「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

♪日々、コレ、ちえぞう♪

djchie.exblog.jp

「ぼくらが旅に出る理由」を2回歌った日にオザケンのライブに行けた。2012年。旅をしたい、もっと。 ↓ ローテンブルグで出会ったにゃんこ☆ ↓

カテゴリ:NO MUSIC,NO MY LIFE♪( 745 )

*新しいHPできました!ブログもコチラにあります!http://djchie.com*



ただいまー。

宇都宮から帰ってきました♪

e0033384_21524326.jpg


ライブが終わってからの空気。会場。こういうのにきゅんとしてしまう時が多いのはなぜだろう。

今年はチケットの追加販売もあったり、でも結局ソールドアウト、で。お客さんは過去最高のおおよそ1万3000人だそうです。

すごいなー。ちえぞうがレディオベリーにいた時とは規模がだーいぶ違ってきてるなぁ!

でも、単に規模が大きくなっていくことがイイことだとは思ってないし、ちえぞう的におこがましく思ったのは、1日1ステージで完結してるフェスは今ドキ珍しくなってきているしこのスタイルはお客さんにはある意味親切だろうなぁ、と。この形は続けてほしいな♪

あとは、地元のフェスとしての浸透度はだいぶ高いんだなぁってのも分かった。いわゆるこういう‘音楽フェス’の場で、EXILEとか嵐のタオル巻いてるお客さんって見ることないもん(いたのよー。こういう光景を見たので、余計そう思った)。あと、スカパラの時の盛り上がり方ね。ほら、この曲の時にここで飛ぶ!とかそういうのがあるでしょう、例えば。そういうのがいつものスカパラliveの時みたいには、ならなかったのね。でも、それだけ初めてとかのお客さんが多いであろう、から、で、今回見た方の中で、この先スカパラliveに行ってみよう、って思う方がもし増えたらさぁ、いいことじゃん!

放送局主催のイベントだからこそ放送との連動でできることってもっとあるんじゃないか、と思ってきたけれど、放送局主催の音楽事業、と考えればいい部分もあるわけで、何はともあれ10年続けてきたのがきのうの形になったんだ、と。繰り返し大変おこがましいですが、思わされたのであります☆

あとは!

個人的には、ゴーイングアンダーグラウンドがいたこと。うん、これだけは、やっぱり。ワタシは、いろんな意味で、「ベリテンの顔」と言ってもいいアーティストだと思ってるから!

佐藤望アナウンサーの「ベリテンラ〜イブ」のアナウンスをある方が‘伝統芸能’と言っていたのに爆笑してしまいましたが。ゴーイングも言うならば、うん。やっぱり、伝統みたいなもので、ずうっといてほしいな、来てほしいな、って、思った♪ゴーイングの「トワイライト」がベリテンのテーマソングでいいんじゃないか?笑

ゴーイング・素生氏とは久しぶりに会って話もできた。なつかしい。いろんな思い出がありすぎる、ゴーイングとは。レディオベリーを聞いてた方なら覚えている部分も…あったら嬉しいな☆

クロマニヨンズ・ヒロトさんのMCがいちばん嬉しい言葉だったように思う。ベリテンに対して。それこそハイロウズの時から数えても出演回数は多いほうのアーティストさんだもんね!

トリのアジカン、アンコールの2曲の流れが素晴らしかった。泣きそうになったもん、最後の最後に「転がる岩、君に朝が降る」やってくれた時は。

カエラちゃんはお人形さんみたいにかわいかったし、BIGMAMAや[Champagne]はこれからもっと大きくなるバンドなんだろうなぁと予感させるライブだったように思う。まぁ暑くてビールだいぶ飲みまくっていた人間のしがない感想ですが。

いろんな写真、また追って、アップしまーす☆
[PR]
by takahashichie | 2012-09-10 21:54 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
今日しか行くチャンスがない!と思って行ってきたー!

e0033384_0331375.jpg


11:20〜の回を見に行ったのだが、まぁ満員じゃないか?平日の午前中よ!?
映画館がこんなにパンっパンな回を見に行くこともそう、ないなぁ?

80年代から、今年に入ってからのコンサート映像まで。
選りすぐりの珠玉のメロディたちで時間が瞬く間に過ぎる。

最後の、ライジングサンに出演した時の映像がまーた、ねぇ。いいんだ、これが!
フェスで見る達郎さんなんて、そうそうないからねー!

小さな光。日本の1億2000万人全員に射すなんてできないけれど、この会場にいらっしゃる方、に。小さな光を差し込むことができたら。
達郎さんの、殊勝気味なMC…正確な話の内容、そして、話の流れ、は。
是非、映画館で。ご覧ください。

ちえぞうはこれまで3回、達郎さんのライブに行っていて。今年は念願だった、自分のバースデイに、しかも達郎さんと言えば!の、中野サンプラザ、で。ライブを見られたこと。もう、なんとも言葉に出来ない誕生日でした。自慢です☆
そんな3回見ていても気づかないような…というのではなく、よっぽど前列でないと見えないわけですが、笑。
達郎さんのギターの、ビミョーな擦れ具合が、映像だと見えるのが。なんか、とっても良かったです。達郎さんの楽器がちゃーんと見えるので、おもちゃのタンバリンとかも含めて(笑)。意外にフツーにおもちゃ屋さんで売ってるようなヤツなんですね、あれ!
そーゆう意味でも見どころもアリ!なライブが映画館で楽しめました。これ、もう一回見に行きたいっ!

