ブログトップ

♪日々、コレ、ちえぞう♪

djchie.exblog.jp

「ぼくらが旅に出る理由」を2回歌った日にオザケンのライブに行けた。2012年。旅をしたい、もっと。 ↓ ローテンブルグで出会ったにゃんこ☆ ↓

カテゴリ:NO MUSIC,NO MY LIFE♪( 745 )

この前の金曜はね。

e0033384_10221327.jpg


Hemenway、初めてのワンマン♪

ワタシ、最初「ヘミングウェイ」だと思ってたの、バンド名。ちゃうちゃう、「ヘメンウェイ」でございまする。
アイザック、チャーム、オガチン、トシくん。デビューは決して早くないけど、初ワンマンのステージはとっても初々しくて、キラキラしてた☆

前半、やっぱキンチョーしてんだなぁ、ってのが伝わって、がんばれ、がんばれ!って感じで、ある意味見守ってたんだけど(笑)、アンコールのあたりなんて、もう。4人で音を鳴らすのが好きな男の子たちになってて。顔を見合わせながら笑顔でセッション。
この光景を見られただけで、あぁ。大丈夫だなぁ、って。これからもっと羽ばたいていくだろうな、って。

ボーカルのアイザックがまーた、ステージ映えするんだ、すっごく。‘しゅっ’とした顔立ちが、すっごく。映える!

e0033384_10221314.jpg


なんだかんだ、つるんでるメンバー揃ってライブに行ったわけよ。全員で写真撮るの忘れたのが悔やまれるけど、ライブ後、8人で食べたゴハン会のうち、3人も。Hemenwayと同じ・バークリー音楽大学出身者がいる、っていう、ね。これちょっと笑うっしょ。
ちなみに。Hemenwayメンバーは全員、バークリー出身!すげー!

バークリーがあるアメリカのボストン、って。これまた素敵な街でねー。ちえぞう、初めてアメリカ旅行で行った街でもある(ニューヨークの前に乗り換えて行ったんだー)。クラムチャウダーが美味しい、歴史的な街。メジャーリーグのレッドソックス(松坂とか岡島とか)、って言うと馴染みあるかな?
ちょっと酔っぱらってくると必ずボストンの思い出話をして、いい加減みんなにウザがられてるちえぞうである(笑)。

Hemenwayは、ボストンにある、道の名前♪



そそそ。先週の土曜にさかのぼりますが。

e0033384_10221466.jpg


3ピースバンド、Anyのワンマンへ♪

ワンマン、って。やっぱり対バンとは違うプレッシャーみたいなものを。感じるんだろうなぁ。でもどんなバンドでも、アーティストさんでも。そういうのをくぐり抜けて、どんどん、大っきいステージに上がっていくんだろうなぁ。言葉にすることでもないですが、しみじみ、と。

こうして言葉を私的に綴ることでも、公開している以上、は。発信している、と言えるのであって。
アリーナだろうがライブハウスだろうがお客さんの数関係なく、ステージで喋ってることだって、発信、であって。

やっぱり、その、‘発信’の意味を。重く考えなくてはいけないと思う。いや、そうではなくて、軽く考えてはいけない、と言えばいいかな。
Anyはあの時、あの場で。何を伝えたかったんだろうか。

喋ること、伝えること、ってのは。人そのもの、が、出るんだなぁ、って。最近になって思う。これは、場数を踏んだからいいことが言える、ってことでもないんだなぁ、年を重ねたからいいことが言える、ってことでもないんだなぁ、って、こと。



こんなこと書いてたら、smorgasの「黄金の道」が聞きたくなった。うん。なぜか。
[PR]
by takahashichie | 2012-04-01 11:04 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
何気に行ったことなかった。

e0033384_13143625.jpg


ハコとしてはすっごく好きな感じだった~古き良きアメリカのライブハウス、みたいな感じがして!お酒の種類がオモロい(電気ブランとか焼酎でキンミヤ置いてたり、とか)のも個人的にはグー!

