ブログトップ

♪日々、コレ、ちえぞう♪

djchie.exblog.jp

「ぼくらが旅に出る理由」を2回歌った日にオザケンのライブに行けた。2012年。旅をしたい、もっと。 ↓ ローテンブルグで出会ったにゃんこ☆ ↓

10周年☆

e0033384_1382312.jpg

なんだか怪しげなセミナーに参加してるみたいな写真ですが(^^;)

東京のBridal Artという、ブライダルのプロデュースから司会まで、の、会社が10周年を迎え、
そのパーティに行ってきました♪

ワタシはラジオの仕事を始める前に、この会社で、そう、ウエディングの司会者として、
司会者としての講座を受け、デビューさせていただいて。お仕事として、お式の司会をしていた時期があります。

でもその期間はほんの、ほんのわずかでした。
DJオーディションで賞をいただいてから、トントン、と話が進んで、レギュラーでラジオの番組を始めることになったからです。

マイクを持っている、社長。素晴らしいスピーチでした。

「ブライダルの司会者を養成するべく、講座を開いておりますが、よし、デビューさせられるぞ!と思ってたらその女の子が妊娠してしまい…なーんてことも、ありました。女性の皆さんは、計画的にお願いします(会場笑い)。」

さらに社長が言っていたこと。

「相手の気持ちに立って、物事を考える」…そして話し出した、ドラえもんの映画・のび太としずかちゃんが結婚する前の日の出来事を描いた話。

涙が流れてしまったのは、会場内で、私だけではなかったです。

しずかちゃんのお父さんとお母さんは、「のび太くんは人のことを思ってあげられる立派な青年じゃないか。だから安心して、お嫁に行きなさい」
といったようなことを、喋っているそうです。

私がこの会社で式に関わった新郎新婦は、3組…だと思う。たったそれだけ。育てて頂いた時間に比べたら、あまりにも少なすぎる。
でも社長やスタッフの方は笑顔で「おぉ、ラジオ、がんばれ!」と見送ってくれた。

それは…この道に進みたいと思っていた私のことを分かっていたから。私の立場に立って、見送ってくれたんだ。
なんてね。感慨深く、自己中心に考えてしまったけど(笑)。
この会社のスタッフはみんな、結婚する、‘相手’のことを考えている。そして‘相手の立場に立って’こうしたら喜ぶかな、これはびっくりするかな、なんて、思い浮かべながら、大切な1日をプロデュースしていく。

今や立派な会社となり、スタッフも格段に増え、今日みたいな日を迎えることができ、本当に良かったと思います。
私は今は友達関係のウエディングのみ引き受けますが、それは、私が会社に対して勝手に恩義みたいなのを今も持っているからです。いくつかお断りしてきてしまったこと、お許しください。
お仕事として(って言い方は好きではないけれど)司会をする時が来るとしたら、それは、この会社に私が戻る日があれば、だと思います。

ウエディングも日々進化しているので、久しぶりに知人のお式など引き受けると、
「ん?」と思うことが必ずあって、そんな時は必ず社長やスタッフに今でも連絡をしていたりするのです(わはは)。

人間としても、本当に素晴らしい人が集まってる会社です。
もしウエディングの相談がある方は「ブライダルアート」で検索してみてください☆

まだまだ書きたいことがあるけど、今度飲み会することにしたので、また、その時に。
もちろん「和民」でヽ(*^∇゜)oC□☆□Do(゜∇^*)ノ

青木さん、朝比奈さん、本当にありがとう☆
[PR]
by takahashichie | 2008-12-02 02:10 | ほぼ毎日更新From ケータイ