ブログトップ

♪日々、コレ、ちえぞう♪

djchie.exblog.jp

「ぼくらが旅に出る理由」を2回歌った日にオザケンのライブに行けた。2012年。旅をしたい、もっと。 ↓ ローテンブルグで出会ったにゃんこ☆ ↓

カテゴリ:NO MUSIC,NO MY LIFE♪( 745 )

7月21日は、CAMP NIGHTと銘打って。
7月22日は、KESEN ROCK FESTIVAL 12

ワタシの実家がある、奥州市から。車で40分ほど山を登ったところで開催されるフェス。ソフトバンクの電波は通じないし、他キャリアの電波も全体的に微弱、っつう山奥(マジ)。
震災の影響で昨年は開催できなかった。そして、2年ぶりの開催は、CAMP NIGHTの前夜祭から〜の、2days開催♪

e0033384_10181599.jpg


ホントに。ボランティアさんのゲンキな挨拶がキモチいい。入り口から。

e0033384_10181614.jpg


そんで本部もこんな感じだもん。笑!
でもさ、なんか、うるっと来ちゃった。

e0033384_1018167.jpg


2日間、会場アナウンスを担当させてもらいました。
そのおかげで会場で酔っぱらうことはまるでできませんでしたが(笑)、やっぱり、いいこと、あってさぁ…「喋ってるの、ちえさんだ!やっぱり!」って。
会場で、こんなに言われると思わなかった…「ちえさんの声から、気持ちがすっごく伝わった…」というメッセージをツイッターでくれた、ゆかりちゃん。ありがとう。

ケセンのチームと繋がったのは、震災があってからです。
しかも、ケセンチームにワタシが受け止めてもらってばっかりです。

ケセンチームの、みんなの、思いが。もしも、もしも。
ワタシの声に乗せられていたとしたら、乗っていた、としたら。こんなに嬉しいことはありません。

もともと、アナウンスを入れる設定でステージの時間構成を組んでいるわけではないフェスなので、
アナウンスを入れる時というのは舞台監督さんとのせめぎ合いになります。

10-FEETのステージ前。入れる、入れない、で、ちょっとモメました。
でも、もしも。モッシュやダイブで大変なことが起こってしまったら。2年ぶりの開催が、残念なものになってしまう。

今、書きながら泣けてきちゃったけども。
みんな10-FEETがここで歌うのを本当に楽しみにしてて、そんな場所で何か起こすわけにはいかない、って。
一人ひとりの大歓声から、こっちにも。気持ちは伝わったよー。アナウンス通してこんなにやりとりできたのも初めてかも?ってくらい、うん!

「goes on」って曲の歌詞なんだよね、このタイトル。海のことを歌ってる、10-FEETの歌。
そう、そう。確かに、大船渡の漁協の方がこんなようなことを言ってたの。覚えてる。タクマさんがMCで喋ってた、こと。

‘海から恩恵を受けて生活をしてきたのに、海に裏切られ(震災の津波のこと)、でも、そんな海と共に、生きていく、と、決めた’

裏切られて、ってところが、なんとも。そう、裏切られても。やっぱり、海といっしょ。沿岸の人たちは、そうなんだ。

タクマさんのMC、そして、goes onを聞きながら。
泣いていいよ、って思った。スタッフの女の子が必死にこらえてたけど、こらえなくたって、いい。ちえぞうは泣いた。そして、女の子も、泣いた。

頑張ったね。うん、頑張ったもん、ね。

e0033384_10181644.jpg


2日間はあっという間だった。

こうして、テントを張った向こうには。岩手の雄大な山々が連綿と連なる。
自然を目の前にしたら、人間なんて、ホント。チリだ。自然に人間が敵うわけがない。

e0033384_10181632.jpg


KESEN ROCK FESTIVALの頭文字・‘KRF’と剃る気合いを見せたオキナワさん(笑)!
で!
ケセンレポート、まだまだ続くよー♪
ですが、それまで!
JAZZRIZE・梅田さんがアップしてるページを是非ご覧あれ→コチラ
さっすが梅田さん、写真キレイなんで譲ってもらいたい…つうことで、ちえぞうもちょいちょい、こちらのページにお邪魔してますんで(^^)!
[PR]
by takahashichie | 2012-07-27 11:11 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
7月21日・22日の2日間で。
改めて、それを。ただ、それだけを感じた。

e0033384_2231667.jpg


KESEN ROCK FESTIVAL。
震災の影響で出来なかった昨年。

2年ぶりの開催となる今年は、初の2日間にわたって。

ちえぞう初参戦でしたが、なんだか今、いろんな思いが渦巻いてて。

震災のことを憂い、今も胸に刻み。人間として生きているアーティストさんばかりが集ったような野外フェスには。
震災でいろいろな思いを持ち、実際に震災で大変な被害を負ってしまった人も。そうでなく、震災は対岸の火事だと思っていた人も。

これからの自分。歩いていく自分。というものを。その、道すじを。得られるような。
そんなフェスだったように思う。

ちえぞうはね。
震災後。ラジオで初めて、音楽を流した時のことが。特に思い出されたなぁ。

音楽が流れないラジオ(首都圏からのネットでは流れていたので、厳密には、自分が出ている番組で、音楽が‘流せない’ラジオ)。
音楽を流した時の、あの時、の、こと。

TILITILIが作った新曲。ケセンロックで最後に演ってくれた曲。じんわりきたなぁ。
こうして今、音楽ができるということを噛みしめてる、その思いが。のっかってたと思う。

