ブログトップ

♪日々、コレ、ちえぞう♪

djchie.exblog.jp

「ぼくらが旅に出る理由」を2回歌った日にオザケンのライブに行けた。2012年。旅をしたい、もっと。 ↓ ローテンブルグで出会ったにゃんこ☆ ↓

「ALL AROUND KAMAKURA」その2〜建長寺〜

建長寺に行ってきました!

e0033384_13492781.jpg


それはそれで風情がある、と言えるのかもしれませんが。そぼ降る雨がちょいっと残念★

番組でもお伝えしましたが、建長寺は。日本で初の「禅寺」。
禅は個人的にもとってもキーワードでした、最近。S.ジョブズの伝記っつうの?それを読んでいても、若かりしジョブズ氏は禅にとっても傾倒していた旨の記述があり(まだ上巻しか読み切れていませんが)。

e0033384_13492774.jpg


建長寺派 宗務総長の高井さんにお話を聞きました♪
カットはされてるけど、「ちえちゃん、ちえちゃん」と呼びかけながら話をしてくださる、言うならば。とってもフレンドリーなお方。

禅は武士の行動的なよりどころ。禅は、自分の肉体に頼る。禅は、生き方。
「一日なさざれば、一日(いちじつ)食らわず」「一所懸命」…こうした禅の精神は、武士の行動に、そして、現在の勤労の精神に。そのまま、生きている。

東洋ならともかく、西洋人のジョブズ氏がなぜ、禅に傾倒したんだろう。高井さんに個人的に聞いてみた。
「禅は自分の肉体に頼るもので、自分だけを頼りにするものだから。そういうところが魅かれたんじゃないのかなぁ。ジョブズさんのことは分からないから、なんとも答えられませんが」
笑顔で答えてくれた高井さんに、とっても親近感。
(そもそも、高井‘さん’ってのも…でも、高井さんが、高井‘総長’じゃなく、さん付けで呼んで、と、おっしゃったので。こんなところも、親近感、ですよね)

e0033384_13492768.jpg


これが、建長寺創建当時から残っているとされる「柏槙(びゃくしん)」という木。
高井さん曰く「霊験あらたかな木」。

写真では伝わらないけれど、木の肌に。歴史を刻んできたのがよーく見える。そしてこの木のまわりを吹く風は、どことなく厳かさすら、感じる。樹齢、約760年、ですか。

建長寺の創建者・蘭渓道隆が。この木を手植えしたとされています。
言い伝えとしては。亡くなった翌年、柏槙が白く芽吹いたそうです(芽吹くことはない木である)。それは蘭渓道隆のお骨ではないか、と。

e0033384_13492839.jpg


今度は早い時間に、そしてお天気がいい時に登ってみたい!
半僧坊&天園(てんえん)ハイキングコース!
建長寺の奥のほうから階段をつたって登っていくと、遠くは富士山も望めるそう。空気が澄んでいて、とってもいい空気をカラダの中に入れて帰ってきました♪

あと、山に囲まれて建っているお寺ですが…禅寺というのは、こうして山に囲まれている。中国の禅寺がそういう仕様で、それに従ったまで、なんだそうですけども。
そもそもその考え方もちょっと違う、というか。「山に囲まれてる」ではなく、「谷に建立している」なんですな…それは、この空間を‘密封する’ため。

話を聞けば聞くほど、面白くなった。座禅にも、行かなくちゃ!

我がスタッフが、番組ブログにキレイな写真とともにレポを書いていますのでゼヒ!⇨コチラ

e0033384_13492833.jpg


鎌倉と言えば、しらす丼。この日の昼ゴハン♪
[PR]
by takahashichie | 2011-12-13 14:21 | ALL AROUND KAMAKURA