ちえぞうのお目当てはScars Borough(スカーズボロ/ボロー、と、のばさない)。
ボーカルのキョーコさん、存在感が他にまるでないボーカリストで圧倒的だったなぁ。ただの酒飲みじゃなかったわ(笑)。

「今日のみっちり(持ち時間)30分間、たっぷり、愛を置いていくからね♪」
いやぁMCってやっぱり。コトバってやっぱり。どんな人なのか、それが短いフレーズであろうとも。
出るものなんだなぁ。長く喋ればいいというものでもない。「楽しんでってね」みたいなMCが多い中、こうしてこんな短さでも十分個性って出ちゃうんだなぁ、と。

お酒飲んで、のつながりってのは。またすっごく不思議なもんで。ちえぞう、いっぱい、いろんな人に迷惑もかけてるんだろうと思う。
けど、さ。
なんか、いいんだー。それでつきあいなくなったら、それはそれまで、だもん。実際にはそんなふうになった人もいないっちゃいないしね(笑)。
お酒は人を正直にする。キョーコさんも、初対面から。まさにそんな人だった。まるで嘘がつけないような人。本音で話す人。

ちえ、だから、「チェリー」って。ちえぞうのことを呼ぶ(笑)キョーコさん、また飲もーね☆
で、これからも行くよースカボロlive♪
[PR]
by takahashichie | 2012-03-24 13:41 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
きのうはー。
渋谷のO-nestとduoが行き来自由という会場での、言うならばフェス「Synchronicity」へ♪
なんでもグリーン電力でまかなわれているイベントとのこと。そういう試みもとっても面白い!詳しくはコチラ

面白さはそんなところだけじゃなくって、ただ音楽だけのステージじゃなくって、その横にライブペインティングがあったり、今後のエネルギーに関するトークセッションがあったり。移動もチョー楽チンな会場なのもグー!

e0033384_22502245.jpg


会場の階段もこんなふうになってていつものO-westとはちょっと違う雰囲気☆

KESEN ROCK FESには2日登場(!)のthe band apartもじっくり見たかったし、今年はappi jazzy sport行けなかったからcro-magnonも見たかった。でも、今回のちえぞうメインはやっぱりこれさぁー!

「高野寛+伊藤大助(クラムボン)」!

高野さんがMCで、新人バンドのようにやります、って言ってたけど、で、そんな感じで、ちょこっとずつ合わないところはあった、けど。これまでの2人のキャリアから考えると「ん?」って感じもするはするが、それっくらい。やっぱり、新しい‘ユニット’として活動をする、というのは違うもんなんだろうなぁ、と思った。
これからツアーに出て戻って来た時が楽しみだねん♪

クロマニヨンはホント、まぁ。日本人でこんなにスタイリッシュなカッコ良さってものが出せるんですねぇー。すごく洗練されたセッションを聞かせてくれた。センスのいいカッコ良さ。
終わる頃にはステージ前から2列目くらいで踊ってたのはちえぞうです。

バンアパはこのイベントのラインナップ的には「ん?」って感じではあったのだけど。始まってみると全く違和感なく。バンアパのメロディセンスが高いからなんだなぁ、と、聞いて実感♪
ベースの原さんがチョーいい笑顔でこっちまでなんか笑っちゃった(^^)

あとサイコーだったのはBuffaro Daughterね。もっと聞きたかった!!!

e0033384_22502352.jpg


duoの前ではこうして出店してるお店もいくつか。これがまたおいしそ〜!

と、思いつつ。通りすぎたら…

「ちえさぁあああーん!!!」
と呼ぶ声アリ。

e0033384_22502311.jpg


デザイナー・ショージです(ここまでが呼び名、笑)じゃん!
何やってんの!?

つうことでショージですに、あったかペンネをゴチになるちえぞうであった☆

さらに!

e0033384_22502493.jpg


会場でバッタリ、のZくん!ついこの前の木曜に飲んだばっかでその時このイベントの話なんかひとっつも出なかったじゃん(お互いさまだけど、笑)!
彼も経歴がオモロい人間なので、Zくんにせよ、ショージです、にせよ。このイベントの主催者さんと繋がってるから来てたとのこと。ほー!

