ブログトップ

♪日々、コレ、ちえぞう♪

djchie.exblog.jp

「ぼくらが旅に出る理由」を2回歌った日にオザケンのライブに行けた。2012年。旅をしたい、もっと。 ↓ ローテンブルグで出会ったにゃんこ☆ ↓

勝手にいわてデスティネーションキャンペーン〜いろんなことを教えてくれる街〜

ホントに、宮古の人たちと知り合ってから、いろんなことが変わりました。いろんなことを、宮古の人を通して、教わっています。

でも、知り合ったのは、震災のちょうど1年前くらい、2010年・春です。まだ浅いです。
こうして知り合っていなければ、震災に対する思いも、もしかすると違うものになっていたかもしれません。正直。それぐらい、深い。

e0033384_1083664.jpg


1日目の旅の終着点は、そんなわけで、宮古!

e0033384_1083682.jpg


宮古の海の幸。こんなものや、

e0033384_1083613.jpg


こんなもの!

e0033384_1083632.jpg


ラジオを聞いてくれてた、よっちにも。偶然バッタリ!
これ、よっちのボトルだよね!?ちえぞうボトルもこの店にはある(笑)が、ウイスキーだもん…まさが、よっちのボトルごちそうになってるこの日!?だとしたらゴチソウさま☆

e0033384_1083790.jpg


お店のみんなも入って、えーい!撮っちゃえ!
「大将」というお店デス。どうぞよろしく!

宮古も、市内の中心部まで、津波が襲ってきました。震災が起こる10日ほど前に宮古に行って、みんなが。ちえぞうのバースデイを祝ってくれた☆
そう、たった10日前だよ。あの時見た景色や行ったお店が大変なことになってる。「おい!DJ!」ってみんな、小バカにしてたじゃんか、あたしのこと。

なんか、これは現実じゃないんじゃないか。って。テレビ(FM岩手にいたのでテレビは震災直後から見られた)を見ながら、頭の中は現実感がまるでなくて理解できないまま、体は動かしてニュースを集めてマイクの前で声を出していた。
そんな数日だったんじゃないかなぁ。冷静に今、思い出すと。

宮古の人には電話ができませんでした。しばらく。
ちえぞう、宮古に行く時には必ずと言っていいほど一緒に行っている、盛岡の知人。逆に、彼に電話をして、宮古の人たちの安否を尋ねようとしてた。
でも。盛岡の知人が、何日か電話をしても、出てくれない。何で?

いてもたってもいられず、思い切って宮古の人に電話したら、むしろみんなは宮古で、必死に。消防団の活動だったり、とにかく、必死に動いてたった。
そしてまさか、の。盛岡の知人が、震災の時。岩手の沿岸のほうにいたってことを聞いた。

うそだ。

誰しも、が。こうして。必ず、何かを抱えてる。

一緒に写真を撮った、よっち、だって。よっちは明るく、決して涙なんか流さず話してくれたけど、そんなの、辛すぎる。こうして笑ったりできる場所に行って、何が悪い?
笑うこと、って。とっても大変なことなんだ、実は。とっても、とっても。笑えることで、次の何か、を。探すことができるような、そんな気力をもらえる気が、する。

そんな、宮古の。地元の人たちの、思いの、ひとつ。
東北ライブハウス大作戦。ここ、宮古にもできます→コチラ
その中にある、メッセージ。じょにお(上から2枚目の写真・ファンキービッグボーイ、笑)が書いていること、まさに。盛岡の知人のことです。

ワタシが、その。盛岡の知人と初めて会ったのも、ライブハウス・盛岡のclubchange waveでした。宮古でBRAHMANがライブをする、そのチラシ配りをしていて、「へー!」と。ちえぞう、声をかけたのがきっかけだった。
そもそも、宮古の人たちと繋がった、最初のきっかけが、この時になるんだなぁ。今、思えば。

ワタシはこれからも、彼らのためにできうることは、何でもするつもりです。
ライブハウスは、ワタシにとって。とっても、大切な場所だから。そんな場所が、ふるさとの岩手に増える!
やるっしょそりゃ、ちえぞうも!盛岡の知人の、音楽への思いを。詰め込める空間ができるため、に!
[PR]
by takahashichie | 2012-05-16 10:57 | ほぼ毎日更新From ケータイ