Never glow old!!
[PR]
by takahashichie | 2012-08-31 01:06 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
タワーレコード盛岡店のイベントを終えて。
クラブチェンジに寄ってカラーボトル&鶴に「かもめの玉子」を差し入れして。
からーの♪

向かうは!
宮古!!

e0033384_12143164.jpg


東北ライブハウス大作戦」のプロジェクトでオープンした、宮古のライブハウス。
クラブカウンターアクション宮古・こけら落としライブへお邪魔です!

素敵じゃん!
この入り口の看板といい、建物、といい!!

で!
クロークは日本初!?

e0033384_12143239.jpg


「お買いもの後に寄ってもOK、冷蔵保存可能」なクローク(爆)!!!
分かるかな?これ、つまりはお肉屋さんの車を使ってる、というわけ♪

せっかくのKen Yokoyamaライブですが、正直、ほとんど見られてません。Kenバンドもニコニコ楽しそうに演奏してんのになー。
泣いちゃってねぇ。あはは。
外に出たら出たで宮古のスタッフに「なんでオメーが泣いてんの!?」って笑われるし。ホントだよねぇ。情けないったら。みんなが完成を喜んで、笑顔でいる時、に。

でも、さぁ。

e0033384_12143226.jpg


今年の3月には、こんな状況だったんだよ。場所は決まったけど、ここだって津波の被害を受けた場所だし、隣の焼き鳥屋さんも営業できない日々だった。

あれから、5か月で。
ライブハウスができて、嬉しそうにライブを見に来てるお客さんが溢れて、で、隣の焼き鳥屋さんは屋台営業をこの場所で、してた!ライブ前後に1杯できるね!
こうして見て、泣かないわけにはいかないっしょ!!

Kenバンドはひさびさに「Stay Gold」をやってくれました。前日の大船渡のセットリストとも違って。
そしておおよそ2時間近いライブでした。長い!

Kenさんのようなやんちゃなオトナを見るというのはキモチがいい。最後のほうにやってくれた新曲のタイトル、確か「This is your land」ってタイトルだったかな?新しいアルバムに入る曲。
自分たちの住んでいる場所は自分たちで守れ。どんなことがあっても。ん?そんなようなメッセージを喋っていたような??

Kenさんに「ありがとう」って。みんなが、みんなが、思ったライブだと思うよ。
みんなが!

ちえぞうの記憶が不確かなのは、泣いてたのもあるが…バーカウンターには知ってる面々しかいない&店長のオータキンさんと乾杯してビールをぐびぐび行っちゃってたからです。つーことで全部、宮古の人たちが悪いんです!笑

トンボ帰りで盛岡に戻らなくてはいけないのがとっても残念だった。
また、ライブ見に来るね、と言ったら、「ちえちゃん、必ず来いや!ライブとか関係なく、ちえちゃんと飲みたい人がいっぱい待ってるからさー!」
前にも書いたけど、宮古の人と知り合ってから、ワタシもだいぶ、変わったんです。人としての強さが持てるようになりつつある、というか。少なくともそう簡単に、へこたれなくなった。ちょっとしたことでくじけてたら、宮古の人に笑われちゃうんだよね。「オメー、そんなことで、なんだ?」って。

そんな、宮古のライブハウス、で。
あるご夫婦に出会いました。バーカウンターで飲んでいたら。

漁師さんだそうです。
近くにライブハウスができたこと、とっても嬉しい。自分がとった魚、打ち上げとかで、食べてもらえたら。好きなアーティストに差し入れできたら。ささいなことだけど、そんな夢を持っていたのに。
全面禁漁になってしまった。理由は想像してください。
漁の親方は奥様はじめ、ご家族を失ったそうだ。少しずつ、立ち直って、また、一から。そんな気持ちになった途端の、この状況。

やるせない。そして、こういう時。やっぱり、自分は、無力だ、と思う。
何ひとつ、言葉がかけてあげられない。ただただ、耳を傾けることで精一杯だった。

思い続けていたら、夢に近づくことができる、なんて書いた矢先に矛盾してるんだけど、現実、こんな話だって、ある。復興なんて、まだ、まだ、まだ。だ。
ということも、分かってほしい。としか、書くことができない自分…ふがいない。

だからワタシができる、発信はする。心に誓ったのがこの時だった、と言ってもいい。

近々、このブログもリニューアルします。すべて。ハイ、自分にプレッシャーかけます、ハイ!