そもそも「synchronicity」ってさ。あるネット辞書ではこう説明してるんだよね。
<虫の知らせのような、意味のある偶然の一致。心理学者ユングが提唱した概念。共時性。同時性。同時発生。>

なんだかよく分からないけど、そんなタイトル通りのバッタリ遭遇があり、こんなアーティストとこんな人がいっしょのイベントなんだ、ってこととか、うん、なんだか、よく、分からないけれど。
共時性があった夕べだったなぁ、なんてのは。ちえぞう的にも、思ったりなんか、して。よく分からないけれど☆
[PR]
by takahashichie | 2012-03-19 23:24 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
一生は日々のコレクション。そんなことを略してブログのタイトルにしてるんですが。まったくコレクションになっていない(^^;)
もっと端的に書けるようになるといいんでしょうなぁ〜ずいぶん前、ラジオの仕事をはじめたばっかりの頃ってフリートークなんかまったくダメで、でも、大先輩のレディオベリーの佐藤望アナウンサーに「大丈夫だ〜年とってオバちゃんになれば喋っても喋っても足りないくらいになるから〜」なんて言われたことは覚えてて。うん、確かに年を増すとあれこれ喋りたいのといっしょで、あれやこれや書きたくなってボリューミーになるから日々追っつかなくなるんでしょうか、なんてひとり合点。

さて。そんなわけでいつぞやのお話なども。

e0033384_1475399.jpg


ひさーしぶりにハナレグミのライブも楽しんできたぞい♪おおはた雄一さんとのステージが、いいなぁ〜♪
おおはたさんもやっぱりすごいギター弾きだね。もともとはおおはたさんのギターがすっごく日常に溶けやすいからなのか(前におおはたさんのライブ中、バイクの吹かす音がすっごく聞こえたんだけど、その音が邪魔にならずむしろミョーにハマった)、ハナレグミのサウンドに不思議と絡んで入り込んで行く。キモチ良かった☆

永積タカシのライブワールドってすごいわぁ、改めて。極端な話、1曲1曲ごとに、違う風景を映してくれる。いま、ちょっと悲しい気持ちにさせてくれた、と思ったら、次にはぱぁあっと、晴れやかにさせてくれたり。それが、ホントに1曲ごとなんだよね。そんな言わば両極端な感じも、すうっと。自然と連続させてる。
生きてくってこういうことだもんね。なんて。

「ウイスキー、やって!」っていうお客さんの掛け声に、ウイスキー〜が、お好きでしょ〜♪を即興で弾き語ってくれたのも嬉しかったなぁ。
お客さんとすっごく近いのも永積ワールドの魅力ね♪

そんなライブのことはツイッターでは軽〜くつぶやいてたんですが、その翌日。FM横浜の鎌倉ツアー(あとで書く)で会ったリスナーさんに「きのう自分もハナレグミlive行ってたんですよぉー!」と声かけられて、ライブ話できたのは嬉しかった(^^)

音はつながる!

e0033384_1475367.jpg


まさにつながりだらけの対バンspecialライブですなん♪
これがホントに良き夜で。いろんなボーカリストがゲストで参加したわけだけども、初恋の嵐の曲のセンチメンタルな部分をそれぞれのボーカリストがすっごく伝えてくれた。初恋にさぁ〜さぐ〜♪をゴーイング(アンダーグラウンド)・松本素生氏が歌ってくれたのも、なんかミョーに嬉しかったしね。

そんなゲストボーカリストの中で盟友と言っていいのか、堂島孝平さんのボーカルはちょっと新しい感じがして、でも。やっぱりしっくりしてて。さすがでした。
こうやって、ゲストの参加で、続いていったらいいのにな、初恋。なんて思ってたら、アラバキ親善大使でもある堂島さん。「アラバキに出ますー!」発表、しちゃったもんね、このステージ上で(笑)。そんでそのあとアラバキのオフィシャルHPも‘緊急発表’的なアーティストでアーティストのラインナップに載せてたね♪
オトナのやることは面白い☆

