモデルになって!と頼み(笑)、この写真。
いろんな味が口のなかでごちゃごちゃ・・・うーん、たまらんっ!!!いっしょに行ったトモダチは「白ワインみたい」って言ってたけど、それも確かに。さっぱりした感じもあるんだけどフルーティな酸味のようなものもあり、なんか不思議な味わい。生酒なだけに?甘さも感じられるスバラシイお味でございます~♪

どこかで見かけたら、この銘柄はゼッタイ飲んでみてね、生酒じゃなくていいので最初は。
ちえぞう一押しデス☆

あ・・・大阪国際女子マラソンおなじみの、アルフィーコーナーが始まった・・・(笑)。
[PR]
by takahashichie | 2007-01-28 13:46 | 医食同源☆医酒同源
e0033384_2295619.jpgいやあ、しあわせ(#^.^#)
大スキな銘柄の一つ・鳥取「鷹勇」の原酒!
“にごり”と書いてあるだけあってビン上部は透き通ってても下部が白。透き通ってる部分のみ、そして混ぜ合わせて、と、しっかり味わいました☆ほんのりとあまさのある、ちょっと鷹勇らしからぬ。でも、新酒だわ~フレッシュだわ~というお味をマンキツしたのであります。うぷぷ。

e0033384_2372867.jpg
そして。
十四代を久しぶりにいただきました☆「龍の落とし子」とあるのは酒米のこと。蔵元が山田錦を交配させて作ったお米なんだって。
そんなお話もマスターに教えてもらいながら。いろんな日本酒の話を肴に調子に乗って飲みすぎちゃった(笑)。

マスターに教えてもらったこぼれ話。
関東のとある酒屋さんの上がバーになってて、そこに入るには。「瓶の上部・中部・下部」の3部分のお酒が出されて、それぞれどの部分か当てられたら入店資格アリ、とみなされるとか・・・いつぞやかトライしたい。うん。
修行修行♪
[PR]
by takahashichie | 2007-01-21 02:57 | 医食同源☆医酒同源
e0033384_2151732.jpg

「オマエ、一人でも飲みに行くの?」
よく聞かれます。えぇ、行きますが何か?

今夜も一人ですが何か?

こちらはただの磯自慢ではニャイ(磯自慢は静岡のおいしいお酒なのさ)☆

吟醸生酒原酒!であります!
フルーティで香りもよくて甘さもあるのに飲むとすっきり…どんなお酒やねん!?
でもそんな日本酒なの…間違いなく…。

一人でがんばって写真も撮ってみました~これからまだ飲みますが、何か?
給料日だもん、いいじゃん…では、ドロン★
[PR]
by takahashichie | 2006-08-31 21:51 | 医食同源☆医酒同源
きょうはいろんなことがあった一日でした☆
梅雨明けした東京の空の下、和義さんのフリーライブ。そのあと久保田利伸さんの華やかなコンサート。

音楽だけじゃないのよ~。実はその前に、一杯、いや、二杯、そんなもんじゃなく・・・お酒ひっかけて出かけたのです。エヘ☆
とゆーのもライブの前に、タイトルのイベントへ♪初めて目黒の雅叙園ってとこに行ったのであります。

e0033384_2350579.jpg全国60ほどの日本酒の蔵元が集って自慢のお酒をふるまってくれます。
ご覧の通り、会場はすれ違うのも大変なほどたくさんの人!資料とにらめっこしながら、飲んでみたい蔵元さんのブースへ。


e0033384_23552690.jpgこちらは、ふくろうのイラストのカップ酒が雑誌・dancyuで高く評価されていた銘柄「福千歳」の跡取り。まだ東京農大の学生さん、だけど、今までの日本酒の概念を崩そうとこんなピンクのラベルをつくったり、味にしても女性向けのものを考えたり。新しい風を吹き込もうとがんばってる!でもワタシはどっしりした昔からの福千歳がスキ。古くを残しつつ、新しいものを。期待してマス!