あ、そんなわけで、宮古はまたゆっくり行くんで。今日のフラカン、きのうのeastern youth×雷也も。
行きたいキモチはまた、これから、に♪

あと宮古と言えばねぇ。これもあるのよ。今年は11月11日だそーなので♪
(短い映像なので、どうぞ最後までご覧あれ)



今年もコスプレで行くよっ(^^)!!
[PR]
by takahashichie | 2012-08-26 12:14 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
タワーレコード盛岡店がある、イオンモール盛岡にて。
題して。
「MORIOKA MUSIC JOURNEY」♪

e0033384_21575021.jpg


リハーサル前にステージでNHKの囲碁や将棋の番組がずーっと流れてたのはなんかシュールだった。笑

e0033384_21575335.jpg


出演者&スタッフみんなでイベント後パチ☆

本当に。岩手のことが誇りに思えた1日だったよ。ワタシは。

ピアノ弾き語りで独特に言葉を操る、日食なつこ。
ギターをつま弾きながら伸びる高音のボイスがキモチよかった、RYUDEN。
岩手でこんなヒップホップを紡げるユニットがいたんだー、Mad Bridge。
やはりやはり、‘岩手の宝’だ、EL SKUNK DI YAWDIE。

こんなアーティストが生まれ、育っているのも。
アーティストの才能だけではない、環境があることにも、改めて。気付かされた。

e0033384_21575543.jpg


驚いた。本当に。こんなに、いろんな方がフツーに。お客さんとして見に来てくれて。

JAZZY SPORTクルー。ジャジスポに関してはもう説明いらずでしょ。「ちえさん、ダメですよ~APPI JAZZY SPORT、今年はサボりましたね~、ちゃんと出欠、点呼とってるんですから~来年は必ず来てくださいよ!」…ということで、来年もあるみたいです(笑)♪
MOTHERスタッフ。ビッグママのMARYさん(写真も誰だかすぐ分かるでしょ?笑)が、盛岡で引っ張ってきたことはすごく大きい。「ライブはもちろんだけど、ちえちゃんが、すごく、すごく、良かったよ!」って、MARYさんに言われた時は泣きそうになった。
馬場さん。わんこそば・東屋の人ながら、いろんなアーティストさんを盛岡に呼んでる。七尾旅人さんとか、最近だと、レキシやキセル、二階堂和美さんが出演したイベントとか。

あぁ、盛岡って、岩手、って。面白いよなぁ。
こうして音楽シーンを支えてる熱い人間がいて、そんな面々がそれぞれ、どこかで。つながっている。「街のサイズがちょうどいい」って、昔、誰かが言ってたけど。まさにそうなのかもしれないなぁ。
ホントは、クラブチェンジ・黒沼親方を招いてトークショーをする予定でした(笑)。スケジュール的にムリだったのですが、もしこれも実現してたら、盛岡・岩手のミュージックマン全員集合!と言っても過言ではないよね?笑!

e0033384_21575715.jpg


みんなでパチ☆

いろんなことが、また、新たに。
そんな区切りとなるイベントだったと思います。アーティストさんにとっても、スタッフ側にとっても!

イオンに買い物に来ていた若者、だけじゃない。おじさんおばさん、おじいちゃんおばあちゃんが。腰かけて、音を楽しむ姿。リズムにのって、きゃっきゃ、と、楽しそうにしてる子どもさん。
あぁ、これだ、これ。うん、これだ、これ!

e0033384_2158076.jpg


FM岩手のSディレクターこと佐々木氏が今回のPA!

e0033384_2158379.jpg


そんなFM岩手のリスナーさんも何人か来てくれたよ♪
「ちえさ~ん!」って、声をかけてくださった方々。本当にありがとう☆
代表してこちらの親子を。ありがとうございます、ラジオの世界にはまた戻りたいと最近、心から思うようになりました。
こればっかりは縁とかいろいろあるし、まぁ。でも、思っていれば、いつかそんな時も来るんじゃないかな、と、ポジティブにも思うようになったのは、実はつい最近まであまり考えられなかったなぁ。

で。
イベント終わりで宮古へ向かい、宮古のライブハウス・クラブカウンターアクションでKen Yokoyamaのライブを見て(あとで書くねん)、盛岡へトンボ帰りして。

イベント打ち上げ♪

まぁちょうどみんな酔っぱらってるくらいに参加するのがワタシにはちょーどいいだろー、なんて思っていたんだが。
思った以上にみんな泥酔してた(笑)。

「でも、今回は、ちえさんがいつもやってる(←うるさいっつーの)、シメラーメン、行く気マンマンですから!」
とみんな言っていたのに、実際行動に移した勇者が…

e0033384_2158574.jpg


わずか3人!
腰抜けどもめっ(笑)!!!

いちばん手前のメガネくんは通称・鈴木。
盛岡のライブハウス・クラブチェンジでいっちばん会っていたリスナーさんじゃないかな。で、アラバキでもあんなに人が多いのに彼とは必ず会う。笑

今回は彼に助けてもらって、宮古トンボ帰りも実現できました。
音楽好きの輪がこうして広がるのは本当に嬉しき良きことかな、とも。思った1日だったのでございますのよ♪

盛岡では!
次は、いしがきミュージックフェスティバルで会おうぞ!!
[PR]
by takahashichie | 2012-08-22 22:55 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
*8月19日 音楽の街で開催のイベントについてはコチラ

↑いよいよあさって!!!来てねっ!!!↑



しっかし。

今日・某バンドマネージャーから着信。

もちろんお仕事系のお話なのだが…開口一番。
「ちえさん〜聞きましたよぉ〜!KESEN ROCKのとき、なんかスゴいとこに寝てたらしいじゃないっすか!あっははー!」

おい(^_^;)
事実だがみんな口が軽やしないかい??あん??

