ブログトップ

♪日々、コレ、ちえぞう♪

djchie.exblog.jp

「ぼくらが旅に出る理由」を2回歌った日にオザケンのライブに行けた。2012年。旅をしたい、もっと。 ↓ ローテンブルグで出会ったにゃんこ☆ ↓

大っきなアリーナ、小っこいライブハウス

週末はライブ三昧で♪
まずはきのう・日曜。
さいたまスーパーアリーナに、EMI所属のアーティストが集結!

e0033384_9454495.jpg


番組終わりで行ったので、もろもろ見たいものが見られなかった残念さはあった、のだけれども。そんなの、会場入って見始めたら、ふっ飛んだ♪
ひっさびさに見た9mm Parabellum Bullet(9ミリ)。より、パワーが増して加速してるなー、と思った。ギターの人なんか実は、エアギターじゃないか?ってくらいのアクションでのギター弾きだったし!
そんな9ミリと吉井和哉さんのコラボレーションステージはたまりませんでしたわー♪吉井さんの曲を9ミリが演奏するんだよ!?さらにBOØWYのカバーとかやっちゃうんだよ(若いお客さんたちが分かっていたのかギモンは残るが、笑)!?んもう鳥肌!!ステージ最後にやったのは9ミリの曲(たぶん)で、吉井さんが歌っちゃうんだよ!?

いやぁ。さすがでございます。レーベルの力ってものを見せていただきました。ハイ。
音楽業界がどうの、CDが売れなくなった、レコード会社は…なんて、耳にします、が。

まだまだ、まだまだ。できることはあるし、可能性は、ある。
だって音楽が世の中から消えることは、考えられない。

発掘する人。育成する人。さらに、ラジオや活字などの現場にいて広めたいような人。そんなワレワレの耳のレベルが、ちえぞうも含め、もしかすると、下がっているのかもしれない、なんてことを思った。
表現の場が自由になってきて、やろうと思えば自分一人でどんな形でも、世の中に発表できるようになった今。だから、こそ。
いろんな立場の、それぞれ、個人が。「厳選」して、世の中に訴えていく、ということは、とても大切なことではないか。
…ちなみにワタシは、最近、トシとってずうずうしくなったからか、「え?」と思った時はスタッフさんだったりメンバーに直接言ったりしてる(笑)。だってそれはワタシという一人の一意見に過ぎないし、それで仲悪くなるならそれでいいもん。音楽的には「?」でも、人間的にはいい人ってのもいっぱいいるし、ちょっと話の論点がズレてくるんだけど、ちえぞうは、人間的な部分でつきあいたいから。ミュージシャンとしてとか音楽関係の人、とか、ではなく。

話を戻して。
EMIというレーベルは、しっかりと厳選したミュージシャンに、しっかりと愛情を持って接しているんだなぁ、というのが。とても感じられたイベントでした☆

あと、あと。ACIDMANを初めて見たのですが、もう1回見に行きたいですな、ちゃんとしたワンマン、とかで!



そんで。土曜は。

e0033384_9454565.jpg


いま、見たいバンドが集合♪
特にSAKANAMONね。噂にウワサを聞いていたので楽しみにしていたけど、期待以上!なんというか、すごく、一瞬一瞬が見逃せないような、‘刹那感’あるバンドだなぁ、と。クリープハイプと共に、今年期待しちゃうバンドだわ!

Anyはワンマンが来月に控えてるので、それを楽しみにしよう。来月、大学を卒業して、音楽でやっていく!っていう決意も本人たちから聞けたしね!

そして嬉しかったのは、S.R.Sとの再会、かな。ボーカルの山口さんとは何回握手したか(笑)。思わず出た言葉が「オトナになったね〜」だったもん。いやぁだってワタシがインタビューした時なんてハタチ前?とかその前後なわけですよ。九州の高専のまだ学生で、卒業できるかどうか、なんて言っててねぇ。
山口さんがなんとも、年季の入ったギタリストみたいな顔してギター弾くんだわ、これが。しかもウマい!
S.R.Sにはすっごく、伸びしろを感じる。どうにでも、まだ自分たちの形と方向性を決められる。そんな感じだった。これからも見に行くぜい♪
「(カッコが)目立ってた人だから、スッゲー覚えてるんすよぉ〜」とは、山口さんのちえぞう評。でも話してすぐに、震災のことを心配してくれた。ありがとうね。

e0033384_9454577.jpg


一緒にライブを見に行った、FMヨコハマスタッフ・Yくん。
仕事終わり、いっしょに電車に乗って、こうして、ライブを見に行けるというのがすっごく嬉しい。

そして会場着くなり、こうして写真を撮るのも、ちえぞうの生態といっしょ(笑)。

ライブハウスのアーティストが、いつしかアリーナをいっぱいにしていたり。逆に、9ミリみたいなバンドでも、やっぱりライブハウスでもう1回は見たいなぁ、なんて思ってしまったり。
大きいからイイとか小さいからイイとか。そういうことではなくて。その場にいた人がみんな、ついのめりこんでしまう、入り込んでしまう。
そんな空間がちゃんと作れるアーティストは、やっぱりスゴい、と思うわけです。
[PR]
by takahashichie | 2012-02-20 10:43 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