そんで。このライブの数日前に、斉藤和義さんのライブを見に行ってるんですが。和義さんのツアーメンバー、4人中3人はこの日のステージにいた、っていう、ね(初恋・隅倉さん/キセル兄/エマーソン北村さん)。
和義バンド恐るべし。

e0033384_147547.jpg


四星球。もともと、いしがきミュージックフェスティバルで伝説を生んでる話(笑)は何度か書いてるんだけど。ちえぞう、ステージが違うから見てないのよ、その伝説。しかし伝説を生んだのも分かる気がしたねー、こんなバンド、いま他になかなかいないと思うわ(あ、SET YOU FREEチームはともかく)!
とことんライブを楽しむ姿勢がハンパない。それはお客さん全てを巻き込んで、そう、1人たりとも残さずに!この、‘1人も残さず’、とにかくその場にいる全員!ってのが、すごいんだわ、うん。「コミックバンド」って本人たちも言ってるし、これだけ見れば楽しいバンド、って印象は持ってもらえるのかもしれないけど、楽しいだけじゃなく、マジメにしっとりと歌う曲もある。

いい意味でアホすぎて、ちえぞう的に知り合う由もないか(笑)と思っていたら、これがまさかの、ねー。先日たまたま一緒に飲んだわけですよ。世の中狭いわー。
今のうち見といたほうがいいよー、四星球♪ちょうど来月、東京でもワンマンあるし!→コチラ
八王子だけど、行かなくちゃだよねー♪
[PR]
by takahashichie | 2012-03-19 14:07 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
この前の火曜。
代々木公園でスカパラのフリーライブ♪

e0033384_1514887.jpg


太陽がキモチよく射しこんだ日中・午後2時半からのライブは、終わってみれば1時間超!
新しいアルバムからの曲だけじゃなくSKA ME CRAZYやルパ~ンもやってくれて。最後にはメンバー1人1人が喋ったりもして。とっても充実!

しかしスカパラの威力ってすごいな。スカという音楽というより‘スカパラ’という音楽、だよね。
そんな、スカパラという音楽を武器に。スカパラは、まさに。いっつもMCで谷中さんが言う「戦うように楽しんで」ライブをし、音楽を鳴らし、生きてきたんだなぁ、って、思った。

そうやって生きてきた「生きざま」みたいなのが単に表れてるのかもしれないよね。カッコいいよなぁ。
人は歳を重ねる毎に、カッコ良くもなれる場合もあるんだなぁ。改めて。40代の伊達男たちを見て思った☆

火曜日・平日・午後2時半。
それでももんのすごい人だったな~!



うっすらライブで汗かいた。その日の夕方からは。
横浜・野毛界隈に移動♪

e0033384_1514868.jpg


ギョーザを初めて出したお店!?とのウワサもある中華料理屋さんが1軒目♪
見た目シンプルですがちょびっと出る肉汁がまたンマい、ギョーザでありました。

この日は飲みすぎた。まさかのカクテル系でだいーぶ。やっぱり甘い系のお酒はあんまり飲まないようにしよ、これから。ハイ。
[PR]
by takahashichie | 2012-03-18 15:01 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
幸せ、ってさぁ。なんだろう。冷静に考えると、分からなくなる。

e0033384_1282636.jpg


今日は。
木村カエラちゃんのツアーファイナルに行ってきたよ♪

いちいちかわいすぎる。でも、ほんのちょっと思ったのは、誰でもカエラちゃんに生きることはできる、ということ。
もちろん見た目とかスタイルはどうにもなんないけど、カエラちゃんみたいに、自由に、のびのび、素直に。自分というものをしっかり持って、堂々としてる人って、それだけで、かわいいんだなぁ、って。思った。
ワタシ今日、ホントに。カエラちゃんに勇気もらったもん!

たとえば。
こんなメイクしたら変かな?って思ってると、そういうオーラみたいなのって出ちゃってヘンな目で見られるのといっしょで。
どう、このメイク!?って、堂々としてると、それはヘンな目で見られないんだよね。結局は、自分のしてることに堂々とできるかどうか、ってのが、すっごく大切で、でも、大変だったりして。
カエラちゃんは、飄々と。堂々とできてる女の子だなぁ、って、思った。
メイクを例にしたのも、カエラちゃん、衣装はとってもキュートだったけど、あんなメイク、いくらステージ上だから、とは言え、やっぱり、すごかったもん(笑)!

でね。

不幸とか、辛いこととか、そういう、幸せじゃないことを指す言葉のほうが、幸せなことを表す言葉より多いんじゃないか。それくらい、幸せってのは、気づきにくくて、小さなことの積み重ねなんじゃないかな、って。
カエラちゃんが言ってた。なるほどそうかもなぁ、って、思った。

どんな世代でも、男女関係なく。カエラちゃんのライブは、力がもらえる人が多いんだろうなぁ。それがとっても分かった。
自分に自信を見失ってる時に見ると、ホント、特に、ゲンキになるよカエラlive!
ワタシ、これからライブに行き続ける気がする(笑)!