忘れちゃいけない。無理に思い出す必要はないけれど、忘れちゃいけない。
忘れることはないと思うけど。こんな思い。

また、あとで書くね。
今日は2日間の余韻に浸りながら寝ます。なんだかんだで、きのうからひっさびさのほぼ徹、だもん(笑)。

いろんなことに、ありがとう☆
[PR]
by takahashichie | 2012-07-23 22:49 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
まったく。タイトルだけ見ると一体なんなんだか。笑

岩手に「喜久盛酒造」という酒蔵があります。
まぁオモロい酒蔵さんでして。日本酒という業界への概念をことごとく崩してますよねー。でも、それだから、こそ。新しい日本酒ファンを獲得してるのも間違いないし、かつ。守るべき伝統はちゃーんと、しっかりと、守っているので、地元では。このお酒しか飲まない、なんてオジさまたちもいっぱいいる。

そんな。蔵元の藤村さん(ちえぞうの中では「ミスター蘇民祭」←詳細は省略。しっかしふんどしが似合う!!)が。映画に出演し、それが上映される会がある、っつうんで。行ってきたわけよ♪

e0033384_16374914.jpg


新宿のとあるバー。しっかし歌舞伎町とは違うアヤシい(面白そう、って意味で)ニオイがただよう街でしたなー♪

その映画のタイトルこそが「エッチエッチワールド」。
(ヤラしい映像などは出てこないのでご安心ください。実際、映画の本編上もそういうシーンはないです。また、この予告編でも、藤村さんのふんどし(赤!)姿が拝めます。笑)
いきなり冒頭から、「水中、それは苦しい」ボーカル・ジョニー大蔵大臣が出てきたのにはウケた。なんか繋がってるなぁー狭いなぁー!
ネタバレしない程度に1つ書いておくと、最後にパリでのシーン(マジ!)が出てきます。そして、これだけを、この一瞬だけを、撮影するためにパリに渡ったというお話を聞いて、ほぇ〜!でした。こういう、ある意味ムダに(笑)本気さ加減、好き!!
さらに、おん歳90を数えるラッパー・坂上さん(←更新されてませんがお元気です!)の演技もお見事。つうことで個人的にはヒジョーに、見所満載!な映画でございましたっとさんっ♪

e0033384_16375072.jpg


映画の上映後。岩手のユニット「おしゃれハンターXX」のライブも♪
しっかし自由だー。まーさーにーフリーダム!やりたいことはやったほうがいいよ、やりたいように!
2人のライブは、そんなことを暗にさらけ出してる感じがする。仮に、たとえそれで一緒にライブ(対バン)できるようなミュージシャン友達がまるで出来なくっても、どこかで必ず、誰かが。誰かとは。繋がれる。実際、こうして。喜久盛の藤村さんがすっごくファンで、東京でもこうしてライブできたりしてるわけだし。ねっ!
同じ、同士の中で全ての繋がりを探す必要なんか、ない。自分の居場所は、自分で探せばいい。どんな社会でもいっしょ。

いやぁこうして振り返ると「哲学」みたいなもんがあった夜でしたなぁ。この日のイベント。笑♪
[PR]
by takahashichie | 2012-07-18 17:02 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
13日の金曜日はホンっトに。ホンっトに!
素晴らしき夜だったんだぁ☆

e0033384_2211445.jpg


セカイイチ、盟友・ランクヘッドとのlive♪
セカイイチはなんだかんだで2時間超えるライブだったかな。これ完全ワンマン並みでしょ。笑!

3月に出たアルバムがとっても、とっても、良い。今の、セカイイチが。存分に詰まってる。バンドとして、セカイイチ、として。音を鳴らしていく決意が十分、アルバムから伝わる。

そしてこの日のライブで。それを、しっかりと。演奏を通して。見せて、聞かせてもらった。
セカイイチというバンドを通しての音にものすごく自信があって、これで受け容れてもらえないならもうそれでも構わない、オレたちは、この音楽を、続ける。という、そこまでの気持ちが。
ワタシには、見える。見えた。

バンドとしての音も息もぴったりだった。これまでは、たまにぐだっとして、時にがっかりしてしまうMC(過去にはあったんだ、って書いてもいいよね)も。ベースのケンちゃんがまぁ、うけとめるねぇ!噛むのは治らない(←これ全部本人たちに言ってるからちゃんと、笑)けど、そこがまた良し、で。で、ホントに。ケンちゃんがボーカルの岩崎くんとイイ感じでやりとりできてる!

「ニューカマー」って曲が。新しいアルバムに入ってるんだけど。ゲンキもらえる人、いっぱいいると思うなぁ。
曲調的に盛り上がる曲かもしれないけど、涙流してる人もいたよ。分かる、わかる。
だってちえぞうが、そうだったもん!笑!

セカイイチのメッセージを、今。受け止めてほしい。ライブハウスで。生の音を、通して!
そのほうが伝わる、っていう、あ、それこそ。そんな、セカイイチのライブを、見せてもらったのは初めて、かも?

