ブログトップ

♪日々、コレ、ちえぞう♪

djchie.exblog.jp

「ぼくらが旅に出る理由」を2回歌った日にオザケンのライブに行けた。2012年。旅をしたい、もっと。 ↓ ローテンブルグで出会ったにゃんこ☆ ↓

ターイ♪

まぁ、何もかにも、全て。震災がどうの、とは書きたくありませんが。
正直、ホントにどうにもこうにも自分が取り戻せなくて、あぁ、そうだ!飛行機に乗ろう!違うことをしよう!
と、安直に思い、昨年秋ごろ。
親族が住んでいるタイに行くべくエアーを取ったら…

洪水…

そんなわけで、今にずれ込んだタイ行きだったわけです。

今回行って、洪水のお話も聞いたし、「ここまで水が来た」なんてのも目にしました。繁華街では至るところに募金箱が置かれています。電車乗り場の改札には必ずと言っていいほど置いてあった。
電車に乗れるのはどちらかと言うと富裕層だから、切符を買ったおつりを多くの人が募金箱に入れていく。
日本では、いろいろな災害が‘風化’するスピードが早い気がしてならないけれど、タイでは、起こってしまった災害を受け入れて、日常に馴染ませている気がした。だから風化しない。大きく扱うこともないけれど、決して人の心から離れることが、ない。
あとは、大都市で起こってしまったこと、というのも大きいのか。東北でのことが、関東で起こったようなものだもん。

そんなわけで初めてのタイ、ですが!
乗り物系はコンプリートした気がする、笑!

e0033384_10311327.jpg


電車ね。こんな感じで9割方、ラッピングが施されてる!
日本のシャンプー「TSUBAKI」のも見たよ。「あ!エビちゃんだ!」なんつって。

e0033384_10311472.jpg


空港とバンコク繁華街を結ぶ路線。
でも、電車が行ったと思ったら、後ろの家から、パーっと。子どもたちが出てきて、線路で遊ぶ。
電車にはスーツケースを持った華やかな人がいっぱい乗っていて、そんな人たちを乗せた車両が通り過ぎるとランニングシャツの子どもたちが元気にしてる。

うーん…

e0033384_10311422.jpg


レディ・ガガ様のコンサート(後で書く)がちょうどあったので、バンコクでガガ様を♪
電車の最寄り駅から運行されてたシャトルバスに乗り込む。しかしこれは、親族が向こうに住んでたおかげで行けたようなもの!「フワマークの駅から臨時のバスが出てるっぽいよ、もし出てなかったら駅に止まってるタクシーに乗って(会場まで)行って」と聞いていたので降りてみたら。まぁ大行列!!日本のアリーナコンサートと全く変わりませんな。

しかも案内なんかまるで書いておらず(これかな?と思うものはことごとくタイ語でしか書かれておらず判読不能)、でも、明らかにコンサートに行く人の群れだ!っつうのが分かったので(日本のようなガガ様ファッションはホントに少なかったけど、‘BORN THIS WAY’って書いたTシャツ着てる人がいたりとか、で)、行列に並び、会場へ。

e0033384_10311497.jpg


ライブの帰り。5〜6万人(ガガ様曰く)のお客さんが集まった会場は大混雑!
おまけに広くって広すぎて、バス乗り場が全く分からん…

道ばたでタクシーの運ちゃんに声をかけるも、英語は分からん?とか、なんか結構イジワル。
そんな時に。
「どうしました?私が間に入ってあげる」と、学生とおぼしきカップルが。それはそれは、本当に!親切にしてくれた…

「ガイドブック持って声をかけてタクシーに乗るのは、明らかにボったくられるから気をつけて」「観光客にはタクシーは優しくない」等、いろいろと雑談をしながら道を歩くも。なかなか捕まらないタクシー。

で!

「あなた、バイクでもいい?」

ということでー!!!

写真は、期せずして初めて乗った、バイクタクシー!!!
(バイクタクシーこそ、タイ語しか話せない人が多くて、カップルの2人が交渉してくれた!)

運ちゃんがまぁー、飛ばす飛ばす!!!
運ちゃんはヘルメットしてんのにお客のほうはノーヘルだからね(笑)。
車と車の間をすり抜けてびゅんびゅん、びゅんびゅん。飛ばしてくのはなんだかキモチ良かった☆
(一歩間違えばヘタしたら死んじゃうけど)
バイクのことをよく知らないワタシはマフラー部分にすねをあててしまってヤケドしちゃって未だに腫れひかず。でもこれも旅の良き思い出かな☆

e0033384_10311593.jpg


人力バイク?自転車バイク?にも乗ったよー♪
運ちゃんの後ろ姿。

e0033384_10311567.jpg


トゥクトゥクにもー♪
これはカワいいな〜!

e0033384_10311548.jpg


いろーんな乗り物が我がモノ顔で道路を走ってる。ルールは最低限だからいろんなものがごっちゃでカオスだけど、だからこそいろんなエネルギーも湧いてるような、そんな気がした。
ルール、ルールの小さな枠になっていくと、そのルールからいかに悪いほうに抜け出すか、ということしか出てこなくなっちゃう気がする。

ちょうど、「日本では、人に迷惑をかけるんじゃないよ、と言うけど、インドでは、生きていて人に迷惑をかけるのは当たり前だから、自分も人のことを受け入れるように、と教えられる」といったような言葉をツイッターで見かけた。
うーん、なるほど、だなぁ。これ、タイの人たちも、どちらかと言うと後者、インド寄りの生き方をしている気が、した☆
[PR]
by takahashichie | 2012-05-30 11:24 | ♪♪たび♪♪