ブログトップ

♪日々、コレ、ちえぞう♪

djchie.exblog.jp

「ぼくらが旅に出る理由」を2回歌った日にオザケンのライブに行けた。2012年。旅をしたい、もっと。 ↓ ローテンブルグで出会ったにゃんこ☆ ↓

現実と非現実 日常と非日常

先週金曜日のMR.BIGのライブの日は。
青空がとても気持ちのいい朝でした。もうすぐ桜も咲くだろう、なんて、胸おどる空気。

そんな空の下。
岩手県でない県警察のパトカーと、それに続く護送車(沿岸の方を運んでいたと思われる)。

これは現実で見る風景なんだろうか?

沿岸部に向かう時には何台もの、何台もの自衛隊の車とすれ違う。沿岸に行く時に渋滞に合うなんてこと、滅多にないのに。渋滞があったりする。

そんな、これまで見たことのないような光景を目にすることは多々あるけれども。
盛岡をはじめとした、岩手の内陸部は。本当に本当に、元通りの生活に。日常に戻っています。これは誤解がまだまだ多いので、声高に言っていく。
そして、日常の生活を送っている我々ができることを、やっていかなくては。そりゃ落ち込んだりする、悩んだりする。でも、それも。悩む問題がこれまでとは違うタイプのものだ、というだけで、悩む、落ち込む、ってことも、日常の1つに過ぎないのだ。

盛岡のライブハウス・club changeもライブが行われはじめた。
私はチェンジで涙を落としてばっかりだ。ライブハウスだけでない、音が鳴る、いろんな場所で。
音楽がなければ、ワタシは、もっと、ナヨナヨしてるに違いない。
UNISON SQUARE GARDENの新譜を聞いてすら泣いてしまっている。こんな時でも、普通にリリースをして、それが届くということが、どれだけ嬉しいことか。

地震の後、あるアーティストさんから、ケータイにメールがきた。
「こんな時に申し訳ないですが、ケータイの連絡先が変わりました…」すごくすごく、気を遣ってくれている文面。

でも、‘こんな時だから’ 、普通に、普通に生活をしている時と同じような、やりとりをしたい。それでいいのだ。その旨返信したら、「じゃあ、早く、飲みに行きましょう!」といった返事があったのも嬉しかったな(笑)。そうそう、これで良いの!盛岡は、被害がほとんどないのだから、行き過ぎた落ち込みや悩みは、内陸部の人間ですら、被災者ぶることに繋がってしまう。そしてそれは、沿岸部の一日でも早い復興に、水をさすことにもなりかねないのだから。

この震災でいろんなことを考えている。でも、ヒントや導きを、音楽から。圧倒的に、音楽から、ミュージシャンたちから、もらっている。ありがとう。

e0033384_14482523.jpg


タワーレコード盛岡店。先週の土曜日から営業を再開しました。
タワレコ盛岡店で、ちえぞう、POPを書かせてもらって、展開をしていたりします。
そんなこともありまして、「応援メッセージ」企画の立ち上げに参加させてもらっています!ご縁あるアーティストさんにお声をかけさせて頂き、これまでにたーーーーーーーっくさんの応援メッセージ色紙をもらっています!これからも続々到着予定で、ゴールデンウイークに向けて店内に展示されていきますっ!
アナタの好きなあのバンドからのメッセージもあるかも!?

こちらwinnieとPINKLOOP、いっちばん最初に描いてくれたアーティストさんだな〜。ありがとう!

e0033384_14482764.jpg


ちょうど1週間前。岩手県公会堂で行われたチャリティーライブ。トリを飾った、Spinna B-ILLさんのライブが本当に、素晴らしくって。内側の、普段触れない自分の気持ちに触れられた感じ(うまく言えないけど)。
「知識をつけて、戦わなくては」…印象に残ったMCだ。今はまさに、まさに、そういう時。ありがとビルさん。ビルさんが、強さをくれたよ。
ライブの次の日に沿岸部に物資を持っていったビルさん。今回の岩手での出来事、感想を電話でインタビューしました。明日21日(木)に放送します♪

久しぶりに、岩手のユニット・エルスカ(EL SKUNK DI YAWDIE)のライブも見られて。まぁ〜キモチ良かった!エルスカはいろんな意味で「敵なし!」だ!

この日のライブは入場料2000円。入場料金が全額、寄付に回ります。お客さんは150名を超えたとか?
平日で直前のお知らせにも関わらず、たっくさんお客さんが来てくれました。ワタシはドリンクカウンターにずーっといたのですが、「ラジオ聞いてます」「ブログ見て、来ました」など…これがこれが、意外なことに、結構、声をかけられ!

ブログは自分の備忘録のつもりで始めて今に至りますが、ブログの価値と立ち位置を見直すと時なのかな、とも思いました。

e0033384_14482720.jpg


17日(日)。
NUBOが盛岡にツアーに来てくれた@clubchange WAVE

NUBO、逞しくなってたな〜…「遊ぶ」ってコトバをライブ中、よく使うのだけれど。本当に、この日ほど。NUBOと一緒になって遊べたことは、ない。
ステージと会場、一体になっての笑顔、笑顔、笑顔。ワタシは、そんな笑顔の連鎖に、涙が出る、みたいな(オバさんなんで)。この笑顔、このパワーで。内陸の人間は、やっていかなー!!っしゃぁー!!

NUBO、実は来る前、ギリギリまで。悩んだのだそうだ。行っていいのか、と。
しかし、悩んだことを後悔するほどだったみたい(笑)。悩むくらいなら、行け!だよね、うん。どんなことでも、さ!

なんかヘンな写真しか残ってない打ち上げ写真(笑)。そしてこんなおバカ打ち上げは久々だった。

TRIBE EDGE(裸の男子を挟む2名)、「無駄に年食ってる新人バンド」と、MCで言う岩手のバンドなんだけど。
これがさー…

カッコ良すぎっ!!!!!!!!!!!!!!!!

マジで、来月のライブも見に行くことに決めた。フツーに追っかけみたい(笑)!

おバカ打ち上げの後、チェンジのスタッフたちとも地震後に、ゆっくり飲めた。チェンジのスタッフは、組織の中で、そして、1人の人間として、何をするべきなのか、と。役割認識をしている人ばかりだ。と、いつも感心する。

今週もライブ行くよ〜また泣きに行くよ〜(今から言っておく)!

1日も早く。ライブに行く、好きなCDを手にする、という行為が。
全ての皆さんにとって、日常の行為になりますよう。祈りと願いと、そのために何が自分にできるかを考えながら。
[PR]
by takahashichie | 2011-04-20 14:48 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