えぇちょいっと早い時間に大船渡のライブハウスに着いてしまったので…そこでちょっと腰掛けて待ってるつもりが…

さらに!?

「ボク、ちえさんに、七味入りのウーロン割り飲まされましたよぉ〜!‘これが飲めないのかぁ〜!’なんて言われて。あんな打ち上げ、久しぶりで面白かったですねぇ、あっははー!」

ん(ー_ー;)??

面白いかもしれんが、女子のすることではない………穴があったら入りたい………相手は笑ってくれてるが………

(まぁ一応自分のフォローのため書くと、彼は大学の後輩である)

e0033384_0103043.jpg


つうことで。こんな電話がたまたまあった後のライブだったんで♪

次回の地元ライブ後は必ず飲もう。そしてその時、「七味入りのウーロン割り飲ませてやるっ!」と言って別れた。笑!
岩手・盛岡のバンド、Swanky Dogs
東京での三連チャンlive、中日の両国SUNRISEでのライブにお邪魔!

いつぶりだろうなぁ、スワンキー。でもね、ボーカルのホラグチに。何かの打ち上げの席で酔っぱらって(お互いにそんな状態なんでワタシの記憶も正確でないが)言われたこと、覚えてるんだ。

「ちえさんに、‘来てもらいたい’って思えるようなバンドになってから、オレら、番組行きます。リリースがあったから、とか、ライブあるから、とか。そんなんでは、行きたくない」

ずいぶんなことを言う若いボーカルだなぁ、って思ったのは。もう3年は前じゃなかろうか。
確かに、大学を卒業するしないのあたりだったような気がするなぁ。そんな話をしたのは。

スワンキーは。
確実に。‘成長’、って言葉は違うなぁ。なんだろう?的確な言葉は思いつかないけども、‘風をつけてきてる’と言えばいいかなぁ?
ホラグチをまだイイ気にさせてはならんので(笑)こうは言いたくないが、ドラムのカイトくんとライブ後喋ってて、彼が言ってた通り「オーラが出てきてる」…ステージに颯爽と現れた時、これまでに見たことないようなホラグチがいたよ、そこに!
(まぁ…ボーカル的な課題は全然あるとしても、だ!いや、バンド全体の課題もあるとして、も、だ!)

なんつうか、ホントに。小っちゃい穴かもしれないけど。暗闇から射す光が見えるライブだった、うん!
この光がもっと強くなること、ワタシは信じる!

ホラグチが前に言ってたんだ。TAKUIくんのファンだ、ってこと。TAKUIくんも、ちょいっと視点が変わったような歌詞を書くアーティストだと思う。だから、スワンキーは。これからホラグチがどう歌詞を書いていくかにもかかってると思う。

「ちえさんが視界に入って、罵倒されるかと思って、やりづらかった〜」だって。ライブ後。ダメだな、それじゃ!
今のまんまで全然いいんだから、まずは堂々とやんなしゃい!そんなスワンキーが、9月のツアーファイナルで見られること、信じてっかんねっ♪

(ちなみにタイトルは、ホラグチがMCで言ってたことです。リンクを貼った、スワンキーのHP
を見てもらえるとPVが出てくるので…それに関してのことです。以下略)
[PR]
by takahashichie | 2012-08-18 01:02 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
*8月19日 音楽の街で開催のイベントについてはコチラ

8月3日〜5日の3日間に渡って行われたRock in Japan Fes。
矢沢の永ちゃんが大トリを飾った時以来の参戦でございまする。

初日の3日に行って来たぞよ♪

e0033384_20101714.jpg


まぁご覧の通りい〜いお天気でございましてん☆
日焼け止めとか塗ったんですけどね。汗で流れるしほぼ効果なし。首まわりがクッキリ焼けました。笑!

e0033384_20101821.jpg


初めて電車でゴー!
で、最寄り駅から乗るシャトルバスの乗車券がかわいすぎ!テンション上がるわ〜♪

e0033384_20101820.jpg


しっかしこんなに広かったでしたっけ?ジャパンのフェスと言えば年末のカウントダウンはほぼ毎年行ってて、あの規模をイメージしてただけに、んまぁ…こんなに広いんだ(^^;)と。甘かったですな。
とゆーことで。
いっちばん大きいステージはPRINCESS PRINCESSだけ見て、あとは入り口近くのこのあたりのステージをうろうろ、飲んでました。

プリプリをこの歳になって、初めて見るとは、なぁ…‘感慨深い’、って。こういう時に使う言葉なんだろうなぁ。ほぼ曲をソラで歌える自分に驚く。笑
19 GROWING UPを最後にやった時は感動しちゃった。若者が多いイベントだから、最後の最後に演ってくれた部分も大っきいんだろうなぁ、なんて勝手に想像しながら。
ドラムのきょんちゃんがしんどそうにドラム叩いてる姿も、なんか愛おしかったです。見てて。武道館公演もモチロン行くぜ!!