そそそ。武道館、先月行ったライブのことを書き忘れてた!

e0033384_1282661.jpg


和義サマ(///∇//)

「ギター」という曲にぐっと来た。うん。これ、シンプルすぎる歌詞に、込められた気持ちってのが、とっても深い気がする。和義さんならではの描き方だなぁ、って。
いろんな励ましとか応援ソングとか、あるけど。和義さんらしいなぁ。全然直接的じゃなくって。
その時、ギターのオークションの話をしていましたが、スタートしています⇨コチラ

また、このオークションに関してのMCも和義さんっぽくって(笑)。
被災地にギターを贈るためのオークションだけど、そこに、教則DVDみたいなのもつけましょう、と。で、ギターの先端は乳首のあたりに、下のほうは股間らへん、の位置でギターを持つと、気持ちいいんだよ〜なんて感じでねー…
だって。ぷ。

まだツアーが続いているので、ちょこっと書くと。和義さんが、ギター以外の楽器も披露してます。いやぁ面白かった♪

好きだなぁ、和義さん。まるで肩に力が入ってなく生きてる、あの感じ。好きというより人間としての憧れに近いかも。
頑張ろう、なんて言葉をまるで知らないかのように生きてる感じ。

e0033384_1282668.jpg


FM栃木が主催している野外フェス・ベリテンライブ。
昨年行った時に、アトムといっしょに和義さんでチョー盛り上がってました♪
そんなわけで和義さんライブはアトムといっしょです。はいパチ☆
[PR]
by takahashichie | 2012-03-07 02:34 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
なんっって、笑ったのが懐かしい。

e0033384_221147.jpg


岩手にて。身近なところに、2月24日生まれが3人いました。
・岩手の宝こと・EL SKUNK DI YAWDIE、ショウくん(左)
・FM岩手の隠れキャラ・技術、前田さん(60代)
・ちえぞう

いっつもすっごくサービスしてもてなしてくれる鴨富亭・トミさんが写真真ん中。
前田さんが入れたボトルもまだトミさんところにまだあるはず、だ!
2・24は過ぎたけど、必ずや、また3人+αでにぎやかに、トミさんところに行こう(^^)!

そんなことを、思い出しながら。

改めて、ツイッターなどでメッセージをくださった方々、ありがとうございました!
今年は、嬉しい、というのとは違う、なんとも言えない感情が占めていたバースデイでした。これがなんとも言えませんが、本当に。
とっても、不思議な感覚でした。ワタシ、いま、岩手でも栃木でも喋ってないのに、なんでこんなに…
ありがたいことです☆

今年のバースデイはね。夢がひとっつ、叶ったよ。

e0033384_2211542.jpg


山下達郎さんのライブに行ってましたー♪
達郎さんが「ホーム」というホールで見られるというのもまたシアワセなこと☆

ちょっと毒も含んだトークを展開しつつ必ず「シャレですから、シャレ」でシメるという(笑)。

ほぼオンタイムの18時半にスタートして、終わってみれば22時近く!?
ところがそれ以上の時間が流れたかのような、それはそれは、濃密な時間だった。

達郎さんがギターを弾く手と腕は神のよう。おおはた雄一さんとか、他にもすごい手のギター弾きっているけど、すごい、の質がちがう。
自然に流れるまま動いているかのような、あの手の動き。神だ。

(以下、もしもこれから達郎さんのライブに行く方は読まないほうがいいかも)

もう今回は、何度か涙を流してしまいました。達郎さんも働き盛りと一般的に言われる年の頃に、暗闇の中にいたということ。達郎さんですらそんな時があって、それで今はこうしてライブを毎年楽しめるようになり、来年には還暦を迎える年齢に達するということ。

「希望という名の光」は。いくつになっても、誰にでも。暗闇を歩いていれば必ず、射し込む時というのはやってくるのですね。希望を探し求めて、ただもがくだけしかできなくて、ただただ、やり過ごしていて日々が過ぎていたとしても。
その気持ちさえ、あれば。

