ブログトップ

♪日々、コレ、ちえぞう♪

djchie.exblog.jp

「ぼくらが旅に出る理由」を2回歌った日にオザケンのライブに行けた。2012年。旅をしたい、もっと。 ↓ ローテンブルグで出会ったにゃんこ☆ ↓

きょうも公園。

e0033384_02483.jpg

東京・野音の周りは日比谷の公園なんですよね。たぶん。正式名称は分かりませんが。

ハナレグミの野音ライブに行きました♪
友がいい席を取りすぎたためタカシが間近すぎ!でも目をそらすことなく(笑)ステージ凝視。

ハナレグミ。永積タカシ。SUPER BUTTER DOG。
必ず思い出すのは、大阪のFM局のDJオーディション。素人だったワタシが、今に至るきっかけはコレだ。

最終審査の時、受付してくれた女の子。
最後の最後だったワタシを追っかけて、「今、オーディション受けてましたよね?」
走って追っかけて来てくれた。

確か、最終審査で曲紹介に選んだアーティスト、ワタシは、くるりだった、と思うけど。
(当日、提示されたいくつかのアルバムから選んで紹介する、って審査だったと思う。確か)

候補の中には、バタードッグのアルバムもあったんだよね。
でも、あの時バタ犬は知らなかった。

で。

追っかけてきた女の子が、「くるりを選ぶ人も少ないけど、バタードッグ、聞いてください!最高なんですから!」
って…

ワタシもおこがましく、音楽を知っているつもりでいたからね。知らないくせに。
現にバタ犬はその当時聞いたことはなかった。

「さよならCOLOR」で、愛して(?)やまない、高野寛さんが、曲にからんだりするわけで。
(きょうも会場内に高野さんの姿を発見しドキドキ☆)

ワタシはあのオーディションに落ちた時に一週間泣き通しました。
目が腫れるってこういうことなんだと思いました。

かれこれ、10年くらい前になりますか。

あの時の彼女は、どうしているんだろう?
パソコンのメールアドレスを交換したのに、ワタシのパソコンがクラッシュして、連絡を取る術がもはやありません。

素晴らしいライブの空間にいながら、
大阪ではないけど仕事をしているよ。あの時の、あの女の子に会いたい、という思いが頭をもたげて、今も離れません。

もしももしも。このページを見ていたら、エフエム岩手の番組宛てにメールをください。

本当に。待っています。

ライブの話を全く書くまでもない。
今まで見た野音ライブの中で五本指に入る、良き時間の流れと良き空気でした。
以上♪
[PR]
by takahashichie | 2009-06-08 00:02 | NO MUSIC,NO MY LIFE♪