e0033384_034690.jpg
カップ酒と言えば。静岡の「志太泉」はこんなカップ酒を造ってる。ネコのイラストがかわいい~。’ワンカップ’に対抗して’ニャンカップ’と言うそう(ホント)。かわいさだけでなく、お酒もなかなか飲みごたえあるお味。
帰り際、このカップ、いただいちゃいました!蔵元さん、ありがとうですっ!



e0033384_083315.jpg実はこのイベントにお邪魔したのはこの蔵元さんが出るから・・・そう、レディオベリーのアナウンサーだった星さん(旧姓)が、今はこちらの蔵元のおかみさんなのっ!
同じラベルに見えるけどこれは全部違うのだ。真ん中の「袋吊り原酒」がワタシはいちばん好き。館林の名物(なのかな?)のこんにゃくの漬物をいただきながら、ちびちび。ごちそうさまでした☆
ちなみに分福酒造さんもレトロかわいいカップ酒を造ってます。ゼヒ多角販売してほしいとお願いした次第!

このほかにも蔵元さんをまわって、ステキなお酒をいただきまくった午後のひととき。やっぱり思う。日本酒って神秘的よねえ。お米をメインにこんな味、あんな味。
ワタシは一生、日本酒飲むのは、止めらんないと思う・・・そして、もっと知りたい。こんな味、あんな味。
日本人でよかった~と思う単細胞のワタクシでありました♪
[PR]
by takahashichie | 2006-07-31 00:25 | 医食同源☆医酒同源
e0033384_2443520.jpg

と、直感が働くことって、ある?

今日は「元気かなー?」と、思っていた方からメールがありビックリ!
「フジ(フジロック)見参?」
って!

ワタシが今の仕事を始めるきっかけになった、ナビゲーター・コンテスト。その時お世話になった名古屋・ZIP-FMの方。このブログを見てメールくださったんだそーだ。ウレシイ☆
実は今日、日比谷の野音で名古屋バンドのライブ見てて・・・思い出してたのよね~。これ、ホントに。
これからもこのブログ、ご購読?くださいマセ♪

ちなみにその方は4泊5日で行ってくるって・・・身近に行く人を見ると、揺らいじゃうなあ・・・(苦)。

ライブ見て。帰ろっかな~と思ってたら、知り合いのディレクターさんからケータイにメールが。
「アナタの大学時代の同級生がいます。」

そうなの、今日はそのディレクターさんなどが主催で、ホームパーティをやっていたのデス。
なんでそんな席に!?
行ってみたら・・・いたんだよ!卒業式以来、会っていない同じクラスだった女の子が!!!もうおおよそ10年近く会っていない、どころか連絡さえ取っていなかった女の子が!!!
えぇえぇええええええええ~!!!!!!!!!
こんな形でつながるってアリ?????????

彼女はまた違うルートから誘われてパーティに来てたんだけど、こんなつながりにオドロキ・・・もう、オドロキすぎちゃって、以下省略。
「いつもだったら場所も遠いし行かないけど、今回はなぜか行ったほうがいい気がしたんだよ・・・なんかね、ビビビときた」って、言うんだわ、彼女が。
あるんだね~、こーゆうこと。正直、まだオドロいてる最中(笑)。

予想以上に深夜に及んでいま帰宅。お料理教室をしている夫婦のおいしいお料理をしーっかり持ち帰り。キレイなお皿にして帰ってきたの図であります☆
[PR]
by takahashichie | 2006-07-23 03:33 | 医食同源☆医酒同源
そして。昨夜は。

なぁんと、
焼酎・「佐藤」を造っている「佐藤酒造」の佐藤さんとご一緒する機会に恵まれました!!
佐藤についてはもう説明するまでもないかもしれませんが、白麹で造ったいわゆる「佐藤の白」と、黒麹での「佐藤の黒」。どちらとは決められない、おいしい焼酎。

e0033384_14551336.jpgさらに、
その「佐藤」のお湯割を、佐藤さん自らつくってくださったのです!!!