「世界を変えるのは俺たちだと もう一度叫ぼう」

この歌詞に偽りなしだ、と。ワタシは。この日のライブを見て、確信しました(^^)

e0033384_2211684.jpg


そういえば。世間的に三連休だったわけで。
その、三連休の中日に、ASIAN KUNG-FU GENERATION主催
「NANO-MUGEN FES」に行ってまいりましたん♪

e0033384_2211599.jpg


宇都宮の音楽バカたちは「宇都宮餃子」で出店!
お店でたまに「エロカルタ(←…つうか、どーしてこういう小道具持って来てんの、ヤストモー!笑!)」を、お酒を買ってくれたりしたお客さんに読んで(いや、読ま‘されて’)いたのはワタシです。バカバカしいでしょ。あっははー♪
はい目ぇーつぶってー!と、目をつぶってもらって、アニメ的声で…あ、っと。ここに書くのは自主規制。店主の許可が下りれば今後もどこかのフェス会場でやるんで。笑。

2daysあるうちの1日目にお邪魔したのだが。改めて、こうして。ネクストブレイク系から、海外のアーティストも入って、1つのステージで完結させて。というフェスができているアジカンは大したもの(って言い方は上からっぽくて失礼しますが)ですなぁ。
しかも暑い暑い中でも、室内のフェスってのも◎。ゆっくりしたくなったら椅子席に座ってのんびり、寝ててもいいし、さっ。
この形を決して、規模をさほど大きくもせず、毎年。続けてきてるのは。本当にすごいな〜、と。思ったわけです☆

たまたま、んもう。いろーんな人たちに会いすぎて。あんましステージ見てない(苦)んですが。まぁ生音が聞こえる場所でいろんな人と話してとことん飲んで酔っぱらえる、なんてこと、も。考えようによっては、シアワセなことではないか☆

たとえば。
たまたまこの、餃子屋さんの前を。live終わりのストレイテナー・ホリエアツシ氏が通ったので。
「あ、ホリエさん!」と言ったら。ギョーザを走って差し入れるスタッフ!いやぁこういうヤル気って大したものです。
きょとんとしてるホリエさん。笑。「来週、ケセン…」と言いかけたら「うぉー!」って。カンパイしてくれたよ☆

e0033384_2211524.jpg


こちらのスタッフは。宮城で開催「ARABAKI ROCK FES」にも出店してるのじゃfrom宮城♪
(ちょっと暗いので。ちえぞうは写真の左から2番目)
フェスでこれだけの、コシのあるおそばが、しかも500円で食べられたらすっごくトクした気分!
また、来年。是非、アラバキで会いましょうー(^^)!!

e0033384_2211656.jpg


東北ライブハウス大作戦」、大船渡のライブハウスに出店する、岡山・RACCOS BURGERのラッコさんにも営業妨害して(笑)、ゆっくりお話しできました☆
見て見て!このTシャツ!カワユスすぎる〜♡♡♡
新しく発売したフェス用の帽子はこの会場では瞬く間にソールドアウトしてしまい(泣)、あ、もう今週だ!?「KESEN ROCK FES」でゲットしまーっす!たのしみ☆

難しいことも多々ある毎日ですが、なんだかんだで楽しいことのほうがちょっと多いかもしれない。難しいことが増えてきた分、これまでになかった、楽しいことも増えてるかも?なんて。こんな認識、はじめて持つかも?なんて思いながら慌ただしく日々が過ぎておりまするん♪
[PR]
by takahashichie | 2012-07-17 22:42 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
七夕ってお天気に恵まれないような気がするのは気のせいでしょうか。

織姫と彦星が(たぶん)無事に会えた一夜を越えた今日。の夜から、時系列で振り返る。

SHIBUYA-AXでの「BKTS TOUR」を見に行く♪
良き4バンドの競演にもかかわらず2っつのみ、the band apartとASPARAGUS、しかとタンノウ。

アスパラは、ワタシの中ではビークルとスプリットした印象が圧倒的で。ですが、実はライブ、見たことなかったの。
新しいアルバム「PARAGRAPH」が思いの外ツボにはまって、その中でも一曲「I'm off now」って曲がすーっごく好きで。今のワタシにもある意味あてはまってんのかな(笑)?なんてね、思ったりもしながら、メロディも美しいし。好きで、ヨーロッパの移動中は半分以上、おおはた雄一さんの音を聞いていたけど、合間に聞いてたのはアスパラがメインだったくらい。

ツボ、と言えば。ギターボーカルのしのっぴさんはあんなキャラなんだ。笑!そんなしのっぴさんはじめ、バンド全体としてのキャラクターも個人的にハマりそう!
しのっぴさんっておいくつぐらいなんだろう?ワタシと同じくらいなんじゃないかなー(って、すっごく年下だったら失礼ですが)?
そんな、バンドとしてのキャラ部分も(大いに)サイコー。なんで今まで見てなかったんだろうなぁー…

バンアパはさすが!だった(うんやっぱりライブであそこまでのメロディを奏でられると敵わんねぇ。KESEN ROCKでまた楽しもう)、が。久々にLOSTAGEが見たかったところ…間に合わなかったのが悔しい。二兎を追うものは一兎をも得ず、ですな。ふむ。

