ブログトップ

♪日々、コレ、ちえぞう♪

djchie.exblog.jp

「ぼくらが旅に出る理由」を2回歌った日にオザケンのライブに行けた。2012年。旅をしたい、もっと。 ↓ ローテンブルグで出会ったにゃんこ☆ ↓

釜石はSmilin' Island♪

6月11日のこと。

e0033384_22194331.jpg


盛岡を朝6時出発の電車に乗り込み、一路、釜石へ♪
い〜いお天気を予感させる朝の陽射し、が…花巻から、釜石線に入るや…

雨(ーー;)
なんでやねん!?

釜石に着いても、小降りのぽつぽつ雨、は、止まず…だったが。
いざ、お昼頃スタート、の、ステージが始まったら!

e0033384_22194613.jpg


雨、あがった!!
太陽がウザイくらいに照らしてくれた日中になった!!

歌姫・PANGちゃん(遠くに小さく見える坊主頭)のステージの模様をパチ☆
PANGちゃんの歌声はホント、お母さんみたい。大きくって、包んでくれる。そんな言葉をストレートに言わなくても「大丈夫だよ」って、言って。守ってくれてるような歌声。

PANGちゃん。去年の10月のイベントで、初めて。釜石へと、やって来た。それ以来の釜石が、こういう形に、なろうとは。
釜石に降り立ったPANGちゃんは、釜石の知り合いたちと握手したり、ハグしたり、して。涙を流した。
PANGちゃんだけじゃない。こんな形の再会は、誰も、望んでなんかいない。

そんで。
MEGARYUのライブはこれまた、なんだ、この盛り上がり!?ってくらい!アコースティックでのパフォーマンスも、これまた、釜石ならでは、って感じだったよねん♪
新曲・「言えなかった『ありがとう』」には、涙を流す方も。MEGARYUの2人も、ちょうど震災の頃に。ものすごい悲しみを抱えることになったんだよね、実は。

いろんな思いは、伝えられるとき、に。伝えなくっては。
言葉に、しなくては。

MEGARYUもPANGちゃんも。釜石出身のベーシスト・KUUBOさんとの、ご縁で。
震災3か月の、6月11日。釜石に、音を。届けてくれたわけで。
最後のさいごに「Smilin' Island」が。生で聞けたのは。本当に嬉しかったねーん♪

しかし…この震災で、人とのつながりとか、関わり、とか。そもそも「人」というのが。人それぞれの、「人間性」が。明らかに、露呈することになった気がする。

この日ね。釜石で、ある方が、言っていたこと。
「何もかも、失ってしまいました。流されました。これから、大切にしなくてはならないこと、が、変わってきたんです。‘友情’とか、‘愛情’とか…要は、お金では、買えないもの。そういうものを、大切に、しよう、と。」

e0033384_22195015.jpg


釜石の、いわゆる街中、は。ゴールデンウイークに通りかかった時よりも瓦礫の撤去は進み、はるかにきれいになっていた。「この場所で、営業を再会するので少々お待ちください」といった張り紙を貼ってあるお店も!
少しづつではあっても、確実に。歩んでいるから。そんな張り紙も掲げられる。

でも、それは、街中の、ごく一部、だ。ごくごく、一部。これから、まだまだ。ひとつづつ。

e0033384_22195596.jpg


KUUBOさんともいっしょにパチ(前・右はじ)☆
あとはあとは、みんな。仲間!!!「ここで会う!?」みたいな方もいて、なんか、とにかく。いろんな顔が見られる、会える、って。シアワセなことだなぁ、って。月並みにも。
後列に見える、釜石・「和っつ」マスターは。今週から、新たな取り組みがスタート!→コチラ

e0033384_22195888.jpg


FM岩手・釜石支局の2人(左からお2方)と、麦沢ちゃん、と!!
麦沢ちゃんは今や、釜石ケーブルテレビのスタッフ。って言うのも、ちえぞう、岩手県立大学の学祭で、当時学生だった、麦沢ちゃんと。いっしょにMC、やったんだよね、ほんの数年前に。大人になったのぉ〜麦沢ちゃんもぉ〜…(細い目)。

ところでところで!
この日の釜石でのイベントで、古着(だけじゃないけど)を中心に、しっかりとした、むしろ、キレイなお洋服を、無料で。沿岸部を回って届けているのが、「ドンドンダウン オン ウエンズデイ」という名称で古着屋さんを展開している会社です。
こちらの会社による、震災後の取り組みも。ゼヒご覧いただけたらウレシイです→コチラ
ちなみに、この日のイベントでブースを設けてくださったんですが。スタート前から、たっくさん人が集まってましたっけ!
[PR]
by takahashichie | 2011-06-14 23:36 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