と。つい、プリプリのことを先に書いてしまいましたが。
ちえぞうのお目当てはモチのロンでUNISON SQUARE GARDEN♪

あっつい中。サークルモッシュ、だけでなく、ダイブも起こりそうな盛り上がりを見て。なんか、自分のことのように嬉しくなった。
ユニゾンは絶対にもっと大きなステージに行ける力がある。いや、力が備わってきてる!

ただ、その力がまだまだ、毎回毎回100パー発揮されないところが、まーた。人っぽくて、ねぇ。ちえぞう的には、この日のライブ自体は、あんまし良くなかったと思うもん、正直。でも、ユニゾンくんたちは、それでいいの。うん。三歩進んで一歩下がるようなところがある感じ。そこがまた、バンドだけど、さ。人間っぽい感じ、するんだよね。でもそのうち、そんな感じもなくなってくるだろうなぁ。ホントに、堂々としてきてるところなんかは、カッコ良くなってきてるもん(^^)!

カッコいい、と言えば。シカオちゃん、真っ昼間のステージで「イジメテミタイ」やると思わなかった〜やるなぁ!ヤング(笑)が多い中でこのセットリスト、攻めてるー!ひっさしぶりに見たCHARAさんも同性としてやっぱ憧れある方、カッコいい女性だしさぁ。
あとカッコ良かったのは、何と言ってもバンアパ(the band apart)!「coral reef」って曲が聞こえてきて、暑っつい会場なのにちえぞうの体の温度はクールダウンした、マジで!それがホント気持ちヨカッタ♪

e0033384_2010196.jpg


こんな遊園地みたいな会場なのね☆

きゃりーぱみゅぱみゅのステージはつい見ちゃったな〜。ディズニーランドのショーを見てるかと思った。
あと書いておきたいのはWEAVERね。いやぁどんどんぐんぐん演奏が上手くなってるー。なのにピュアさがそのまんまで、キラッキラしてる。今回見た中でいっちばん印象残ったのもWEAVERかもしれないもん。デビューした頃より歳も重ねてきてるからレベルが上がるのは当然、にしても。あのピュアさがそのまんま、なのは何なんだろう。べーちゃんが笑顔でニッコニコしながらドラム叩いてるのもなんかニクくなってきちゃう(笑)。すごくいいバンドだと思う☆

e0033384_20102077.jpg


しっかしジャパン系のフェスはフェスTシャツの着用率が高いね。笑。あと、フジロックみたいなフェスとも違って、世代交代が意外と早いフェスなような気もしましたなー。
「年々、マナーが悪くなってるような気がするんだ…」ある方に言われた一言。書いておきます、一応。

茨城県内のお店が集結してたエリアでまったりと、日本酒なんかも飲んだちえぞう。
コチラのお店のお兄さんはノリが良くでオモロかった。肉うまし!!

時間があっという間に過ぎて過ぎていった一日だったのでありましたとさん♪
[PR]
by takahashichie | 2012-08-16 21:00 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
そう言ってたよ。ライブの最後。アンコールの、最後のさいご、に!

e0033384_1192750.jpg


STANCE PUNKS。サイコーのクソッタレ野郎たちだなー。
生身でぶつかりすぎでしょー、ライブ。でも、そうやって生身でぶつかってるから、こそ。そうやって生きてるから、こそ。

言葉に重さがある。

スタパン大好きだー。ありがとうスタパン!
今日のイヤ〜なことは全部ぶち壊してもらったぜー!!

しっかし今日の盛り上がりは尋常じゃなかった。始まる前から異常なほどだった。
いろんなものを抱えてみんなライブに来てるんだろうなぁ。そしてここぞとばかりにぶつけるからなんだろうなぁ。
見ていて本当に、すがすがしくなった☆

今日は本当に誇りに思ったよ。スタパンといろんなことが、FM岩手の番組でできたこと、が、ね!

今、いないタイプのバンドだし、年代を超えて好きな人が、また。増えていくような気がする。
そんな気にもなったライブだった♪

e0033384_1192885.jpg


スタパンを初めて見たのは盛岡のライブハウス・クラブチェンジ。

で、さ。

渋谷の駅で電車乗り換えるべく歩いてたらさー。

「ちえさーん!?」

クラブチェンジのスタッフだった、みっちぃ!!

うっそー!?

未だに信じられない奇跡の邂逅。こーんなに人、いっぱいなのにね渋谷。嬉しい。

e0033384_1192893.jpg


岩手の奇跡。日食なつこちゃんのワンマンライブ、行きました。
(HP、ホントに素敵。是非アクセスしてみて!)