二兎、っつうのも。

e0033384_23562386.jpg


週末の2デイズ開催の、このイベント。に、行ってきたの♪

「NO NUKES」とうたっている通り…原発に異を唱えるアーティストが参加しているイベント、と言っていいでしょう。
それぞれ、短いMCの中で。思いを伝えていたのがとても印象的だった。
ACIDMANのオオキさんが言っているのはまさにその通りだと、思う。「経済が大切なのは良く分かる、でも、でも。この、『土』がなくなったら。」
Kenバンドで横山健さんは、SLANGのKOさんの手紙を読んだ。KOさんの痛みが伝わった気がする。でも、KOさんは自分がどーのあーの言われることなんかより、もっと痛みを負っている人たちのことを、いっぱい知っている。福島の人たちのことを。だから、ひるまない。

KOさんを心から尊敬する。そして、そんなKOさんのことを、「友達で、今日のこのステージに上がってほしかった」と、堂々と言っていた、健さんのことが。もっと好きになった。

そんな風に、決して言葉で多くは語らなかったけれど、も。
七尾旅人+大友良英+坂本龍一+ユザーンのセッションは。音に、怒りとか悲しみとか、情けなさ、とか。すーっごく、渦巻いてた。その渦が、どんどん、どんどん。竜巻みたいになって、周りをのみ込んでいった。音で伝わるものがありすぎて、自然と涙がこぼれた。
七尾旅人はすごい、やっぱり。孤高すぎる存在。でも、その孤高の人、は。誰もが感じる痛みや苦しみを人一倍感じられる人でもある、から、こそ。あんな音が生み出せるのだ、と。

*写真。だいぶ閑散として見える休憩スペース、ですが。
それもそのはず、スペシャルセッションのお時間で、トータス松本さんをボーカルにCHABOさんやら大御所がステージ上がってる時間なわけで(ちえぞうは渋谷に向かうべく泣く泣く会場を後にした一枚)。
そんな中、左はじに団子のように人が群れてますね?これ、「The Future Times東北ライブハウス大作戦」コラボブースに、BRAHMANのTOSHI-LOWさんが来てた時なのじゃ!!

e0033384_23562383.jpg


音楽から話題を変えると。きのう。
東京で、「肉のふがね」・府金さんにバッタリ!

嬉しかったなー(^^)
きのうまで、いわて銀河プラザに出店されてて。
ちょっとおみやげ買いに行ったら、府金さんが!?ってなわけですよ。笑!

ちえぞうが持ってるパンは、肉のふがね、がある。岩手町にある「GOURMAND(グールマン)」のパン!
明日の朝ゴハンはこれ食べるよー!岩手町特産のブルーベリーを練り込んだ食パンをゲトして参りましたん♪

府金さんは面白いんだー。話してて、話題が尽きない!次、次、という視点を持っているからなんだろうなぁ、と、思う。
そんな府金さんだから、まわりには、人が集まる。ちえぞう的に思うのは、府金さんは、自分が面白いことをやるために、人のことを勉強したり、人の意見を聞いたりすることが、できる方だからじゃないかな、と。思う♪

e0033384_23562380.jpg


わんこきょうだいのシールも買って帰ったぜ♪

ちえぞう、1つだけ書きます。

日本人は「ディベートが下手」と言われて久しいですが。それが、今の。何も相容れない環境を生み出しているような気がしてなりません。
ちょうどNO NUKESのイベントに行ったのもあるし、たとえば原発の話でもいいですが。賛成も反対も、中立も。迷い、も。分からない、も。
いろんな意見があって当然です。全員がいっしょな考えなわけはない。

原発の再稼働は、「国民の生活が第一」と民主党がマニフェストに言っておきながら、意見を聞いたりしてるのでしょうか。
動物の中でも人間が他の動物と違うところが「言語が操れて」、「他の人の考えを理解できる」というところだとするなら。
他の動物は言語という共通のものがなければ、食うか食われるか、になるでしょう。だと、するならば。

これは政府に限ったことではありません、ツイッターや、ネット上のやりとりみたいなものをみていても。
失望を覚える時が多々あります。ツイッターからは離れようかと思いました。最近。他の意見を受け容れずただ叩くだけの人、を、見る。だったら、それはそれで、いい。けど、匿名はやめな。実名もしくは自分が特定できる方法でやりなよ、堂々と。そんなに強い意見があるなら、自分をちゃんと曝して意見して、叩きなよ。もちろん、原発の話だけじゃない。全ての話題において、だよ。
匿名が、せめて、できるのは。自分の意見が持てず、曖昧だから、いろんな意見を「聞くため」に、許されてるんじゃないかい?

いろんな意見を、もっと。闊達に。福島の皆さんのことを第一、に考えて。
やりとりしなくては、いけないのではないか。
ディベートできる場が、もっとあっても、いいんではないかい?つーか、できるようにならなきゃいかんのじゃないかい?
お互いが、顔と目を、見合わせて。さぁ??