そんなことを、達郎さんのお話を通して、思わされました。

しかし達郎さん、中野サンプラザで初めてライブをしたのが「Ride on Time」のリリースの頃で、30年以上前!?
ギター弾く手もそうだけど、恐るべしはあのボイスも然り!!!
一度ライブを見ると、達郎さんがホールにこだわってライブを続けているというのもよく分かるというものです。

今回の達郎さんのライブは、‘活力’みたいなのをもらえた方が、いっぱいいるような気がするなぁ(^^)



達郎さん濃密ライブの後は、某レコード会社の方にお祝い(笑)をしてもらいました@中野♪
中野ではなかなか飲む機会がないので、それだけでもう新鮮!
写真がまるでありませんが、まぁなんてシアワセなことでしょう。ありがとうございまする☆

あ、あと。おまけ。

e0033384_2211585.jpg


この前の日曜は、日本酒で祝ってもらいましてー。「乾坤一 (けんこんいち)」というお酒を飲みつくしましたん♪
もうかれこれ10年近いつきあいの、トモちゃん(写真真ん中)、「日本酒って、たまらないよね〜…すごいよ、ねぇ!」

同意!
だって、お米だけでいろんな味わいが出るんだもん♪

これ、3人とも、持ってる種類が違うのさー!
わっかるかな?

e0033384_2211670.jpg


ぬる燗でひたすら頂いた夜。ぬる燗ならちえぞうおススメはいっちばん右はじかな?

宮城のお酒。蔵は今年で創業300年を迎える。が、やはり。震災の被害はとてもとても、大きかった。
梁などは残したまま蔵の修繕をしつつ、お酒の仕込みもはじめられたそうである。

トモちゃんのお店では、1合あたり、60円(ん?80円だっけ?)を、こちらの蔵に寄付している。
まだまだ、まだまだ。これから!
飲める口実ができた!という呑ん兵衛党の皆サマ、それでいいと思うの!飲むことだって、立派な支援だ(イエス)!!

とゆーことで!今年も飲みまーっす!!!
[PR]
by takahashichie | 2012-02-29 23:00 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
ビクターさんのADと呼ばれるセクションで、新人の発掘・育成をしているのですが。
そのチームの、お披露目したいアーティストのタマゴちゃんたちを見ることができるイベント。

e0033384_10151493.jpg


今回は会場が渋谷のduo♪
前回に比べて雰囲気はコンベンションっぽい!

今回も8組の精鋭たちが3曲ずつ。ドリンク代払えば入場できるというイベントなので、一般の方もいるんですが、やっぱり関係者が多くて。明らかにギョーカイ的な隣の方、一生懸命メモしてるのを「なるほどー」とチラ見しながら楽しんだちえぞう(笑)。

個人的には、北海道から来たという「メロウデゥ」がちょっと気になる。Salyuさんをもうちょっと小ぎれいにした感じ(誤解しないでほしいが、ワタシはSalyuさんの今のあの感じ、透き通ってるのにちょっとささくれがある感じ、が、とっても好きである)のピアノボーカル含め3人編成。この先どういう方向の音を生んでくれるかによって、ちえぞうは好きになるかも。

韓国からきた男の子、アメリカやカナダ出身の外国人もいるメンバーで結成は千葉というバンドとか。
多彩な8組の競演でした♪

で!
今回、MCをしたのは、この方じゃ!

e0033384_10151411.jpg


フカミたいひょー(←大将/ビクターADチーム)!!!
お疲れちゃん、の図☆

まさかの大将、赤の蝶ネクタイ(笑)!正装!似合う!!
大将が登場するたびにいちいちクスクスしてたのは他ならぬちえぞうです。いやぁいろんな意味でいいモン見られた夜でありんした♪
[PR]
by takahashichie | 2012-02-28 10:15 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
そーだそーだ。デビロック行って思い出した。今年の年越しはこの場所、幕張だったんだー。

e0033384_13315240.jpg


きらっきら美しい入り口。
角度変えるとまたこんな感じできらっきら☆

e0033384_13315228.jpg


ユニゾン(UNISON SQUARE GARDEN)のことだけは書いたんだけど、他のバンドもいーっぱい見て新しい年迎えたよん♪

デビロックでもちゃーんと見たけど、バックホーンはやっぱすごいなー。音の密度がすっごく濃い、って言えばいいのか。そういうのを音圧っていうの?空間の中での音の鳴り方と響き方が、そのステージで見た他のバンドとは全然違う感じがした。
そしてやっぱりベースの音にきゅんきゅんする(お約束)♡