日食ちゃん、オトナになったなー。赤のドレスで歌う姿にちょっとドキドキしちゃった。

「本日一晩、皆様の大事な夜をお預かりします」

ライブのスタートに、ハタチそこそこでこんなMC。日本語っていくらでも、まだまだ。どんな表現でもできるもんだなぁ。センスという要素はモチロン大切にはなってきますが。
そういう意味で、日食ちゃんの言葉の使い方はホント、ハンパなく群を抜いてる。キラキラ感と純粋さと透き通った感じ。それでいて、明るく華やか、ではない。このバランス。
ある意味、恐ろしい。驚異。

日食ちゃんは、進むべき道筋がもうあるアーティストさんだなぁ、と、思った。もうこの道のまま進めばいいと思う。それで間違いない。
第三者が、そんな確信を持ってしまう。そんなライブだった。

e0033384_1192814.jpg


渋谷で日食ちゃんのポスター発見♪

e0033384_119291.jpg


立秋を迎えて、なんだか夏らしさが一気に減ったような気がする今日この頃。

あと。
ようやく、川崎出身のバンド・banbiのライブも先日、見られた♪

とにかくボーカルさんがイイ声なイケメンなんで、実際ライブで見るのが楽しみだった。で、ライブは、想像以上に演奏力があって、バンド全体の演奏も狂いがなくって。お、やるじゃん!って感じでした。
が。
何かが足りない…なんだろう。なんだろうか。うーん…演奏の完成度があるのに、何か物足りない感じ。
また次回見に行って確かめるとしましょ♪
[PR]
by takahashichie | 2012-08-11 02:27 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
ケセンの舞台監督さんに。
ケセンの会場で言われたことがアタマに来たのでどうしても記しておきます。笑。



「最近、FM岩手の○○さん(←ディレクター)と知り合ったんだが、俺のことをスゴいですね、スゴいですね、って言うんだよ。

何でか?

‘いつも客のいないロックバーのマスター’
‘口の悪い盛岡のライブハウスのオーナー’
‘大酒飲みの飲んだくれ女性MC’

この3人と、繋がってるって、すごいですよ〜…って、言われたんだよ。アハハ!」

おいおい、ちょい、ちょい!?
(いちいち誰だの何だの書かないよ、えぇ、えぇ)



あとさぁ。
ちょい、ちょい!?なことはもう1つあってさー。
ケセンのアナウンスに関して。

「いやぁ、あの、ウグイス、ね、キレいなウグイスの声でしたかー、そーでしたかー」
と言ってくれたのは、ASPARAGUS・しのっぴさん。

に対して。

「いやぁ…アナウンス…そうでしたかぁ…知って、がっかりですわー、だはははー」
と笑ったのは、the band apartのマネージャー・K氏。

ホンネでつき合える、って、いいことだけどさぁ。なんつうか、もう少し、さぁ。
さぁ!?

e0033384_1502191.jpg


いろーんな!
すべての、素晴らしき、素敵な、思い出を!
このまんま、持ったまんま!!!

また、次回(^^)!!!
[PR]
by takahashichie | 2012-07-31 01:50 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
まだ載せたい写真があるんだった♪

e0033384_0444889.jpg


今年の1月。東京でね、NUBOのライブで話しかけられた女の子たち。「いしがき(ミュージックフェスティバル)で、喋ってる人ですよね!?次は、ケセンで、会いましょう!」って言われたんだった…
ホントに会えたね。うるっうるでちえぞうは涙腺崩壊寸前だったよ。その東京ライブの時、ライブ後にハヤチンさん(10-FEETなどのアーティストを中心に撮影してるカメラマン)に撮ってもらった写真、「見て見て!待ち受けにしてるんですっ!」って…

次は、必ず。いしがき、で!
そう言って、笑顔で別れた。

そんな‘次‘って。
本当にあるかどうか、分からない。震災で感じたことだけど、でも、「次!」って、人はやっぱり。言いたい。約束したい。うん、約束をしたい。
その約束があるから、できるから。人はそれに向かって、歩いて行ける部分もある、と、思う。

彼女たち、タイムテーブルをこうして手に書いてました。
なぜ、って?
「日本一不親切なフェス」とか言われてるらしいんで、KESEN ROCKは。笑。あとは推して知るべし♪

e0033384_0444861.jpg


JAZZRIZE・梅田さんはこの方です。
ケセンの写真もいっぱいのブログはコチラ

梅田さん着用(だし、梅田さんデザイン)の、TILITILIのTシャツ。
バンドTとは思えないようなオシャレ感(色の感じも、うん!)ある、このTシャツ。

「No Sea, No Life」と書いてあるのが。うん。うん。

ちえぞうもモチロン買って帰りました☆

e0033384_0444921.jpg


なぜか武将たちがいた。笑。
なんだったんだろう?