これ以上はやーめるー。ちえぞう、ネットでやりとりできるぐらい、今、ヒマではないので。これはあくまでワタシ個人の一ブログなので、ここまでは書いておきます。書きたくなりました。
[PR]
by takahashichie | 2012-07-09 01:36 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
ヨーロッパっつうのはあんまり時差ボケ生じないんでしょうか。疲労もなく、帰ってから即ライブツアー(笑)復帰。ぷ。

e0033384_1112226.jpg


スカパラのツアーファイナル2days@代々木第二体育館!
ファイナル1日目に行ってきましーたん♪

エゴラッピンの中納よっちゃんがゲストだったんだけど(アンコールで森さんも出てきた)、まぁー、それはそれは。
スカパラの伊達男の面々に囲まれてもいっちばんカッコ良かったのは、よっちゃんだったような気がする。
堂々としてる女性ってカッコいい。つくづく、それを思わされる。スカパラ+エゴラッピンの2人で「くちばしにチェリー」をやってくれたのは鳥肌だったわー♪♪♪

きっと、スカパラのメンバーだって、いろーんな迷いとかを通り抜けて来てるんだと思う。でも、スカパラ、として。音を鳴らして行くことがやっぱり、一番だ、って。思うメンバーが残って今のこの、素晴らしいライブを見せてくれた夜だったように思う。
うっかり、ちえぞう、前から2列目とか(テれる、笑)で、ライブの時のメンバーの顔、しっかり見える位置だったの。で、初めて、思った。確かにカッコいいのは間違いないんだけれど…顔に刻まれた皺のやさしさとか、口角上がった時のラインとか。ただ単に、歳を重ねてきたカッコよさだけではない、人間としての、生きザマみたいなのがステージ上の「顔」にも出てるなぁ、ってのが。初めて分かった。
そこがますます、カッコ良かった☆

チョーピンポイントに個人的に。今後のツボになる新たな部分としては、サックスのGAMOさんがマウスピースに口を当てる時の眉間の感じ、ね。渋くってカッコいいんだわぁー♪

e0033384_1112259.jpg


ライブ後。某焼き鳥屋さんを覗く。
1回お邪魔したっきりなのに「おぉー久しぶりー!ライブ帰りだろぉ?」だって。笑。
こうして東京でも寄り道できるお店が増えてくのはホントありがたい。

元バンドマンがやってるお店にはこんな。前掛けがあったよ♪分かる??
これいいよねー、欲しい!!!

e0033384_1112345.jpg


そんで今日。
TRIPLANEのライブに行ってきたよーん♪

何度か、これまでに見たトライプレインliveの中で。群を抜いて、最っ高に、良かった!!!

たぶん、本人たちに、全っ然そのつもりはないんだろうけども。これまでって、何か自分たちを飾ってるところがあるような、そんなライブをしてたように見える部分が、確かに全体通してではないんだけれども、どうしても。感じられたのね、ワタシは。
でもね、今日は、一人ひとりの「そのまんまの自分」が全体通して、ずーっと。見えてた♪

毒も吐く、けどどう思われようがお構いなしのようなボーカル・ひょーえ氏。自分のことを「不器用」と言い切ってた川村さん。自分の立ち位置を分かってて、たぶん楽屋でもこんな存在だよね?ってのを見せてたタケダさん。ドラムのあと一人はあのまんまだからまぁいっか(←って、つい誰もが言ってしまうような、そんな愛されキャラ。笑)。

いいじゃない。何年経とうとも。いいじゃない、遅くとも。いいじゃない、自分たちのペースで。

今日のライブを見て、心から。そう思った。

これから、が。トライプレインには、確実に、あるから。書いてもいいよね。
トライプレインは、ライブ後の打ち上げの席で、たぶん初めて、ケンカになったアーティストさんです。笑。
某ライブハウスの面々、と。トライプレイン、と。ワタシ、と。「オマエら、本気見せろ!本気!」「アンタらこそ、本気って何だよ?本気でやってんのかよ?」なんつって…懐っつかしいなぁ。

ワタシね。思ったの。
確かにお酒は入ってる場かもしれないけど、こうして。リアルに思ってることを言える、ということ。
それで関係が崩れるなら、所詮、そこまでの関係だったんだなぁ、って。割り切れるようになったのは、こんな飲みの場を通してなんだよね、やはし。
だってさぁ。その時言ったこととか、してしまった失態、とか、そんなのは。元に戻らないんだもん。

トライプレインとは、ね。そうはならなかった。トライプレインは、それぞれ。トライプレインなりに、歩ってた。今日ね、ライブ通して、見せつけられた。

いいじゃん。自分らしく、で!

自分らしく、TRIPLANEらしく!これからも、進んでほしい。
それ、間違ってんじゃねーの?違うんじゃねーの?って。トライプレインには。この先も。
何かあったら、ツッコんで行くからさっ♪
[PR]
by takahashichie | 2012-07-07 02:31 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
NUBO@F.A.D♪
10周年のお祝いは、NUBOの地元・横浜のライブハウスで!

e0033384_11503833.jpg


ゆかりあるバンドの競演でこの日のライブはソールドアウト。

ホントに。NUBOのライブは笑顔になっちゃう。なんでだろうねー。ついつい、気づくと。顔がニコニコしてる自分がいる。

自分がステージに立っている、F.A.Dで。その昔、ライブを見て。ライブってカッコいいなぁ、俺も音楽をやりたい!
って思って、NUBOは今に至ってる。その時カッコいい、って思ったのは。この日のライブにお祝いに来てくれたG-FREAK FACTORY。
出来すぎたくらいに、羨ましくなってしまうお話。

ライブハウスで自分の人生を決めて、日々、ライブハウスを駆け回るツアーバンドになって、もっともっと。ライブハウスは、楽しいところなんだ、ってのを。伝えようとしてる。ライブハウスは楽しく遊べるところなんだ、ってことを伝える、伝道師みたいな役目(笑)も果たしてるよね、NUBOは!
そしてこうして、全国津々浦々回るようになっても。揺るぎないもの。それは、地元が横浜だ、という自負!
そんな自負が漲ってるライブを見せてもらったよ、きのうは!

