ブログトップ

♪日々、コレ、ちえぞう♪

djchie.exblog.jp

「ぼくらが旅に出る理由」を2回歌った日にオザケンのライブに行けた。2012年。旅をしたい、もっと。 ↓ ローテンブルグで出会ったにゃんこ☆ ↓

陸前高田

この週末。
岩手・陸前高田へと行ってきました。陸前高田へは、ようやく。

海からだいぶ距離があるはずなのに、山の木が赤茶けてる。まさかこんなところまで水が??

さらに、市街地に近くなってきて、あぜん、とする。

e0033384_11433463.jpg


水が全然、引いていない。家が建ち、街として存在していたであろうはずの土地が、こんなふうに。巨大な浅い沼みたいになってる。牡蠣やホタテの貝が、こんなところでたくさん見られるとは。不思議だ。

道路の横に、ぽつん、と。子どもの靴。こういうのが胸を打つ。

e0033384_11433969.jpg


市街地(と思われる)場所で。
誰かが見つけたのだろう、こうして。石の上に置かれていた物たち。恐竜の人形にゴルフトーナメントのカップ。携帯電話も置いてある。
人が暮らしていた、証。

そして。
陸前高田、と言えば、高田松原の松。たった1本だけ残った松が「高田の一本松」なんて言われて報道されてて、きっと皆さん、ご存知でしょう(一本松についてはコチラ)。
遠目ながら、これも見てくることができた。なんだか気高く、すうっと。空に伸びてるように見えた。

しかし、昔の写真と見比べると、ただただ、驚く。松の密林のような場所だったのだから…ちびっ子の時、家族で海水浴に行った場所。

e0033384_11434190.jpg


鯉のぼりが泳いでいた。こういうのが本当に希望になる。

もうすぐ、9月11日で。震災から半年を迎える。半年という時間は経っているが、現実の状況としては、相当、相当。厳しい。

付近を歩いて、何かを探している方。膝を抱えて、うずくまっている方。少しでも何かを探そうとしたり、涙をこぼしたりしているのだろう。陸前高田で見た、光景。
私だってそうだ。涙が出てしまう。そんなに簡単に、復興だとか、できるような、そんな光景ではないもの。

でも進んでいくしかない。きりっ、と。していかなくては。生きているものは。

陸前高田、戸羽市長の著を読みたいと思う。盛岡のさわや書店では売り切れてる、なんて話も。探さなくちゃ!
[PR]
by takahashichie | 2011-09-05 12:22 | ほぼ毎日更新From ケータイ