この写真見て、んまぁいろいろとオモロい仕掛けもステージ上あったことを思い出した。これがホント、ステージ裏とかで見てたからこそ、余計笑えるようなこともいっぱいあってねー。
でも書くのはヤボだな、うん。やっぱし、ライブに。音の鳴る場所に。来てもらって、共有できたらいいな、と、思うことにするっ。
まだ、ライブとかを未体験なアナタ、とも。

e0033384_0445019.jpg


ケセン翌日。
東北ライブハウス大作戦大船渡・FREAKSにいました(そんなFREAKSにて。ちえぞうちゃんのしでかしたことは、お酒の席の話のネタとさせていただき、ここには書きませんです。デヘ)。

ちょうどこの日から、外観の新たな工事がスタート、という日でもありましたが。
午前中から。ケセンに出演したアーティストさんをはじめ、お客さん。続々と見に来てくれました。

アジカンのゴッチさん、バックホーンの面々、FBYにロコの皆さん。
千葉から来た女性、関東の方から来たというカップル。

この、FREAKSという場所で。ライブを楽しめること、そして、いろんな方に会える時が来るのは。
もうすぐです!

あ、偶然。
今日、ライブハウス大作戦・宮古チームがこの写真を送ってきてくれたよ♪

e0033384_0445166.jpg


看板も掲げられて、いよいよ!

来月、こちらにはライブを見に、行くんだーい!!

大船渡も宮古も、いろーんな予定が決まってるから。是非ゼヒ、それぞれのリンクへとアクセスしてくっださいっ!!

で、さ。
恐るべし、は。きのう日曜のこと@東京・渋谷。

e0033384_0445127.jpg


日食なつこちゃん(岩手出身のアーティスト、あとでレポ書く)の、ワンマンliveがあって。
そのライブ後、あまりにも気持ち良くって、1杯飲んで帰りたいな〜と。前に連れてってもらったお店にぶらりとひとりで。暖簾くぐってみたのさっ。

そしたらさっ。

「ちえぞうさぁ〜ん!?」

カウンター越しに、手を振りながら、女子の声。笑。

2人とも、ケセン参加者。ウケる。なんだコレ!?
ここ、東京だよね!?大船渡とか岩手にいるわけじゃないよね!?ん!?

ホント、なんだコレ!?

ケセン、恐るべし。どんだけ人と人を繋げたいわけ!?

信じるか信じないか、は。
来年のケセンロックに来れば分かるさー!

たぶん♪
[PR]
by takahashichie | 2012-07-31 01:32 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪
世間はフジロック一色ですが、今年は行けなくても悔しいとか思わないのは、
KESEN ROCK FESTIVALからちょうど1週間経つけど、その、ケセンの余韻でまだ満たされてるからだなぁ、うん。

本当に記憶に残る、思い出に残る。2日間でした♪

e0033384_12262397.jpg


大船渡・海山のマスター、新沼さん(真ん中)&今や大槌の住人でもある自由人・元ちゃん。

新沼さんのことはたびたび、このブログでも書いてる。震災後の新聞記事で新沼さんのことを読んだのが最初だった。
震災から1か月ちょっと、の、ゴールデンウイークの頃に。その記事を目にしたように思う。アルバイトの方を亡くされた、けど、生きてる者が、しっかりと、生きていかなくては。そんな記事だったような記憶。
ずいぶんと早い時期から、前向き、という言葉では簡単だけども…しっかりされた方だなぁ、と。そんなことを思いながら新聞を読んだ。

そんな新沼さんとは、ほどなくして。繋がった。なんでも奥サマも同じ「ちえ」というお名前なんだそうで(笑)。
「(アナウンスの)合間、休憩に、こごさ来い!」と言ってくれる新沼さん。とゆーことでこちらでほたてやらカキやら食べてました。アーティストさんたちも来てました。笑。

そして、元ちゃん。
盛岡で。元ちゃん、クラブチェンジ黒沼親方、ちえぞう。よーく飲んでた。いまでもいっちばんいろんなこと話せるのは、この2人かもしれない。なぁ。

「言いたいことあるヤツには、言わせておけばいいんだ」
地元の岩手で番組ができても、なかなか。辛かった。あの時は若かったからなーちえぞうも(笑)。ネットでは文句みたいなのしか目に入んないし、なんだろ、うん。辛かった。
けどさ、「言いたいヤツに言わせとけ」、強く、そう言ってくれたし。
「ちえさんがやりたいように、音楽のことだって、やったほうがいい!」って。朝の番組なのに、ライブのインフォメーションなんか入れて、朝っぱらから、当時キンパツだった、黒沼親方が、スタジオに来てくれたりして、ね。

震災で、いろんなことが変わった。けど、つながりは、変わんない☆

e0033384_12262498.jpg


通称・ニシペディアに、ここで会うとは!?
(だいたい酔っぱらった席でしか会ったことない)
なんでもニシペディアは毎回ケセンに来てて、しかも前回なんて。割と近場に住んでるにもかかわらず駐車券が取れなくて、盛岡まで車で行って車を止めて、そんで盛岡からのバスツアーで参戦した!っつうツワモノ(笑)。

「昔はこんなこと(フェスのようなもの)、考えられなかったですよねー…岩手でこんなことできて、こんなにアーティストさんが来てくれる、って、すごいなぁ!」…しみじみ、ニシペディアが言ってた。

今はフェス文化全盛なんでホント、どこでも。フェスができてる時代だけども。
今回のケセンに行って。そして、ワタシが言うと手前味噌感があるけど、盛岡のいしがきミュージックフェスティバル。岩手のこれらのフェス、どっちも。
アーティストさんと、お客さんと、人との、つながり。それがすっごく感じられてて、なかなか他のフェスにはない雰囲気を出してると思う♪