たぶんかなりのレアケースなんだけども、NUBOの曲は、これまで2回、FM岩手時代にパワープレイだったことがあって。
パーソナリティが投票制のパワープレイだったから、曲が訴えかけるものも、十分にあるバンド♪

きのうのライブ中の汗はハンパなかったなー。水しぶきがステージ上でびゅんびゅん、スプリンクラーが回ってるみたいだった、なんて言い方してもオーバーじゃないぐらいだったよ(笑)。
とにかく、とにかく。見て感じて、得られるパワーが十二分以上にあるバンド。そのパワーは、年齢とともに勢いを増してる気がする。あと、迷いみたいなものがなくなった感じがするなぁ。だから、堂々としてた、きのうは。

NUBO、お近くに来た時には、是非!
ライブハウスという空間で、いっしょに遊んでやってくださーい!
(年齢がどーのと言うよりも、純粋に単に、音楽が大好きな少年たち、って感じなので、ホントに。遊んで‘やって’という言い方が適してると思う、笑)



せっかく。
横浜・元町方面のライブハウスにお出かけだったので☆

e0033384_11503978.jpg


酒屋さんの中にある、スタンディングバーで。ライブ前に、1杯ひっかけるん♪
生ビールは、エビスのクリーミートップ!という、こだわりにこだわってる、アルコール類のみならず、おつまみも楽しめる。
粕漬けのチーズ&甘いミニトマトを頬張りながら。しばしの時間。

写真・ビールの後ろ。ずらっと並ぶ、お酒の中に。
「防空壕貯蔵」って書いてる日本酒を見つけた。

本当に、酒蔵の敷地内に。防空壕があって。
暗くて虫なんかもいるような建物らしいけど、そんな防空壕、が。日本酒の保存にとっても適していて、「防空壕貯蔵のお酒は、少しまろやかな味がするんです」と、お店の方曰く。

「ここの蔵元は、茅ヶ崎(神奈川)の駅から単線に乗って3駅くらいのところにあって、降りて10分くらい歩くんです。畑とかが連なるところを。でも、一度行ってみるといいと思いますよ、この防空壕も見せてもらえるはずですから。地元のお酒を知るっていうのも、いいことじゃないですか!」

近々、行ってみようと思います(^^)

そんな蔵元のHPを今、見たら。
社是「よっぱらいは日本を豊かにする。」

素敵すぎるー☆
[PR]
by takahashichie | 2012-06-24 12:20 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
ひゃー。ここ数年でいっちばんヒドい風邪(仕方なく認めた)に見舞われ先週後半はムダに過ごした…いやぁ情けないったら。
こっち出てきて、ノドが痛いとか(お?と思ったら早い時点で病院に行くようにしてる)異変を感じたらすぐ行く耳鼻咽喉科の先生に、「(ちょっと今回、立て続けにノドやられたんで)やっぱし東京の風が合わないんスかねー(たまたまお医者殿が昔、岩手の磐井病院で勤務されていたことがあるとかで一気に打ち解けた)?」と問うたら「それはない!こっちのほうがあったかいんだから」とバッサリ。

そーすか…自己管理のなさッスよねー…そーっすよねー…(~_~;)

皆サマもお気をつけください☆

そんなわけで2週間も経つんですか、あれから。

e0033384_1194736.jpg


このブログで「おっちゃん」と称する、エラい人。それ以前に、考え方とか生き方が好きなんですね。
恋愛として好きになるかというとちょっと別なのだが(うん、それはちょっと、ないな、笑)、人間としてすっごく好きで、こんな人になりたいな、と。思う方。
とっことんポジティブでさ、とっことん。現実の、今の状況の中から最大の面白さを探す人。

いろいろあって!
そんなおっちゃんと、UNISON SQUARE GARDEN×THE BACK HORNっつう、仙台でのレアな対バンを見に行く♪

しかし!
「ライブ前にガソリン注入しないとね〜」by おっちゃん

が!
日曜の午後4時なんてホントに居酒屋さんが開いてない(笑)!
東北一の繁華街と言われる、仙台・国分町をけっこう歩いたが、だいぶ全滅!

そこで今流行の?たこ焼き屋さんでビール&ハイボールをまずはガソリンに!

e0033384_1194710.jpg


ライブがそろそろ始まりそうだったがもう1軒移動して、なんだかよく分からんお店オリジナルの「冒険ハイボール」なるガソリンを更に注入(お代わりで‘大’冒険ハイボール、なるものまで行ったような…薄い記憶…)!
これ完全な飲みパターンだなぁ…というわけで、結構。ガソリン満タン近い状態でライブハウス「Rensa」へ♪

お客さんの層が意外に若くて…(たぶん)前がきゅうきゅうになることもなく、ほどよい間隔で。
ユニゾンは、バックホーンにすっごくいい刺激を受けてライブをできていたような気がする。いつもとは違う、何か、が。出てた感じ。こういうの、って。いいなぁ。先週のトライセラとサラバーズのliveみたいな感じで、先輩の胸を借りて、先輩の前で、堂々と、みたいなの。こういうのって、音楽の舞台でもちゃーんと、あるもんなんだよね、うん(^^)
記憶では、ちえぞうの好きな「フルカラープログラム」も演ってくれた記憶…が(笑)。ベースの田淵さんが、最後バク転してたような記憶…が(これって良き夜だから出たんだと思うんだなぁ)。

