ブログトップ

♪日々、コレ、ちえぞう♪

djchie.exblog.jp

「ぼくらが旅に出る理由」を2回歌った日にオザケンのライブに行けた。2012年。旅をしたい、もっと。 ↓ ローテンブルグで出会ったにゃんこ☆ ↓

ハレノヒ

盛岡で先週末、何があったかとゆーと。

e0033384_10114068.jpg


ウエディング♪

しかも、列席でなく、司会(^^;)

ワタシはことごとく、ウエディング司会には向かない人間だと思うのだ…とにかく涙もろい。だから同級生とか友達のしか、今は、受けない(前に、ブライダルの司会事務所には在籍していたことはあり=ブライダルアート。ラジオの仕事が決まってほんの短い在籍だったけど、今でも社長にはとてもかわいがってもらってる、と、書いておくか、ぷ)。

ご披露宴で必ずと言っていいほどある、「新婦から、ご両親へのお手紙」。
新婦さんが読めなくなった場合、に、備えて。
新婦のお手紙というのは基本的に、司会者は前もって預かっておく。

もうずいぶん前になるが、同級生の披露宴の時。あったのだよ、新婦が号泣、で、お手紙読めない、って時が!
ハイ、ちえぞう、出番!読まなくちゃ!

。゜(>д<)゜。

オレ、泣いて、どーすんの??
つうか、同級生の場合、また、両親も知ってたりするからさぁ…余計。泣く司会。ダメだこりゃ。

しかし、災い転じて福をなす、と、自己弁護させてもらえれば、
「こんなに感動的で…もらい泣きしたのは初めてだ…」等の、終わってみれば司会台に来てくださる方、多し。
(またムダにアドリブで、余計なことも喋っちゃうのがラジオなオレ…)

んなわけで、身内とか、近しい方たちなら許されたりもしますが。
‘プロ’として。やるのは。とてもじゃないが、やっぱり、オレっちには、できない感じがします。

そんな訳で、これまでも、何度も何度も、ありがたいお話をお断りしているのは、そんな、ちえぞう自身の情けない事情があったりします。喜んで請け負いたいところですが、ダメなんですよ…とても、とても。
もしお声かけてくださっていたリスナーさん(地方で喋ってると、これが結構、ある)がいましたら、そんなしょぼい理由だったんだ、と、笑って読んでいてくれたら幸いです。

今回のお話は。とても前から頂いて決まっていたこと。昨年の姉に続き、今度は、弟。
お母様が「是非」とおっしゃっていたようなことも聞いていたので、これは。きっちりやらせて頂かなくては!

e0033384_10114037.jpg


その、お母様が製作した。リラックマの衣装。ステキよね☆
新婦がお母様のお手引きでお色直しに向かう時、急遽、当日リクエストを持ってきて(少なくともワタシは当日スタッフに耳打ちされて知った)、その曲に乗せて歩いたんだけど。それが、お母様の大好きな「小野リサ」さんの曲。オシャレだった〜。

ウエディングの司会、って。慣れることはないでしょうなー。特に、ワタシは。
ホントに多様化してるし、千差万別で、その場その場で、違いすぎるし。
そしてそして、今回も、まーた。「新婦からのお手紙」で、涙をこらえるのに必死なオレっちでございましたとさーん♪

しかし、ヨイショするつもりは全くございませんが。
会場の「盛岡グランドホテル」、こちらのスタッフの皆様方のホスピタリティはいつ来てもスゴい!と思います。どんな状況でも笑顔で。だからワタシも、あまり焦らずに、進行できるなぁ、って。今回も、そう思った。
これまで数回のこの場所での進行を始め、番組でもお世話になったこともあって。「ちえさんが司会してるっつうんで見に来たよ!」なんて、のぞきに来てくださったスタッフさんが何人も(笑)!
キンチョーを解いてくれました(^^)

終わってから、この日は。その、お母様と、軽く飲みに出かける(笑)!という、レアな機会にもなり。
ヨキ1日だったな〜♪



その、前日。
ワタシ的に、もう1つの、言うならば「区切り」。
近しい人の、四十九日。手を、合わせてきました。
これがないと、いくら前から決まっているお話でも、やっぱり。ご披露宴の進行は、お受けしてはいけないのではないか、と。

こーゆうところが何気にA型(血液の問題じゃないって?笑)。

ちゅうことで、盛岡入りする前に、中部地方へ行き、それから盛岡へ向かう、という。
1日の陸路での移動距離、過去最高じゃないかしらー?

こうして移動が可能なことに。そして、東北新幹線が、震災あとに復旧したことに。
これまで以上の、感謝を感じた1日☆
たとえ「はやて」が、震災前は2時間台で走っていたのに、「やまびこ」並に、時間がかかろうとも。
[PR]
by takahashichie | 2011-06-28 10:11 | ほぼ毎日更新From ケータイ