来てみれ、岩手のフェス(^^)
(9月開催のいしがきミュージックフェスティバルについては→コチラ

e0033384_12262423.jpg


昨年までのFM岩手の番組担当中、メッセージをくれてたり、聞いてた方にも。
ケセンの会場でいっぱい、いーっぱいお目にかかれました。これは自分的には想定外でした。

彼女とは初めて会えたよ、ハイ、ちゃんと覚えてますがな。「みにょりんこ」さん♪

幸せですなぁ、ちえぞう。岩手でのラジオ、始めた頃なんかぐずぐずしててさぁ。でも、こうして、こうして!
たっくさんの、番組を聞いててくださった方に会えて。ゲンキとヤル気をもらって。なんだかホントに、この言葉の繰り返しだけど。

幸せモノですなぁ、ちえぞうちゃん。

そう思った。

ありがとう。本当に、ありがとうございます(^^)
喋り手なのに、今はこれしか書けないや。笑。

おまけで。
ケセンの実行委員の方、しかも2人に。「ちえさんの放送聞いてると、ライブ行きたくなったんですよね〜」と言われたのが。
これまた、嬉しかったっス☆

e0033384_12262537.jpg


アーティストさんのお食事担当は、水沢・萬福食堂のチーム!
もともとこちらのお店は、まさに店名通り、で。もりっもりなんですよぉ、お料理が(笑)!つうことで、その期待を全く裏切ることなく、ケセン中のケータリングもすっごいいろんなものが並んでおりましたった♪

まぁこちらのお店では、よーく酔っぱらってました。知り合ったのは浅いけど、初めて行った時からだいーぶ酔っぱらった記憶が。
店のメニューがそうなだけに、マスターも豪快な人なんだよね。「ほれ、これ食え!」なんつって小鉢があれこれ出てきたり、最終的に注ぐのが面倒くさいんで、お酒のボトルをそのまんま置いてったり(笑)。
まだ実際にこういう場面に遭遇したことはないが、店のカウンター越しに、あり得ない話とか聞くと初めてのお客さんでも怒ったりする。
男なんスよね、萬福マスターは。素直に。

ワタシのふるさとは、変わらない。実家も、変わらない。
岩手に帰ったら、必ず立ち寄る場所です。萬福食堂♪

e0033384_12262587.jpg


暗くって判別しずらい写真だけども。これが、今回のケセンを象徴するベストショットかな☆

東京から来た男の子たち2人は、「KESEN ROCK TOKYO(←簡単に説明すると、ケセンロック開催のために東京のライブハウスで行ってたライブイベント。チケット代が今回のケセンロック開催費用になった)」で。
ケセンロックのことを知って、初めて。東京からやって来た、って言う。

そんな、KESEN ROCK TOKYOの首謀者でもあるのは、鹿野さん(右端)。日本の音楽好きなら知らない人はいないっしょ、つう鹿野さんは、ちえぞうの大学の偉大なるセンパイでした(笑)。蛇足ですが、いいカンジで酔っぱらってた鹿野センパイとはケセン中も大学時代の話をしたりしてました(不思議なもんで、なんだか最近、大学のつながりが密にもなってきています。なんなんでしょう)。

ケセンロックが終わって、会場全体に残る素晴らしい雰囲気の中で。撮った一枚。
東京組の男の子たちが帰りたくなさそうな感じだったのも、よーく分かる。そして、彼らだけじゃなくって。帰りたくない(いても何かあるわけじゃないけど、まだ、会場を後にしたくない、みたいな)感じの方たちが、たーっくさん、いた、こと。

わかるよ☆

こうしてお客さんを送りながら。

ステージ最後に。出演者のアーティストさんと、スタッフが。
ステージに上がって、「お客さんとも、繋がってるから(←正確ではない)」といったような話が、鹿野さんからあったこと。それが、まさに。ウソ偽りがなかった、ってことを。

で。
こうしてお客さんと話したりすると、ちえぞう、最後はワンワン泣いてしまう(自他共に認める)はずですが。
この日は1っ粒も、涙が落ちませんでした。

たぶんだけど。そして、初めて参戦しておいて、こんなこと書くのも何ですが。
このフェスは。来年開催できて、本当にまた、その時が。再スタートのような気が、したからです。
気分は来年、って言うのとは、なんか違う。
来年、こうして、また、できた時。お客さんと、会えた時。その時はゼッタイ、泣いちゃうと思います。
ハハハ。

ところで。余談ですが。ケセン参加の皆さん、虫さされ、ヤバくない!?
ワタシなんか足、ヒドいよ。マジで。ダイブしたからでしょ〜なんて東京で笑われるけど、違うから!虫だから!!
いやぁケセン会場の虫は強力だなー。レギンスもはいてたのになー。虫も侮るなかれ、だなー。
でもこのヒドい足もケセンの素敵なおみやげだと思って今日も生足全開でいきまっす♪
[PR]
by takahashichie | 2012-07-29 13:49 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