おっちゃんには、今のユニゾン、見てもらいたかったんだー。うん。

そんなおっちゃんは、バックホーンは今年のアラバキでも見たそうなんで。飲みながら、ハゲの話とか隠居の話とかそんなんばっかだった中(いや字面だけ見ると何だが、有意義な話だぞ、笑)、ユニゾンとバックホーンの話にもなって。
どっちのバンドも、結論としては、すっごく真面目だなぁ、と。音に対して、マジメすぎるくらい真面目なバンドだなぁ、と。
バックホーンは、なんか分からないけれど、どんどん、命が宿っていくバンドだなぁ、って。思った。「リヴスコール」ってタイトル、‘リヴ スコール’で切っても、‘リヴス コール’で切っても。どっちでもいい、みたいな話を雑誌?で読んだのもあって、いずれにせよ、これから。生命が、吹き込まれていくバンドなんじゃないか、これから、って。ライブ見て新しいアルバム聞いて不思議と、余計にそう思った。
そんな話もした、ような?

バックホーンにも、ユニゾンにも。
これからもずーっと、音を鳴らし続けて行ってほしい。シンプルに、そんなことを思った夜☆

e0033384_1194729.jpg


「ちえさんが肩出した服着てるのなんか見たことないんですけどー?さてはおっちゃん(←とは言ってない、念のため)と一緒だからかー?」と、ユニゾンのたかおくんに小バカにされつつ。いやぁ見る人によってはやっぱしイイのねこの服?去年「あっぱっぱーやん(by まどんこ大将)」と、ある意味別な意味、で、小バカにされてた服なのに。笑。
なぜか仙台では人気?だった。

最終的に行ったこちらのバー。岩手の宝、と呼んでるEL SKUNK DI YAWDIEの2人がずーっとお世話になってる、って聞いてて。行ってみたかった。
お邪魔して2人の話したら、あっという間にお客さんも囲んで話す展開になった。そんで服、ホメられた(笑)。
そんでセッションが始まった。時間は夜の2時くらい?
コチラ、とっても素敵…というと簡単なので、なんというか、土くさい、骨から音のニオイがする。そんなバーでした。これから、仙台行ったら必ずお邪魔すると思う。「VOLZ BAR」というバーです♪

ユニゾン。変でオモろくて、ユニゾンにしか歌えない世界を、最近になって、ユニゾンにしか描けないliveもするようになってきたとつくづく思う。ユニゾンにも、震災あと。個人的にとっても感謝があるバンドの1つ。ワタシを支えてくれたと思ってる。新譜が届いた時にぶわーっと、涙が出たの、忘れない。あぁこれが早く日常になりますように、って。あの時。どれだけ思ったか。

そんなこの日唯一、チョー残念だったのは。
Rensaというライブハウスの音響かなー。うーん…
[PR]
by takahashichie | 2012-06-18 12:10 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
あと、先週は。こんなライブも♪

e0033384_19404857.jpg


いい組み合わせ!
どちらもお初でしたのでチョー楽しみ。特に「ねごと」のほうは、結構アルバムを家でも聞いたりしてて。
実際どんなライブするかとっても楽しみだった♪

ただ、ふわっふわしてて、かわいらしいイメージを勝手に持っていたんだけれども。実際、は。かわいらしい鍵盤ボーカル&ドラム、言うならばカッコいい系のギター&ベースの2対2に分かれる、そんなバンドだった。
ほぉー☆
その成り立ちがなかなか面白いな、と。

みんな白い、ちょっとパジャマふうにも見える、ふんわりとした衣装を着ていたのですが、「汗」というものを(特にかわいらしい2人チーム)知らんのではないか??そもそも「汗」なんて、かかないのではないか??
というぐらい、見ていて爽やか爽やか、で、おりました…

脱力してしまうMCも彼女たちなら許されますな♪
いい意味で、全てにおいて、別の生き物を見ているようなライブでありました…新しい存在でしたなー。ただのガールズバンドじゃなかった。

「ねごと」って名前も、三文字のバンド名はインパクトがあろう、と…「くるり」に、「ミドリ」に、「ねごと」、と。続きたかった、というようなMCをしてまして。ですねー、ミドリの後藤まりこサマですよ。ソロですよ。初体験☆

しっかしミドリの頃に比べると「美しく」なった感じがする。美形なんだなー、って。失礼ながら、この時初めてそう認識。
しっかしスカートたくし上げたりスカートながらダイブしたり。お客さんに支えてもらいながら歌ったり。
ミドリの時と変わらず健在でございましたわ♪

ウッドベースと鍵盤の(演奏での)破壊力も相まってやっぱし、ミドリってバンドはすごかったもんなぁ。ドラムを客席に下ろして叩き始めてびっくりしたのもミドリだったよーな。見てて気持ちよかったなぁ、1回1回、が。ホントどんなライブするんだろ?って感じだったもんね。

