ブログトップ

♪日々、コレ、ちえぞう♪

djchie.exblog.jp

「ぼくらが旅に出る理由」を2回歌った日にオザケンのライブに行けた。2012年。旅をしたい、もっと。 ↓ ローテンブルグで出会ったにゃんこ☆ ↓

ワインツーリズム♪

e0033384_0165466.jpgきのうの朝9時すぎ。
山梨・勝沼ぶどう郷駅に降り立ちました☆

ホームから見てもこんなに。
ぶどう。ぶどう。ぶどうの畑。

緑がぶわーっと広がる時期に通り過ぎると、景色の素晴らしさに息をのみます。それはそれは、美しい。


ワインツーリズム。
勝沼にあるワイナリーを好きなように、歩いてみる。

そんなワインツーリズムにワタシも参加!
オフィシャルのホームページでは、このように紹介されています。


e0033384_0212779.jpg「ブドウ畑に囲まれた地域を散策し、ワイナリーを訪ねてみることです。
ワインを味わうことは、その土地の自然・人間・文化を全身で味わうこと。
山梨のワイナリーを巡り、つくり手と触れ合い、彼らのつくるワインを味わう。
そのワインが生まれた土地を散策しながら食や文化を楽しむ。
ワインツーリズム山梨とは、そんな旅のスタイルです。」

参加の申し込みをして、届いたパンフレット。当日受付をして、もらった地図。
かわいらしさと洗練された美しさにうっとりします。

歩いたり、参加者が乗れる循環バスを使ったり。地図をヒントに(そう、決してパーフェクトに書いていないところがまた素晴らしい。目的とは違う場所に出ても、これが旅。時間を気にしちゃいけないわん、って気になる)、「次はこのワイナリー行ってみようか」とパンフレットとにらめっこしながら、てくてく。


e0033384_029144.jpgあら。まだぶどう狩りができる農園もあるのね。

ぶどう、真っ盛りの頃に来ると、山の色も違うし、その頃にこうして歩くと、また違う風景に出会えるんだろうな。

なんて、すでに。次にいつ来よう、なんて思いながら(笑)、のーんびり。歩をすすめます。


たどり着いたワイナリーで、試飲。あれこれ、ちょこっとづつ、いただいて。
アルコールでふわ~っと、い~い気分。そしてそのまま、次のワイナリーをめざす。
次のワイナリーに到着する頃には、そのアルコール分も体から抜けていて…そのくり返し。


e0033384_0395263.jpg某ワイナリーにあるカフェでランチです。モチロン、このワイナリー自慢のグラスワインをオーダー☆

こうしてテラス席から広がる、ぶどう畑。
曇り空から雨も落ちるそんな空模様でしたが、傘をさしてぶどう畑の中を歩くのもまた、風情があったように思います。
枯れたぶどうの葉に、かさっ、と雨粒が当たる音にふれながら。
時にぬかるんだ所に、足を取られたりしながら。

おいしい空気はひんやりとして寒くもありましたが、なんだか体が、浄化された感じもします。


自分たちが生まれた・育った・生活している場所に誇りを持っている。
そしてそんな場所を、自分たちの手法で、紹介し見せている。

私も、思うの。地方では、地方でしかできないことだったり、地方ならではの田舎くささも否定せずに、首都圏と同じアプローチではなく、自分が今ここでしかできないことをやる・やれるというのは、幸せなことではないか、と。

ワインツーリズムを通して、また、別な部分で学ぶことも、あり。


e0033384_0493529.jpg勝沼から甲府までは電車でさらに約30分。
予定よりワインツーリズムで時間を過ごしてしまい、時間がなくなっても。やはり、甲府でおいしいものを食べさせてくれるこのお店には寄らずにはいられません…(→リンクしてるお店デス)そうなのです。9月にこのお店に行って、マスターに。このワインツーリズムのことを教えていただいたの♪

チーズのうまさがひきたつピッツアにメロンメロン…今回もとろけまくってました☆

ワインツーリズムのスタッフの皆さま。ワイナリーの皆さま。次回も是非参加しようと思いますっ♪♪♪
[PR]
by takahashichie | 2008-11-10 01:08 | ほぼ毎日更新From ケータイ