続けて見た、怒髪天にはうっかり泣いてしまう。こういうのをちゃんと書いとくためにさっさと書かなくちゃいけないわけで(ということでMCの内容が断片的にしか覚えていないのだが)…とにかく、「生きていてこそ」ということを、強く感じさせるMCとライブだった。ワタシはまた怒髪天のライブを見に行きたい。だから、辛いことがあっても、ゼッタイ生きて、ゼッタイライブに行く!みたいな。

ソイル(SOIL&'PIMP'SESSIONS)、前に行って踊りすぎた。体力消耗(笑)。在日ファンクがちら見だったのは残念。もうちょっとちゃんと見たい。あと何見たっけ?あ、中川しょこたんはまさかの入場規制で全く見られず(!)、深夜3時くらいに見たsmorgasがやっぱり良くって。スモーガスはライブ的にはワタシの原点だからなぁ。ドラムがあらきゆうこさんでホッとしたし、復活ライブの時ちえぞうもちゃんと買った「blow the wind again」Tシャツ、あらきさんがちゃんと着てたのも、なんか嬉しかった。

年越しライブはソウルフラワーユニオンでした。「満月の夕」をもしも演ってくれたら、もう、それで。満足。
と思っていたら。本当に。カウントダウンをして、年明けて、すぐに演奏した曲は、この曲でした。
もう、ぐすぐす…って、今も書きながら、涙止まんなくなってしまいました。ダメだぁ。思い出さないわけがない。
でも、それと同時に、進んでいかなくちゃ、と。不思議にすっごく前向きに、よっしゃぁ!って、みるみるゲンキにも、なりました。
年明け早々、あの感覚はとっても不思議。

e0033384_13315246.jpg


岩手の音楽好き、リスナーさんにも会場で会えたよ!
そんな彼に撮ってもらったバドガールとの1枚(笑)♪

これまた不思議と、必ず。フェスとかでは誰かに会ったり、声かけられたり。嬉しいですなん。
今年も、これからも。生きてる限り、会っていこうぞ!
ホントに声かけてね、ちえぞうなんて、ただのヨッパライだから。

そうそう、声をかけられる、と言えば!

e0033384_13315239.jpg


出演者さんたちがくつろぐラウンジスペースにて。

その①クーボさん
「あれ〜高橋さんじゃねっすかぁ〜」と、あの釜石弁で(笑)。いやぁこんなところでお目にかかれるとは!?
岩手・釜石が誇るレゲエベーシスト・KUUBOさん、leccaバンドの一員としてジャパンに参戦とのことでした♪
はじめてクーボさんの奥サマにも(右)お目にかかる。いろんなことがあった年でしたね、なんてことを振り返る。期せずして、こんな場所で。
震災後、はじめて沿岸部に行った時には、クーボさんと一緒に回った。これからも、クーボさんと共に。

その②太陽と虎・松原氏
チェンジ(盛岡のライブハウスね)では今ごろ年越しソバ振る舞ってるんだろうな〜なんて思いながら。年越しソバを食べていたら…
「何やっと〜ん」つう素っ頓狂な声を上げ、爆笑する主。つうかアナタこそ何しに来てんのさ!?って感じだったんですが、eggbrainというバンドについて来てた、とのことで…「つうことで、見てよ、2時(深夜のね)過ぎやから!ちゃんとライブ見てな!」
そんなわけでまさかの。ソウルフラワー後も居残ってライブ見続けたわけですよ。あい。
ちなみに太陽と虎ってのは神戸のライブハウスです⇨コチラ

あとはプチ酔っぱらった勢いでSPECIAL OTHERSに声をかける(面識ナシ)。またいしがきミュージックフェスティバル行きたい!呼んで!と言われましたよーん。関係各位ヨロシク☆

e0033384_13315310.jpg


毎年、会場で販売されてるアーティストにちなんだカクテル。こちらユニゾンをイメージしたカクテルとのことで、その名も「オリオンスター」♪

家に着く頃には明るくなってましたーん。そういえば。
いいスタートでしたーん、ことし、2012年(^^)!