まりこサマはソロデビューをするそうだが、出来てくる音源、楽しみです☆そんな音源を、踏まえて。
ライブ、ミドリの時とどうしても比較してしまうのだけど、ミドリとは別、と思って、見て、感じなくっちゃいけないんだろうなー。うん。

e0033384_1940484.jpg


沖縄ナイトは濃いんだよ。笑。
つうことで沖縄のバンドの集まりにも顔を出してきました♪

前の時もそうだった気がするけど、Shelterではいつもはないはずのメニュー「泡盛 300円」が提供されておった。さすが。
ついつい飲んでしまいがちなこのお値段も魅力的☆

沖縄ってところはやっぱり繋がりが強い県なんだなぁ。たぶん、ね。おんなじように、「岩手ナイト」的に、仮に岩手のバンドがいくつか集まってライブをしたとしても、こんなに人が集まらないような気がする。バンドの人気のあるなしは全く関係ないもん。沖縄の人は「沖縄のバンドが集まってライブするっぽいから行こうよ」みたいな感じで。どんなバンドかは関係なく、こうして県人会みたいに集まって来ちゃうような、そんな気質を感じる。

そして先輩と後輩、縦と横の繋がりってのがどうしてこんなにしっかりある土地なんだろう。
それぞれのバンドのMCを聞いていてもそう思わされて仕方ない。

会場では、え?と思う意外な面々にも会えて、予定よりも帰りが遅くなってしまった。そんな帰り道、ずーっと口ずさんでしまったのは。この日のライブ、トリを務めたオズの「ライオン」って曲♪

‘できるかじゃなくて やるかやらないか♪♪♪’
[PR]
by takahashichie | 2012-06-14 20:27 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
ってね。本当に思ったライブだった。

e0033384_8293739.jpg


通称・華ちゃん。
どんなアーティストさんにだって当てはまると思う。代わりに歌える、歌ってる人はごまんといるけども、そのアーティスト、そのもの、に。いくら似ていたりしていても、とって代わることはできない。って。

でも、華ちゃんには、強く強く、思う。なぜだろう。健気にライブを一人で進めてるあの姿から、なのかな。

ライブのMCでも言っていた、歌を続けて行くことに、悩んだ時があった…みたいな、こと。
でも、誰しもが。この仕事でいいのか、とか、この生活でいいのか、と。悩まない時なんてないと思う。
表現で生きている人たちなんかは、誰しも、以上に。そういうことで悩むのは、想像に難くない。

華ちゃんのコンサート。この日は、うっかり。2回も涙してしまった。
「初恋」という曲を聞いた時と、終演のアナウンスを聞いた時。華ちゃん、頑張ってるなぁ、って。歩みなんて少しずつ、で。いいじゃん。でも、その、少しの歩みが見えている、ということ。コンサートを通して、勝手に、見えたこと。言ったら華ちゃんにも笑われたけど、もうホント、「親の心情」だった。笑。

「ちえさん、明日って、盛岡にいますか?盛岡で路上ライブをやりたいんですけど、どこかいいところ、ありますか?」
手袋してても手がかじかむような寒い、寒い日の夕方から夜にかけて。華ちゃんは、盛岡の路上に立った。懐かしいなぁ、何年前かな?突然の電話にとにかく驚いたが、某イベンターさんに番号を教えてもらったそうで(笑)。
そして、新潟から北上して盛岡にやって来て、いろんな方が足を止めて見てくれて、そしてそして、の。ほんのりあったかい、お酒。おいしかったな☆
(笑い話だが、新潟と岩手ってのが地理的に近い!と、その時直感で思って車を走らせたらしい。でも全然遠いって。笑)

歩み、なんて、少しずつ、で。いいんだよね。うん。でも、自分自身が進めているか、なんて分からない。それにきっと、不安になる。停滞して、衰退してんじゃないか、って。いったんマイナスに考えると、とことん、どーん、と。落ちる。
勝手ながら、華ちゃんとワタシ、は。似てるところがあるのかもしれない。そんなことも、勝手に思ったコンサートだった☆

e0033384_8293714.jpg


コンサート会場の、神奈川芸術劇場。
真新しくって、とっても洗練されたホールでした☆

そこから歩いて5分くらいのところに横浜スタジアムがある!
しかも楽天戦!ナイター!

つうことで、コンサートで涙した後からーの、ナイター観戦!
しっかし今回も改善(つうかそんな予定もないんだろうなー)されてなかったのだが、横浜スタジアムのビールの売り子さんって、なんで生サーバーじゃないんだ??缶ビールをカップに移し替えて販売するんだ??
(でも某バンドマン曰く、横浜スタジアムの売り子さんのカワイさレベルは高いらしい)

横浜ならでは、の。崎陽軒のシューマイを頬張りつつ、楽天リードでいい気分の試合、が…

きっ(怒)!!!
なんだよーあの8回の情けない楽天ったら!!!星野監督もご立腹に違いない!!!

腹いせに。中華街へ繰り出す。

e0033384_8293892.jpg


なんかおかしくないか?この看板(爆)!?
栗の押し売り…

しっかし野球観戦、気持ちのいい季節になったなー。梅雨入り前後のこの時期が、暑すぎなくってちょうどいいかもしれないね☆

負けた腹いせ(まだ言う、笑)に。オールスターの投票を初めて球場でしてきたぜ!
モチロン楽天の選手ばっかしにマークしたけどね♪
あ、今年のオールスター、岩手県営球場でもあるんだよねー!!
[PR]
by takahashichie | 2012-06-14 09:10 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