なんとも言えないおいしさでした~。
まろやかでやわらかいんだけど、ちゃんと「飲んでる」っていう、きりっとした味がする。温度も絶妙!


e0033384_1457437.jpgコチラが佐藤さんが作ってくださったお湯割り・・・を、写真で見ても何ら分からないのは分かってても、写真を撮らずにはいられません。

ちえぞう的に、佐藤さんの入れ方をじっくり見学した結論。
*こうすればおいしいお湯割りが飲める*
①沸騰させたお湯をコップに6分目くらいまで注ぎ、すぐに別の同じ大きさのコップに移してしばし待つ
②移したお湯をグラスに戻す
③焼酎のボトルを上下させ中身を対流させる
④そして焼酎の注ぎ方がポイント・・・グラスに焼酎のボトルの注ぎ口をつけて静かに、お湯となじませるように、ゆ~っくりと。なみなみと注ぐ。

じーっと見ていたら恐れ多くも知人が、
「ちえが作ったのを佐藤さんに飲んでもらったら?」

ええぇえぇえぇ~!!!!!

上記をふまえて作ってみたところ、
佐藤さん「う~ん。あと20杯作ればうまくなるね。」

とゆーことで、お邪魔したお店で、作れるだけいろんな方にお湯割りを作ってお出して練習したのでした(笑)。

e0033384_15131240.jpg一本一本、焼酎を嫁に出すような気持ちで出荷してる、って。そうですよね、手塩にかけて造っている焼酎ですもん。だから、どこでどういうふうに飲まれているのかも気になって仕方ないんだそうです。
佐藤さんのお湯割り、忘れないようにしてこれからももっと、もっとおいしく、飲みたいなあと思ったのでした☆

他にもいろんなおハナシをしましたが・・・ナイショ。ステキな話をありがとうございます!
ゼッタイいつか、蔵に遊びに行きますね!
[PR]
by takahashichie | 2006-06-07 15:31 | 医食同源☆医酒同源
昨年のこと。
「宇宙に旅をした米と酵母で日本酒を仕込む」
というニュースがありました。
ネット上の某記事をピックアップしてみると、

10月1日(日本酒の日)に高知県産の日本酒酵母が旅立ちました。
ロシアのソユーズロケットに積み込まれたその日本酒酵母は、宇宙のステーションで約8日間滞在し、11日に無事地球へ帰還。その後、今回のプロジェクトに参加する17の蔵元さんに酵母が配られ、世界初の「宇宙酒」が仕込まれたのです。


e0033384_0131087.jpg
そうしていくつかできた日本酒のうち、こちらをいただきました☆
銘柄の横にちゃあんと「土佐宇宙酒」と書いてある。1合で1100エンは高いけど、ま、ちょっとしたご祝儀?記念?な気持ちで一杯いただくことに。




e0033384_0132771.jpg
お店の方曰く「星空を眺めながら飲みたくなるお酒」。ごもっとも。
日中はお天気に恵まれた五月晴れのきょう。東京・二子玉川にあるお魚がおいしいお店から、遠い宇宙に思いを馳せておいしく、いただきました☆
[PR]
by takahashichie | 2006-05-22 00:11 | 医食同源☆医酒同源
このカテゴリー、久しく更新してませんでしたね~?
それなりに、飲んではいたんですが・・・(笑)。

火曜日の放送終わり。久しぶりにあるお店に顔を出しました。
ビールを飲んだあと、さぁ、日本酒。
するとマスターがにんまり、
「ちえちゃん、コレ飲んだことあったっけ?」

e0033384_035296.jpg
「鳳凰美田」?
栃木の人はみんな知ってる小山の銘酒じゃん?

でもラップに包んであったり、何かヘン・・・?




e0033384_0382846.jpg
注いでみたら!
この写真じゃ残念ながら分からないと思うんだけど!

きれいな「さくら」色。ほんのりピンクが何とも言えない美しさ☆
桃色にごり酒と裏ラベルに書いてありました。
しかもちょこっと、しゅわしゅわ。発泡生酒ゆえ。

お米から(もちろんお米だけでは作れないけど)生まれる日本酒。日本酒の奥深さにまた改めて感動させられたのでありました。

そりゃあ、酔っぱらっちゃうよね・・・こんなお酒はついつい飲んじゃうもん・・・モチロンこんなお酒を造ってくれた杜氏さんへのリスペクトとともに☆
[PR]
by takahashichie | 2006-04-20 00:52 | 医食同源☆医酒同源