いま、改めて。満月の夕を聞いていました。
あの震災からちょうど、1週間後。金曜は、番組タイトルを戻して、枠の中での放送をしました。
そしてその日、午後2時46分に無音での黙祷を捧げ、番組の最後にお届けした曲は、リクエストをいただいた、この曲でした。忘れません。

もうすぐ1年。時間は刻んでいるですね、確実に。日々を。
ちえぞうも、岩手に戻ります。
[PR]
by takahashichie | 2012-02-27 15:16 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
DEVILOCKのイベント。今日は2日目、開催まっただ中で盛り上がってるだろうな~♪

そそ、そ。きのう、ね!

e0033384_14461779.jpg


たまにこのブログで「宇都宮の音楽バカ」で登場している、ホントに音楽バカ共が。
今回、このイベントのケータリングとして、出演者やスタッフにお食事を提供することになりましてん☆
コチラしゅんくん。
(彼らとは。ワタシがFM栃木で番組を担当している時に「ベリテンライブ」に出店したい!って話が盛り上がって、かき氷屋さんを出店したの。その時に監修をしてくださったお弁当屋さんで、つきあいが始まった。去年はフジロックだったり、で、今や、毎年何かしらフェスとかに一緒に行く仲間)

そんなわけで冷やかしに行ったつもりが。なぜかちえぞうもお手伝いに!

「何やってんのぉ~」と笑いながら入ってきたヒダカ(トオル)さん。ライブ終わりにやってきたモーサム(MO'SOME TONEBENDER)に思わず「大ファンです」と言えたこと。バックホーンの菅波さんは「うまそ~」をチョー連呼してくれてたし、BACK DROP BOMBのメンバーさんはあまりの明るいテンションに思わず大盛りサービス。

など、など。まぁ、いろんなことがあって、面白かったかな♪

きのうのメニューはこんなだよ。

e0033384_14461874.jpg


でもライブも見たよー、ちゃんと!
やっぱモーサムは最高だぁ~~~~~~~終わってみたらだいぶ前行ってた。なんかアタマの中のいろんな部分が狂っていく。感じたことのない感覚がアタマの中にひょこひょこ顔を出す。

きのうはなんといっても、HUSKING BEEの復活だろうなー。WALKとか大合唱だった。
「(磯部さん自身が)音楽を続けていれば。また、このメンバーで集まれるときが、来る」って、言ってた。
どんな事情があろうと、そしてその事情は語ろうとしなかった磯部さん。別にそこを聞いたから何になるわけではないけど、この一言で、推して知るべし。

去年の秋に磯部さんのワンマン見に行ったときにね、「もしかして…?」と、ハスキン復活するかも?と思うようなMCが。このステージ、でしたか。
磯部さんがヒダカさんのプロデュースで音源をリリースして。その時2人にインタビューしたんだけど、これが。初めてビークル(解散した時のメンバーではないほう)を、ちえぞう見たときの話になって。スタッフさんがその場ですぐ調べてくれて、その時の対バンって、ハスキンだったんだ!?わーお。もうすぐ10年とか経つんじゃないか?それくらい前。
不思議ですなぁ。こうして、後にも先にも1回しか見たことなかったハスキンがライブやってるよぉー!

この先は、分からない。けど、こうして集まって音を鳴らすと、喜んでくれる人はいっぱい、いーっぱい、いる!
モノマネ上手な、飲まなくてもクールに面白い磯部さんが。ハスキンでギター弾いて歌ってる姿は、これまでとはちょっと違う、カッコ良さがありました。うん。ちょっとホレちゃいそうだった(笑)。うふふ☆

あー。音楽っていいなぁ。ライブって、いいなぁ。
どうしてこんなに人のココロを動かす力があるんだろう。ドキドキさせたり、何もかも忘れさせてくれたり、スカっとできたり。

やっぱり音楽には、関わっていきたい。
期せずして、それも確認できた1日になりましたん♪
[PR]
by takahashichie | 2012-02-26 14:33 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